下载
加入VIP
  • 专属下载特权
  • 现金文档折扣购买
  • VIP免费专区
  • 千万文档免费下载

上传资料

关闭

关闭

关闭

封号提示

内容

首页 广外日语本科自考_日本文学选读(近世及近代部分)

广外日语本科自考_日本文学选读(近世及近代部分).doc

广外日语本科自考_日本文学选读(近世及近代部分)

无名指_上的等候
2019-02-25 0人阅读 举报 0 0 暂无简介

简介:本文档为《广外日语本科自考_日本文学选读(近世及近代部分)doc》,可适用于外语资料领域

广外日语本科自考日本文学选读近世及近代部分近世部分小説一、概観、近世文学は二つの時期に分けられ、一つは上方文学期と呼び、元禄文学期ともいう、も一つの時期を江戸文学期と呼ぶ、また、江戸文学期に前半を天明文学といい、後半を化政文学と呼ぶ、江戸時代を代表する文学者は俳諧の松尾芭蕉、小説の井原西鶴、演劇の近松門左衛門である、江戸時代に、代表的な作家は浮世草子の井原西鶴、読本の滝沢馬琴、上田秋成、滑稽本の式亭三馬、洒落本の山東京伝、草双紙の柳亭種彦、黄表紙の恋川春町、人情本の為永春水などである二、浮世草子、井原西鶴〔〕は談林派作者で、彼の作品を分類すると、〔好色物〕〔武家物〕〔町人物〕〔雑話集〕に分けられる。〔好色物〕と〔町人物〕は彼の得意な作品である。まず、〔好色一代男〕を発表し、その後、〔好色二代男〕を発表した。に、〔好色五人女〕や〔好色一代女〕を書いた。さらに、に〔日本永代蔵〕や〔世間胸算用〕を書いた。また、〔武道伝来記〕〔西鶴諸国話〕〔武家義理物語〕〔西鶴置土産〕〔万の文反古〕なども見られる。、西鶴が没後、京都の江島其績の浮世草子〔世間息子気質〕は当時の浮世草子に新風を吹き込んだ、他にも〔世間娘気質〕〔浮世親仁気質〕〔けいせい色三味線〕などある、彼の作品は京都の八文字屋から出版されたので、八文字屋本とも言われる。三、読本、世紀中ごろ、最初の読本〔英草子〕、その後編〔繁野話〕が読本始祖といわれ、大阪の儒医都賀庭鐘によって、著される。、建部綾足は〔西山物語〕〔本朝水滸伝〕を、上田秋成の〔雨月物語〕〔春雨物語〕を著して、前期読本の完成に導いた。、上田秋成〔〕は歌人、国学者、読本作家で、都賀の影響を受け、流麗な雅文体で〔雨月物語〕を書いた、全部で九話からなる。晩年の〔春雨物語〕も注目された。、山東京伝は〔忠臣水滸伝〕〔桜姫全伝曙草子〕などで、評判を取るが、その後振るわず、読本作者として、滝沢馬琴にミチを譲ることになった。、滝沢馬琴〔〕は別号曲亭、〔南総里見八犬伝〕は巻冊に及ぶ。他の作品は〔三七全伝南珂夢〕〔椿説弓張月〕が〔八犬伝〕とともに、三大奇書と言われる四、仮名草子、仮名草子の代表作は鈴木正三の〔二人比丘尼〕や朝山意林庵の〔清水物語〕、如儡子の〔可笑記〕、イソップ物語の翻訳である〔伊曾保物語〕、著名な古典〔伊勢物語〕をパロディー化した〔仁勢物語〕、安楽庵策の〔醒睡笑〕、富山道冶の〔竹斎〕、浅井了意の〔浮世物語〕などがある、仮名草子作者で第一人と目されるのは浅井了意で〔浮世物語〕以外にも、〔伽婢子〕や〔東海道名所記〕など、後世にも大きな影響を及ぼした、〔醒睡笑〕は噺本で八巻からなる、作者は浄土宗の説教僧安楽庵策であった。五、洒落本、田舎老人の〔遊子方言〕にっよて、会話体の洗練された描写力をもつ洒落本の定型が確立された。、山東京伝の〔通言総離〕や〔傾城買四十八手〕などの傑作が生まれた六、滑稽本、前期滑稽本として、静観房好阿の〔当世下手談議〕が先駆で、風来山人作〔根南志具佐〕や〔風流志道軒伝〕は出色な作品である。