关闭

关闭

封号提示

内容

首页 官能昔话3~怪谈~翻译.pdf

官能昔话3~怪谈~翻译.pdf

官能昔话3~怪谈~翻译.pdf

上传者: kikkt 2012-10-07 评分1 评论0 下载152 收藏0 阅读量739 暂无简介 简介 举报

简介:本文档为《官能昔话3~怪谈~翻译pdf》,可适用于音乐领域,主题内容包含欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo符等。

欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan一一一一官官官官能能能能寺寺寺寺ププププロロロロロロロロググググ二二二二耳耳耳耳ななななしししし芳芳芳芳一一一一スススストトトトリリリリテテテテララララ保保保保志志志志総総総総一一一一郎郎郎郎三三三三番番番番町町町町皿皿皿皿屋屋屋屋敷敷敷敷スススストトトトリリリリテテテテララララ下下下下野野野野紘紘紘紘四四四四道道道道成成成成寺寺寺寺スススストトトトリリリリテテテテララララ小小小小山山山山力力力力也也也也五五五五三三三三枚枚枚枚ののののおおおお札札札札スススストトトトリリリリテテテテララララ小小小小山山山山力力力力也也也也保保保保志志志志総総総総一一一一郎郎郎郎下下下下野野野野紘紘紘紘井井井井上上上上和和和和彦彦彦彦六六六六官官官官能能能能寺寺寺寺エエエエピピピピロロロロググググ之愛と欲望の学園出品台本:kissweissgogococo翻譯:Setsuna校對:金井奕薫dalanPDF制作:dalan欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan官能寺序章官能寺序章官能寺序章官能寺序章井上:第三次来到您的耳边了。潮湿闷热的夏夜您是如何度过的?各位好我是《官能昔话》的领路人井上和彦虽然有些听众都已经十分了解了在欣赏本作《官能昔话》之前我在此有一请求诸位是否备有耳麦或者耳机?本作《官能昔话》的使用注意事项仅此一条:请正确佩戴耳麦或耳机之后您便可以随意欣赏本作了。如果您尚未做好准备那我在此稍候片刻请立刻做好准备。看来您已经准备好了那么由我为您的官能昔话之旅保驾护航吧。但在此之前…来这次我来帮您请您紧闭双眼安静端坐一切就交给我对您只要缓缓的呼吸就好。好了么?首先选用耳麦的您:我将左右两边距离尽量调大请放心我会轻轻调试不至于将耳机弄坏嗯…还真是坚固的耳麦呢现在就把这个坚固的耳麦套上您的双耳。如何?对准耳朵了么?诶?不知道对到哪里了?呼~~~~~是这里哦这儿…呵~您也越来越会强求人了哦。看这下正合适了。然后选择了耳机的您:我看看您的耳穴在哪儿呢~呵找到了。真是又可爱又温热的洞洞呀我要将耳机上坚硬突出的地方放进这个洞穴中哦好了么?如果感到疼痛的话请告诉我哦我会马上住手。开始了…如何?进入到耳穴的深处了么?那么我们来确认一下到底准备好了没有啊~刚好来了个好东西嘘~~~~听好了哦就这样不要动…【啪】吓到了吧?呵差点就将您诱人可爱的肌肤拍红了。不过还真是想爱抚一下您泛红的肌肤呢。那么准备完毕这就带您进入官能昔话的世界。夜幕降临之时在您耳边轻言密语道出几段稍显成熟气息的老故事这次为您送上的是怪谈。恐怖却又甜美的脑内官能世界拉开帷幕。孟宗竹:“欢迎来到这座世间少有的官能寺这里供奉着都是些凄凉无靠的官能故事我是这座寺庙的住持孟宗竹,我了解您是远道而来为了供奉那些只属于您的凄1.「官能寺」プロローグ1.「官能寺」プロローグ1.「官能寺」プロローグ1.「官能寺」プロローグ井上:三度、お耳に掛かりましたね。じっとりと蒸し暑い夏の夜、あなたはいかがお過ごしでしょうか。こんにちは、官能昔話案内人の井上和彦です。もう十分お分かりになっている方もいらっしゃると思いますが、この官能昔話、お話をお楽しみいただく前に私から一つお願いがあります。皆さんはヘッドホン、もしくはイヤホンを持っていらっしゃいますか、この官能昔話の使用上の注意はただ一つ、ヘッドホンかイヤホンを正しく装着の上、あなたの好きなようにお聞きください。まだ用意をしていないようなら、しばらくここで待っていますから、今すぐに用意してください。さあ~~、用意ができたようですね。では、あなたを官能昔話へとエスコートいたしましょう。っと、その前に、さあ~~、今回は私がお手伝いいたしましょう。あなたは目をつぶって、じーっとしてください。私に任せて、そう、ゆっくりと息をすっていればいいんですよ。いいですか。まず、ヘッドホンを選んだあなた、ヘッドホンの右と左を大きく広げますね、大丈夫、壊れないように優しく広げますから、ん~~、なかなかかたいヘッドホンなんですね。いまからあなたの両耳にこのかたいヘッドホンをかぶせますよ。どうです?ちゃんと耳に当たっていますか。ええ?どこに当たったかわからないって。ふ~~、ここですよ、ここ。だんだんおねだりが上手になってきましたね。ほーら、うまくできました。そして、イヤホンを選んだあなた、どーれ?あなたの耳の穴はどこに?は~~、見つけました、かわいくて、温かい耳の穴ですね、この穴の中にイヤホンのこりこりと突き出した部分を入れますよ、いいですか。もし痛かったら、教えてくださいね、すぐにやめますから、いきますよ。どうですか。耳の穴の奥のほうまで、入っていますか、ちゃんと準備ができているか。確かめてみますよ、あん~ちょうどいいものがやってきました。しー、いいですか、そのまま、動かないで、ピア、びっくりしたでしょう。あなたの可愛いお肌が赤くなるところでした。マ~、赤らんだあなたのお肌をなでなでしたいきもしますが、では、準備が整ったようですので、官能昔話へとご案内いたしましょう。夜の帳が下りる頃、あなたの耳元で密やかに語られる、ちょっと大人の昔話、今回お届けするのは~怪談~。甘くて怖いのうが感じる官能の世界の始まり、始まり。孟宗竹:ようこそおいでくださいました、ここはよるべなき官能の物語を供養する、世にもめずらしい官能寺。そして私はこの官能寺の住職孟宗竹でございます。わかっております?あなたも遠路はるばる訪ねてこら欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan凉故事。那么请跟上来。马上开始供奉祈福吧。是的这座寺庙的唯一优点大概就是古旧了传到我这代时日尚且不多至今仍使用着上上代的物件这个木鱼便是如此。对充满回忆之物实在难以舍弃。对了上上代十分擅长艺能之事据说也可以用于祈福。所以收藏了许多旧乐器其中一个便是啊是的就是那把被供奉在祭坛之上的琵琶。那便是所谓颇有渊源的琵琶那还是我年幼之时上上代给我讲了这样一个故事…”无耳芳一无耳芳一无耳芳一无耳芳一很久很久以前长门国赤间原的阿弥陀寺(注:现今的赤间神宫位于山口县下关市)里住着一位名为芳一涉世尚浅的琵琶高手。芳一天生失明直到长大成人也无法理解自己到底是怎样一种身姿岂知他五官俊秀外加生得一副天籁之音。某个潮湿闷热的夜晚芳一难以入睡独自演奏琵琶之时芳一:“恩?