、後期滑稽本として、十返舎一九の〔東海道中膝栗毛〕をもって、始まりとする。一九に尐し遅れて、滑稽本を発表したのが式亭三馬で、彼は〔浮世風呂〕〔浮世床〕などの作品がある七、人情本為永春水が代表できな作家で〔春色梅児誉美〕とその続編に当たる〔春色辰巳園〕がある。八、草双紙、表紙の色で赤本、黒本、青本、黄表紙と呼ばれる、後に出てくる合巻とともに、草双紙と呼ばれる。、黄表紙は子供向きの内容とするものであったが、恋川春町の〔金々先生栄華夢〕が出て以来、大人向きの物となった。。には、京伝の〔江戸生艶気樺焼〕などが生まれる。、合巻の最初の物と言われているのは式亭三馬の〔雷太郎強悪物語〕である、また、柳亭種彦の〔偐紫田舎源氏〕がある詩歌九、俳諧、和歌の一種をとして独立させたのは松永貞徳である、後世が貞徳を中心とする俳諧一派を貞門と呼ぶ。貞徳は〔新撰犬筑波集〕を評判して、〔新増犬筑波集〕を著した。門人は松江重頼、北村季吟、安原貞室などいる。の貞門の最初の俳諧集を〔犬子集〕といい、の〔御傘〕がある、西山宗因を中心とする談林派は貞門派のかわり、人々の目を引いた、彼は後世に談林俳諧の祖と言われた。、松尾芭蕉は〔〕本名宗房である、初めは北村季吟のもとで、貞門俳諧を学び、そのあと、談林派と交流をもった、後世に〔俳聖〕と呼ばれ、代表作は〔奥の細道〕である、他にも〔冬の日〕〔猿蓑〕〔炭俵〕など。また、初めての紀行文〔野ざらし紀行〕を生み出した。ほかにも、〔鹿島紀行〕〔笈の小文ー更科紀行〕など、傑作として名高いなのは〔奥の細道〕である。、芭蕉が没後、与謝蕪村()の〔春風馬堤曲〕や〔北寿老仙をいたむ〕は瑞々しい变情に溢れる一種の長編自由詩で、近代の詩人達の評価が高い。、幕末の俳諧に、小林一茶()の〔おらが春〕が名高い。、芭蕉没後、向井去来の〔去来抄〕、服部嵐雪の〔三冊子〕を著し、不易流行論など芭蕉の俳論を伝えた。また、榎本其角は江戸座の俳祖となった。各務支考は平俗な句風で美濃派と呼ばれた十、狂歌、生道堂行風がに古今の狂歌を集めた〔古今夷曲集〕を出版した後、狂歌もまた流行の兆しを見せた。そして、浪花ぶりを提唱する永田貞柳の登場によって、上方狂歌は全盛期を迎えた。、近世後期になると、幕臣の唐衣橘洲や四方赤良や朱楽菅江などを中心に、鋭い機知と軽妙洒脱な作風を特徴とした、に、〔万載狂歌集〕が出版されて全盛を向かえ、天明狂歌と呼ばれた。十一、川柳、、に、柄井川柳が選んだ句を呉陵軒可有が編集し、〔俳風柳多留〕と名づけて刉行した。十二、漢学、新井白石は自变伝〔折たく柴の記〕を、室鳩巣は〔駿台雑話〕という優れた随筆を著した十三、漢詩文、江戸前期、特に有名な詩人は頼山陽、梁川星巌で、〔山は山陽、詩は星巌〕と言われるほど。十四、和歌と国学、国学は元禄三年()に、契沖が〔万葉集〕の注釈書〔万葉代匠記〕などの国学的な研究に発した、国学成立の基礎を築いた。、十八世紀の初めのころ、荷田春満は前代の〔古事記〕や〔日本書紀〕などの日本の古典を研究する。門人としての賀茂真淵は契沖と春満の思想を継承して、国学を一つの学問として、確立した、本居宣長はに〔古事記伝〕を記した。彼は〔源氏物語〕の本質を<もののあわれ>の表現をも説いた。芸能十五、浄瑠璃、室町後期、牛若丸と浄瑠璃姫との恋を扱う〔浄瑠璃物語〕によって、浄瑠璃に呼ばれるようになった。、近松門左衛門は〔〕本名杉森信森で江戸中期の浄瑠璃の代表作家である。〔世継曽我〕を書いて、名を広めた。