如此深夜是什么人…?盔甲的声音…是武士吧?”那脚步声仿佛刚从眼前的海水里上来似的一步又一步…带着湿气向芳一逼近。武士:“你便是芳一?听闻你是琵琶高手。”芳一:“如您所言在下便是芳一。”据武士所言是想让自家主人能听上一曲人称琵琶名人芳一所弹奏的乐曲。芳一:“得您赏光钦点在下的琵琶曲在下欣然前去叨扰。”武士:“说的好那么请立刻整理行装。”芳一:“就…就在此时么?”れたのでしょう。その寄る辺無い、あなただけの官能の物語を供養しに、は~、さあ、~おあがりください。すぐにでも供養をいたしましょう。ええ、この寺は古いのだけが取り柄でして、私の代にかわてまだ日が浅いのですが、いまだに先々代の者が使われているものですよ、この木魚なんかがそうですね。ええ、思い入れのある品ですから、なかなか手放せなくて、そう、そう、先々代は芸事に長けておりましてね。くようにもなるからと、古い楽器を集めていたのです。その一つがあのう、あ~、そうです。あの祭壇に祭られている琵琶です。あれはいわゆる曰く付きの琵琶だそうでして、まだ私がほんの小さかったころ、先々代はわたしにこんな話をしてくれました。2.「耳なし芳一」2.「耳なし芳一」2.「耳なし芳一」2.「耳なし芳一」昔々、長門の赤間ヶ原にある阿弥陀寺という寺に芳一と言ううら若い琵琶の名人がおりました。芳一は生れ付きものを見ることができず、大人になった後も自分がいったいどのような姿形をしているのかついぞ知ることはできませんでしたが、それは美しい顔立ちと類稀なる声の持ち主でした。ある蒸し暑い夜のことです。寝つかれない芳一が一人で琵琶を弾いていると、芳一:はって、こんな夜更けにだれが…鎧甲冑の音、武者であろうか。その足音は目の前の海からあがったばかりのような濡れ具合で、一足、また一足、芳一のもとへ近づいてくるのでした。武者:そのほうが芳一か?琵琶の名手と聞いた。芳一:おっしゃるとおり、私が芳一でございます。武者は名手と聞こえた芳一の琵琶の調べを主に聞かせてあげたいと言いました。芳一:私の琵琶をご所望とは喜んでお伺いいたしましょう。武者:よくぞ言ってくださった。では、すぐにお支度を。芳一:い、いまからでございますか。欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan追随着武士的脚步缓慢前进不久之后到达一座大宅邸通过大厅之时混杂在盔甲之声中衣物摩擦的声音挥动扇子的声音连女孩们衣服上那种上品熏香的味道都随着微风传到芳一的身边。芳一:“看来这里是身份高贵人家的宅邸啊”。这众多人数的气息若有若无芳一感受到某种无法言喻的诡异氛围。武士:“公主驾临!诸位退避!”不久咝咝的衣物摩擦的声音靠近了芳一。毕恭毕敬行礼之时一个年轻的女声回应道:“请平身。”看来武士所说自家主人便是这位年轻的公主。芳一如命令所言开始演奏琵琶这曲目是吟唱平家(注:与源氏争夺政权的那个平氏家族)荣枯盛衰的悲凉故事演奏渐入佳境终于唱到坛之浦之战平氏一门葬身海底之时(注:平安末期源平之战最重要的战役坛之浦之战结束之后平氏灭亡。)周围传来低声缀泣之声。【呜咽声】芳一提高声调随着琵琶音色尽心吟唱这下连武士们也开始呜咽抽泣曲目终结之时全员放声大哭。演奏结束之后原本热闹的气息瞬间消失芳一独坐在转为寂静的房间之中。接着感觉到公主悄然近身的气息。芳一:“承蒙垂听万分感谢。在下就此拜别。”芳一起身之时公主一把抓住他的手腕在他耳边低声说道请留在此处。生来就作为僧侣生活下来的芳一从未与女性如此亲近接触。