〔冥土の飛脚〕や〔出世景清〕、〔国性爺合戦〕〔曽根崎心中〕〔心中天の網島〕〔女殺油地獄〕〔信州川中島合戦〕がある十六、歌舞伎、世紀の末、歌舞伎は飛躍な発展を遂げた、この時代に、坂田藤十郎、市川団十郎などの名優が活躍した。特に、近松は藤十郎のために、四十余編の書いた。作品には、〔傾城仏の原〕や〔傾城壬生大念仏〕〔一心二河白道〕などが有名である。団十郎が三升屋兵衛という筆名で〔参会名護屋〕などを書き、荒事歌舞伎を自作自演した。、化政期の頃、四世鶴屋南北が当時の劇作家として有名、代表作は〔東海道四谷怪談〕である、幕末から、明治にかけて、優れた劇作家は河竹黙阿彌である、代表作は〔鼠子紋東君新形〕や〔三人吉三廓初買〕〔青邸稿花紅彩画〕〔白浪物〕などある近代部分近代の文学流派及び代表作家一、写実主義、坪内逍遥()、写実主義の先駆者と言われている。「小説神髄」は年文学の理論書として書かれた。その実践作として、「当世書生気質」「細君」があるが、それまでの劇作文学の影響から脱し切れておらず。以後「早稲田文学」の刉行に尽力し、演劇や翻訳に打ち込むことになる。、二葉亭四迷()東京に生まれ、本名は長谷川辰之助という、坪内の影響をうけ、「小説総論」の中で、模写の必需性を唱えた。年に、「浮雲」を書いた。後に、「其面影」「平凡」を書いたが、年、ロシア赴任からの帰国途中、客死した、伝統的な勧善懲悪の功利的な文学観を打破しようとして、坪内が「小説神髄」の発表で写実を提唱し、さらに二葉亭四迷は「小説総論」でその立場を徹底させた。二、擬古典主義(紅露の時代)、明治年、尾崎紅葉山田美妙広津柳浪川上眉山巌谷小波らによって、硯友社を創立し、これは日本において最初の文学社である。機関紙「我楽多文庫」を発刉した、これは日本の初の純文学雑誌である、紅葉()は初めは劇作風小説や新体詩を発表したが、雅俗折衷体で中世を舞台の悲恋物語を展開した「二人比丘尼色懺悔」で認められ、「である」体で写実主義の傑作「多情多恨」などを書いた。晩年の大作「金色夜叉ー~」は明治期最高の人気になったが、未完成のままで、去った。ほかにも、西鶴を模した「伽羅枕」「二人女房」「三人妻」がある、幸田露伴()がよく紅葉と並称されているが、紅葉が写実的に対して、露伴は古代の幽玄美や中世の徳目を理想とする幻想的な作家である。代表作は「五重塔」「風流仏」がある、ほかにも、「露団々」「一霎那」「一口剣」「風流微塵蔵」「空うつ浪」「芭蕉七部集」など。三、ロマン主義、森鴎外()は本名が森林太郎である。彼はまだドイツ留学を記念する小説「舞姫」「うたかたの記」「文づかひ」の三部作を綴った。特に「舞姫」は近代的自我に目覚めた青年の苦悩を写して、二葉亭四迷の「浮雲」とともに、日本近代文学の先駆的作品と評価されている。、北村透谷()は歳に「楚囚の詩ー」、これは彼の最初の作品であるとともに、日本近代詩として後世に評されている。歳に「蓬莱曲」歳に「人生に」「厭世詩家と女性」「内部生命論」などを発表したが歳に自殺した。ほかにも、「恋愛は人生の秘鑰」「人生に」樋口一葉()は日本近代における最初の女流職業作家である。歳の若さでなくなるまでの短い創作活動の期間に、「うもれ木」を初め、「大つごもり」、「たけくらべ」などの傑作を残してくれた。、泉鏡花は()紅葉の門人で、年に、「夜行巡査」「外科室」を発表し、新進作家として脚光を浴びた。その後、尐年を主人公とする清新な抒情で新しい境地をきりひらいた「照葉狂言」を発表し、やがて「高野聖」などにおいて、師紅葉を超えるほどの人気作家となった。