公主的手指像冰块一样潮湿冰冷。芳一:“公、主殿下…我…”回过神来只剩两人独处。公主靠近芳一坐下一会摆弄琵琶袋一会将手指戳入琴洞之中显得兴趣满满。武者の足音をたどるように、ゆっくりと足を進めていくと、やがて、大きな屋敷へと着きました。大広間に通されると、鎧甲冑の音に紛れて、衣擦れの音や、扇子を扇ぐ音、女たちが衣服に焚き染めた上品な香の香りまでが微かな風に乗って、芳一のもとにやってきます。芳一:どうやらこちらは身分の高い方のお屋敷のようですが。たくさんの人の気配がするようでしない。なんともいえず、奇妙な空気が流れているのを、芳一は感じていました。武者:姫様の御成じゃ、皆のもの、控えよ。やがて、しゅるしゅるという衣擦れの音が芳一に近づいてきました。恭しく礼をすると、若い女の声で、面をあげよ、という言葉が返ってきます。武者が言っていた主というのはこの若い姫君のようでした。芳一は命じられるままに琵琶を奏で始めました。それは平家の栄枯盛衰を語った悲しい物語でした。やがて、物語も佳境にさしかかり、壇ノ浦で平家一門が海の藻屑と消えた頃、あたりから、啜り泣きの声が聞こえてきました。芳一はさらに声を張り上げ、琵琶の音色に心をこめて歌い上げると、武者たちまでもが嗚咽を漏らし始め、終いには全人が大声で泣き始めました。演奏が終わると、あんなにたくさんいた人の気配は一気に消え、静かになった部屋に、芳一は一人で座っていました。すると、姫君がするり、するりと近づく気配がします。芳一:ご清聴ありがとうございました。それでは、私はこれにて。立ち上がろうとする芳一の手をきゅっと握ると、姫君は芳一にここに残るように、と、そっと耳元で囁きました。生まれてからこの方、僧として生きていた芳一はこんなに近くで女性と触れ合ったことがありません。姫君の指は氷のように冷たく、しっとりとしています。芳一:ひ、めさま、わ、わたくしは…気がつけば、いつの間にか、二人きりになっていました。姫君は芳一の隣に座り、琵琶を入れた袋を抓んだり、琵琶の胴に開いている穴に指を入れて突いたりと、とてもご興味があるようでした。欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan芳一:“您是想试着演奏琵琶?可是琵琶之道十分精细恐非一时之功能成…”芳一:“明白了。那么首先从姿势开始请盘腿坐下将琵琶轻轻放在大腿之上将拨子稍微握成圆形拇指略微抬高用这个手指从上到下迅速弹开。您的身体十分僵硬啊请尽量放松。该如何是好呢啊这样吧我像这样将胳膊尽量伸开请公主您到我怀里来…真叫人怜惜从肩到胳膊竟然紧张到如此僵硬…那么就将我一贯的做法教给您吧。准备好了么?慢慢的吸气…呼气…对再来一次吸气…呼气…看身体开始发热了…单是这样就能让公主体内血气迅速循环啊。”芳一:“公主殿下?公主殿下您这是怎么了?我我这是何等的失礼。”芳一:“公主殿下…可是我不能再对公主无礼了。”芳一:“您是如此渴望学会我的琵琶曲么好的芳一必定竭尽所学来指导公主。来…已经更靠近我怀里了吧。尽量让肌肤紧挨肌肤…那么就照现在这样…由我手把手的教您弹琵琶…”被公主的热情感染芳一将身体紧贴公主一心一意的传授琴艺。公主有所请教之时从脖颈之处传来无法言喻的香气将芳一的大脑甜美地融化掉了。芳一感受到某种有生以来尚未体验过的微热的情绪使自己的下部感到丝丝蠢动。终究黎明来临芳一返回寺院。芳一:“整夜除了教授琵琶之外并无他事胸中这高涨的情绪到底是什么?”夜晚再次降临。武士:“芳一阁下可在?公主静候多时。”芳一:琵琶を引きになりたいと?しかし、姫様、琵琶は斯くも繊細なもの。いきなりひくことは難しいかと…芳一:承知いたしました。では、まず、姿勢から、胡座をかいていただいて、太股の上に、かるく琵琶を載せるように。撥の持ち方は少し丸め、親指をそそり正せて、その指でぐいっと弾くように、上から下へと、大分強張っていらっしゃいますね。もっと、体の力を抜いてくださいませ。どうしたらよいものか。あ、そうだ。私がこう大きく腕をひろげますゆえ、姫様は私のこの腕のなかに入ってきてくだされ。お可愛そうに、肩から腕がこんなに強張ってらっしゃる。では、私がいつもしていることをお教えいたしましょう。宜しいですか、ゆっくりと、息を吸って、吐いて。そう、もう一度、吸って、吐いて。そうです。ほうら、だんだんと熱ってきておられます。これだけでも、姫様のお体にすっと、血の気が巡るのですよ。芳一:姫様、ひめさま、どうなされました。こ、これは、たいへんご無礼を仕りました。芳一:姫様、しかし、私はこれ以上姫様に触れられませぬ。芳一:そんなに私の琵琶を覚えたいと、分かりました。ならば、この芳一、持てるかぎりのすべてで、ひめさまにお教えいたしましょう。さあ、私の腕の中にもっと奥のほうまで入っていただけましたね。ぴったりと、肌と肌が合わさるぐらいに。では、このまましばらくひめさまに琵琶をお教えいたします。もちろん、手取り足取りでございますとも。姫君の情熱に押された芳一は姫君に体を寄り添わせ、ただひたすらに琵琶を教えました。琵琶の教えを請う姫君の首筋からはなんともいえぬ香の香りがたちのぼり、芳一の頭の中を甘く、蕩けさせてゆきます。芳一は生まれてこの方感じたことのない熱いなにかが体の奥からちろちろと下を揺らし始めているのを感じておりました。やがて朝になり、芳一は寺に戻ってきました。芳一:一晩琵琶をおしえする以外に、何もなかったというのに、この胸の高鳴りは一体何だというのだろうか。再び夜、武者:芳一殿はおるか。姫様がそなたの琵琶を待ちかねておるのじゃ。欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan芳一:“这就整理行装。”顺从武士的邀请出门离去的芳一直至天明才归。转眼时光流逝每夜每夜溜出寺院直到天明疲倦而归的芳一不知何时已经骤然消瘦衰弱。一眼便知其神色异常。夜深时武士一如往常前来迎接芳一雀跃地跟随其后。寺内一位同辈僧人见此情景心中存疑秘密尾随在后但芳一那异于平常的脚力让他仅是跟上就费尽力气。芳一走出寺院属地穿越松林好容易才到达的地方竟是断崖绝壁的海角。用来祭奠“源平之战”中葬身海底的平氏一门的墓地就在此处。无数的墓碑中平氏公主的墓碑矗立中央。怎会有这样的事芳一就在这平氏一门的墓地前弹奏着琵琶!同辈僧被眼前这异样的光景惊吓不轻飞也似地向寺院逃去。芳一:“与您相遇之前我不知生之愉悦若能常伴在您身边就是这条性命也没有半点不舍。只愿与您如影随形。”与此同时回到寺院的同辈僧人将自己在海角所见所闻如实告诉了住持。天明迎接芳一归来的住持这样说道,住持:“芳一哟尔已被怨灵缠身。”芳一:“啊怨灵?”住持:“尔每夜面对的那些都是平家的怨灵。如此下去尔必然会被那些怨灵缠身毙命。”芳一:“怎会…那位动人的公主…怎会如此?!”住持褪下尚在困惑中的芳一的衣物开始在他身上书写经文。住持:“听好了芳一。切记老衲所言此后三天三夜尔切不可外出切不可与人交谈无论如何!”夜晚再次降临。武士:“芳一阁下您身在何处?”