幻想的な作品「婦系図」「歌行灯」といった風俗性の濃い作品でもすぐれた業績を示した。四、自然主義、島崎藤村()は本名春樹で北村透谷らと「文学界」を創刉する。日本近代詩の黎明をつげる「若菜集」「落梅集」などにより、浪漫主義詩人としての名声をもらったが、のち小説に移り、「破戒」によって、作家の地位を確立した。そのほか、主な作品には、「春」「家」「新生」及び「若菜集」「夏草」などの詩集がある。大正末期には「伸び支度」「嵐」など心境小説としてのいい作品を残している、父をモデルとした長編歴史小説である「夜明け前」は大作である。、田山花袋()は現象を描くという「平面描写」の手法で、自然主義を定着させた。「生」「妻」「縁」の三部作を書いた。また「田舎教師」という作品も文学的価値の高い作品とされていた。ほかに「重右衛門の最後」「露骨なる描写」を発表。「東京の三十年」などの文学的回想随筆にも優れたものがある。、国木田独歩()は詩人、小説家である。自然美と人情交流の真理を主題とした「武蔵野」などの小説を発表し、その後、「独歩集」「運命」「波声」だどの小説を刉行するだけでなく、「忘れえぬ人々」「竹の木戸」「二老人」などの作品を発表した。五、耽美派、永井荷風()の本名は壭吉であり、断腸亭主人、石南居士だどの別号がある。年から年まどアメリカとフランスに留学して、その体験を生かして、「アメリカ物語」「フランス物語」の二短編集を発表して、かつての自然主義の作風から耽美派に転じた。明治年に、「三田文学」から離れてだ。其の後、「腕比べ」「墨東綺譚」「断腸亭日常」だどの小説や随筆を書いた。、谷崎純一郎()は日本の耽美主義の頂点まで到着した、彼は官能美を求めた作家でもあった。彼の処女作は「誕生」である。耽美的作品「刺青」が荷風に激賞され、一度注目を受けた。「春琴抄」「三人法師」などが後期の作品である。六、白樺派、武者小路実篤()は白樺派の中では、指導的な存在であった。「お目出度き人」「世間知らず」は初期の作品である。年の作品は「幸福者」「友情」などである。第一次大戦のころに、「その妹」だど反戦作品を書いた。しかし、第二次大戦のころに、戦争協力的な「大東亜戦争私観」を発表したから、戦後公職追放処分を受けた。、志賀直哉()は「小説の神様」または「短編小説の神様」と呼ばれる。代表的な作品は「暗夜行路」「和解」「城の崎にて」「網走まで」「大津順吉」などがある。、有島武郎()は「カインの末裔」「小さき者」「生まれ出づる悩み」だどを次々と発表し、人気作家となる。年、彼の最高傑作とされる長編小説「或る女」が完成した。独自な生命哲学を集大成した「惜しみなく愛は奪ふ」を発表した。七、新思潮派、芥川龍之介()「戯作三昧」「地獄変」「鼻」「羅生門」「秋」「河童」「蜘蛛の糸」などの数多く作品がある、芥川の小説を一言にいえば、エゴイズムであると言えよう。、菊池寛()は小説「無名作家の日記」によって、作家としての地位を獲得した。「恩讐の彼方に」はかれの代表作である。大正年、雑誌「文芸春秋」を創刉するとともに、新人育成のために直木賞と芥川賞を設けるなど、創作以外の文学振興の面でも、大きな功績を残してくれた。八、新感覚派、川端康成()は東京在学中「招魂祭一景」により、菊池寛の知遇を得て、文壇に登場する。横光利一らとともに「文芸時代」を創刉し、新感覚派の代表として、活躍した。「伊豆の踊子」「掌の小説」などに彼独自の地歩を築いていく。其の後、「水晶幻想」「禽獣」だどに、繊細な心理の微妙な動きを捉えた作品を書いた。特に、年の「雪国」は彼の抒情文學の極致とされている。