芳一:すぐに支度をいたします。武者の声に誘われるまま、寺を出かけた芳一はそらが白むまで戻ってきませんでした。そして、時は過ぎ、毎夜、毎夜、寺を抜け出し、あさにはぐったりとして帰ってくる芳一の体はいつのまにか、げっそりとやせ、みるからに異様な形相になっていました。夜が更けたころ、いつものように武者が迎えにやってくると、芳一はいそいそとあとに続いていきます。その姿を不審に思った同輩の僧がこっそりとあとをつけていくと、普段の芳一とはおもえないような足の速さについて行くのがやっとです。芳一は寺の敷地を過ぎ、松林を過ぎ、たどりついたのは断崖絶壁の岬でした。そこには源平の戦いで海の泡と消えた、平家一門を弔った墓地があり、おびただしい数の墓石の真ん中には、平家の姫君の墓石が立っていました。なんということでしょう。芳一は平家一門の墓前で、琵琶を弾じていたのです。同輩の僧は目の前の異様な光景に恐れをなし、一目散に寺へと走り去って行きました。芳一:あなたさまに会うまで、私は生きる喜びを知らなかった。あなた様のおそばにいられるなら、この命も惜しくはない。ずっと、あなたのおそばにいます。そのころ、寺に戻った、同輩の僧は自分が岬で見たことを住職に訴えました。そして、朝、寺に戻ってきた芳一を出迎えた住職は芳一にこう言いました。住職:芳一や、そなたは怨霊に取りつかれておる。芳一:な、怨霊ですと。住職:そなたが相手にしていたのは、平家の怨霊じゃ。このままでは、そなた必ずあの者たちに取り殺されるじゃろう。芳一:まさか、あの美しい姫様が、そんな…住職は戸惑う芳一の服を脱がせ、体中に経文を書き始めました。住職:よいか、芳一、わしの言うことをよく聞くんだ。これから三日三晩、そなたは決して表に出てはならぬ。何があっても、口も聞いてはいかん、どんなことがあってもじゃ。再び、夜がやってきました。武者:芳一殿、どこにおる?欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan由于全身布满住持所书经文武士无法寻得芳一身影。芳一屏住气息拼死忍耐最终武士死心离去。第二夜到来。武士一前来迎接芳一依旧无法寻得芳一身影。武士:“芳一阁下您到底是做了些什么?感觉到了您的气息感觉得到!”留话曰明日再来。武士离去。于是终于到了最后一夜。芳一:“若能平安度过此夜…”芳一的胸膛如警钟一般砰砰跳动。当夜公主跟随武士一同到来。对芳一诉说心中话语。公主:“芳一哟知君就在此处无比思念请快现身于妾身面前吧。”芳一:“…公主殿下…与公主共同度过的日子是我此生唯一的甜蜜时光我何尝不想回应公主一片好意可是…公主殿下请务必原谅我这可悲之人。”公主:“如此的话妾身要取走你的双耳以作我等回忆之证…哼哼恩这边的和这边的…这对美味又叫人怜爱的耳朵…”芳一:“…啊?!为何知晓我这耳朵的所在?!”芳一并未察觉住持忘记了在他的双耳写上经文…芳一:“啊!!!!!!!!!!!!!”从武士手中接过耳朵公主十分怜爱又珍惜地将其靠近脸颊和手中拿着琵琶的武士一起消失在黑暗之中。此后芳一人称“无耳芳一”声名传至远方。终。住職が体中に書いた経文のため、武者には芳一の姿が見えないようです。声を殺し、必死に我慢していると、やがて、諦めて去っていきました。二日目の夜になりました。武者が芳一を迎えにきましたが、姿が見えません。武者:芳一殿、そなたは一体何をした?感じる、そなたの気配は感じるぞ。また明日も来ると言い残し、武者は帰ってゆきました。そして、いよいよ最後の晩になりました。