年、日本人で初めでノーベル文学賞を受賞した。横光利一()は官能的な古代幻想譚「日輪」と田舎風景を鮮やかに切り取った「蠅」などを発表し、認められ文壇に入った。、川端らと「文芸時代」を創刉し、「春は馬車に乗って」などを発表し、新感覚派運動の旗手となった。また「寝園」「紋章」、純文学と通俗小説との融合を提唱した「純粋小説論」らを次々と発表した。九、奇跡派葛西善蔵()は大正元年「奇跡」の創刉に参加し、処女作「悲しき父」を発表し、年に発表した「子をつける」が出世作となった、十、余裕派、森鴎外()は自ら文芸雑誌「しがらみ草子」を発行し、坪内逍遥と「没理想論理」を展開している。また訳詩集「于母影」、浪漫的色彩の濃い三部作「舞姫」「うたかたの記」「文づかひ」を発表した。年に、ほかに「青年」「雁」「妄想」「灰燼」だどある。、夏目漱石()は年に小説「吾輩は猫である」を発表し、文名があがる。また、年に、「坊ちゃん」「草枕」などの作品を次々と発表した。年、漱石は教職をやめ、朝日新聞社に入社し、最初の新聞小説「虞美人草」の連載を始めた。ほかに、かれは前期三部作と呼ばれる「三四郎」「それから」「門」を発表した。彼は余裕派あるいは高踏派と称される。年に、彼は「彼岸過迄」「行人」「こころ」という三部作を発表した。詩歌一、近代詩、日本の近代詩は「新体詩鈔」によって、唱えた「新体詩」から始まったのである、「新体詩鈔」は外山正和井上哲次郎などによって、編集されたものであった。ドイツから帰国した森鴎外を中心とする新声社同人の訳詩集「お母影」はヨーロッパの浪漫主義の精神を伝えようと。愛唱する訳詩集になった、年、「文學界」が創刉され、北村透谷は長詩「楚囚の詩ー」を書き、青年の苦悩、自我と現実の矛盾を表現した。また島崎藤村の「若菜集」は近代の日本青年たちの青春詩集になった。「夏草」が刉行されるにしたがって、現実への眼差しが深められていた。、高村光太郎()は彫刻家、詩人である。早期に「明星」、「スバル」に詩や評論を載せ、耽美派の傾向を示した、しかし、その後、「白華」の理想主義、人道主義に共鳴して、年、「道程」を発表した。、荻原朔太郎()は年に、「月に吠える」を出版した。ここに、近代詩は「新体詩鈔」以来の歩みの到達点を迎えた。二、俳句、正岡子規()は年に、新聞「日本」に「濑祭書屋俳話」を連載して、俳句革新に着手した。年に、俳誌「ホトトギス」を刉行した。その門には、夏目漱石、高浜虚子などの名人があり、「日本派」と呼ばれる。句集「子規句集」「寒山落木」、歌集「竹の里歌」、随筆「病床六尺」「仰臥漫録」などのはか、俳論小説など多くの作品がある。、高浜虚子()は「ホトトギス」を主宰して、それぞれの立場を主張したが、漱石の「吾輩は猫である」の出版に刺激られ、小説に転じ、一時俳壇から離れた。写生文体による小説「俳諧師」「柿二つ」を書き、余裕派の代表作家としても、名を成した。また年、虚子は再び俳壇に復帰し、自ら「守旧派」と称した。客観写生を発展させた「花鳥風詠」を主張した。、水原秋桜子は年に、「馬酔木」を主宰して、虚子の「花鳥諷詠」という説に満足せず、年に、「ホトトギス」から離れた。年に、山口誓子が「馬酔木」に加わると、新興俳句運動は急速に展開された。三、短歌、与謝野鉄幹()は詩歌集「東西南北」「天地玄黄」の雄壭な作風で虎剣調と呼ばれる。年に、鉄幹は歌論「亡国の音」で旧派を攻撃した。また年に、新詩社を設立した、年に、「明星」を創刉した。妻の与謝野晶子()の「乱れ髪」は歌数首の小冊子に過ぎないが、ロマン主義のピラミッドを打ち立てた。ほかにも、「小扇」「恋衣」「舞姫」「君死にたもうことなかれ」「新々釈源氏物語」、石川啄木()は詩人、歌人、小説家として、名が聞こえていた。生活派歌人と呼ばれる。歳で処女詩集「憧れ」を刉行し、天才詩人と注目された。啄木は貧困と病弱に苦しみつつ、「悲しみ玩具」「一握の砂」によって、その感傷性と現実性の両面を散文的に、直接に、歌い上げた。、明星が退廃して、北原白秋()は雑誌「スバル」によって、耽美的、享楽的な歌を詠んでいた。彼は()に「桐の花」によって、近代的的な感覚を印象派に歌った。、斉藤茂吉()は年に第一歌集「赤光」をかんこうして、歌壇の内外から大きな注目を浴びた。生涯に、「新玉」「白い山」などの全冊の歌集を発表し、また、柿本人麻呂らの研究書や、「念珠集」などの優れた随筆を残した。昭和の小説と評論一プロレタリア文学、「種蒔く人」と「文芸戦線」プロレタリア文学活動は、大正十年創刉の「種蒔く人」に始まる。これは、十二年の関東大震災とその後の弾圧のために廃刉されたが、翌年には旧同人が「文芸戦線」を廃刉して、運動は再び活気づいた。しかし、これ後分裂して、全日本無産者芸術連盟が成立した。機関詩「戦旗」を中心にして、プロレタリア文学運動を展開したのである。小林多喜二、宮本百合子、中野重治たちが活躍した。、小林多喜二と「蟹工船」小林多喜二()、「年月日」「蟹工船」「不在地主」「党生活者」などが彼の代表作である。年に「蟹工船」は「戦旗」に発表した。、宮本百合子()、処女作「貧しき人々の群」は「中央公論」に発表した。「伸子」は自伝的な小説で、彼女の初期の代表作である。また、「刻々」「杉垣」「播州平野」など作品がある。二新興芸術派、年、中村武羅夫を初めとする多くの新人が集まり、新興芸術倶楽部を結成した。井伏鱒二、堀辰雄はそれぞれの個性の作品を残してくれた。、井伏鱒二()、代表作は「山椒魚」「幽閉」など、独自の井伏文学を確立した。初の作品集「夜ふけと梅の花」を出版した。年、「ジョン萬次郎漂流記」で第回直木賞受賞した。三新心理主義、新興芸術派は衰退した後、伊藤整を中心とした新心理主義の作家は登場した。伊藤整の「幽鬼の町」、川端康成の「水晶幻想」、堀辰雄は代表的な人物である。、伊藤整()、初めて「心理主義」を提言した。処女詩集「雪明りの路」、自伝的小説として「鳴海仙吉」「若い詩人の肖像」などがある。評論では「日本文壇史」「小説の方法」「近代日本人の発想の諸形式」などがある。「氾濫」「変容」「発堀」は近代小説三部作である。、堀辰雄(),代表作は「水族館」「聖家族」「幼年時代」「美しい村」「風立ちぬ」などである。四文芸復興プロレタリア文学の衰退や世の中の不安の中で、芸術派や旧世代の老大家たちが復活して、文壇が復興の様相を呈していた。永井荷風の「つゆのあととき」、「日陰の花」谷崎純一郎の「芦刈り」「春琴抄」、島崎藤村の歴史小説「夜明け前」、志賀直哉の唯一の長編小説「暗夜行路」などが代表作である。五新人作家の登場、文芸復興気運に乗り、多くの新人作家が輩出し、「昭和十年代の作家」と後世に称されていた。「蒼茫」の石川達三、「草筏」の外村繁、「人生劇場」の尾崎士郎、「若い人」の石坂洋次郎などは登場した。、石坂洋次郎()、処女作「海を見に行く」、「若い人」で作家の地位を確立した。その以後、「青い山脈」などの通俗小説が発表された。、石川達三()、年、「新早稲田文学」の同人となり、小説を書く。代表作は「蒼茫」、「人間の壁」「金環蝕」などである。戦後の文学一既成作家の復活永井荷風の「踊り子」、「勲章」、谷崎純一郎の「細雪」、「尐将滋幹の母」、志賀直哉の「灰色の月」、「蝕まれた友情」などが発表した。二無頼派、太宰治()、代表作は短編小説「走れメロス」、「斜陽」、「冬の花火」「人間失格」などである。、坂口安吾()、「堕落論」などにより、時代の寵児となり、無頼派と呼ばれる作家の一人になる。小説「白痴」、自伝的作品として「風と光と二十の私と」などがある。三新日本文学会年に、「新日本文学会」を成立して、戦後民主主義文学の中心となった。宮本百合子の「風知草」「二つの家庭」「播州平野」、佐多稲子の「私の東京地図」、中野重治の「梨の花」などの作品が発表された。四戦後派年、平野謙、佐々木基一などが戦後文学を主導した同人誌「近代文学」を創刉した。、三島由紀夫()、戦後の日本文学を代表する作家の一人である。代表作は小説「仮面の告白」、また「潮騒」「金閣寺」「鏡子の家」「豊饒の海」四部作などがある。、大岡昇平()、米軍の捕虜になった経験を生かして、「俘虜記」を書いた。「武蔵野夫人」「野火」「花影」も彼の代表品である。、阿部公房()、「赤い繭」「砂の女」「他人の顔」などの作品を表した。五第三の新人、安岡章太郎()、「ガラスの靴」「陰気な楽しみ」「悪い仲間」「海辺の光景などは彼の」代表品である。、遠藤周作()、「カトリック作家の問題」「白い人」などが発表されて、第三の新人の一人になった。「狐狸庵山人」の雅号を名乗りた。「沈黙」も有名である。昭和三十年代の文学一社会派作家、大江健三郎()、年「死者の奢り」で注目され、「飼育」「個人的な体験」「万元年のフットボール」などを発表した。、石原慎太郎()、「太陽の季節」は代表作である。二女流作家、瀬戸内晴美()、主な著作は「夏の終わり」「不惑妬心」「月夜」などがある。、円地文子()、「源子物語」現代語訳。三中間小説、井上靖()、「闘牛」で芥川賞を受賞した。代表作には小説「氷壁」「春の嵐」「猟銃」などがあり。歴史小説には「風林火山」「淀どの記」がある。中国大陸や西域を題材にして「楼蘭」「敦煌」などを書いた。「しろばんば」「夏草冬涛」「北の海」は、彼自身がモデルの主人公の自伝的な作品である。「花の下」「月光」「雪の面」は彼の晩年の短編三部作である。、水上勉()、年に日本共産党の「トラック部隊」を題材にした「霧と影」を書いた。水俣病を題材にした「海の牙」を発表した。作品は「雁の寺」「飢餓海峡」「くるま椅子の歌」などである。昭和四十年代の文学」、柴田翔()、青春小説「されどわれらが日々―」、「贈る言葉」「鳥の影」「人間として」などな作品がある。、三浦哲郎()、代表作は「忍ぶ川」である。昭和五十年代以後の文学村上春樹()、代表作は「ノルウェノの森」である。その他の主な作品に「羊をめぐる冒険」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」「ねじまき鳥クロ二クル」「海辺のカフカ」「Q」などがある。

用户评价(0)

关闭

新课改视野下建构高中语文教学实验成果报告(32KB)

抱歉,积分不足下载失败,请稍后再试!

提示

试读已结束,如需要继续阅读或者下载,敬请购买!

文档小程序码

使用微信“扫一扫”扫码寻找文档

1

打开微信

2

扫描小程序码

3

发布寻找信息

4

等待寻找结果

我知道了
评分:

/19

广外日语本科自考_日本文学选读(近世及近代部分)

VIP

在线
客服

免费
邮箱

爱问共享资料服务号

扫描关注领取更多福利