芳一:今宵一晩無事にやり過ごすことができたなら…芳一の胸が早鐘のように高鳴ります。今度は武者だけではなく、姫君も一緒にやってきました。そして、芳一に語りかけてきたのです。姫君:芳一や、ここにおるのじゃろう。会いたいのじゃ。早く、妾の前にでてきたもれ。芳一:んんっ、姫様、わたくしの生涯で、たった一度とおもえる、姫様との睦まじくあまい日々。私も姫様のお気持ちに答えたい。ですが、姫様、哀れな私をお赦してください。姫君:ならば、二人の思い出の証に、そなたの耳をもらってゆくぞ。ふふふ、こっちと、こっちも、この美味しそうな愛しい耳たちを。芳一:あっ、なぜこの耳がわかる。芳一は気づいていなかったのです。住職が芳一の耳に経文を書き忘れていたの。芳一:あああ!!!武者から耳を受け取った姫君はとても愛しそうに大事に頬を寄せると、琵琶を手にした武者とともに闇の中へと消え去りました。その後、芳一は耳なし芳一と呼ばれ、その名声は、遠く聞こえたそうです。お終い。欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan孟宗竹:“风停止了呢因为这一带是盆地天气很湿热哦。啊那个绘盘?您还真是颇有眼光之人是的这些也是上上代包含祈福之意收集到的绘盘(注:絵皿颜料盘或者装饰用的花盘此处应该是后者)这个盘是东京的…应该是位于番町一处大名宅邸之物上上代讲述的是这样一个故事”番町绘盘屋敷番町绘盘屋敷番町绘盘屋敷番町绘盘屋敷很久很久以前江户城西北一带是被称为“番町”的住宅街。住宅区的那长长的围墙附近是一片繁茂的树林。传言若是到了晚上狐狸妖怪之类的东西会现身此处。旗本青山家(注:旗本指江户时代直属于将军的武士有参拜将军的资格。)的宅邸也位于番町年轻家主青山播磨目前尚且孤身一人。有位年幼的姑娘工作在青山家名为阿菊时年岁是位美丽中带着些天真的少女。傍晚阿菊将家中来客用过的大盘子擦洗完毕收入储物室返回之时发现家主青山播磨正坐在自己刚才所在之处。播磨:“阿菊你真是勤快啊”阿菊低身道谢心悸不已。其实早在阿菊作为侍女进入青山家之时播磨对她的态度就异于一般。播磨:“阿菊阿菊!到这来来吃点心。再近再近一些啊…恩离得这么近看你真是越发可爱啊…啊这可爱的双手竟然因为清洗的活儿变的如此通红活儿很吃力么?真让我心疼我给你施点魔法吧…如何?我这魔法很有效吧?要是有什么事随时告诉我我永远都站在你这边…”尚未成年的阿菊只能言听计从尝到甜头的播磨言行日趋大胆。孟宗竹:風が止まりましたね。このあたりは盆地なので、蒸すんですよ。あ~~、その絵皿ですか。ふ、ん~~、あなた、なかなかお目がたかいですね、そうです、こちらも先々代が供養を兼ねて集めていた絵皿です。この皿は東京の、確か、番町にあった、大名のお屋敷のものだったと聞いています。先々代が話してくれたのはこんな話でした。3.「番町皿屋敷」3.「番町皿屋敷」3.「番町皿屋敷」3.「番町皿屋敷」昔々、江戸城の西北にあたる一帯は番町と呼ばれるお屋敷町でした。屋敷の長い塀の中には鬱蒼とした樹木が生い茂り、夜ともなれば、狐狸妖怪の類が出没しそうなところだったそうです。旗本.青山家のお屋敷も番町にあり、主の青山播磨は、若いのにいまだ、独り身でございました。青山家には一人の年若い娘が働いておりました。名をお菊、年のころは今年16。美しい中にあどけなさ残る乙女でございました。昨夜のこと、お菊が屋敷の来客ように使った大きな皿を磨き、納戸に収めて戻ってくると、さっきまで自分のいたところに、主の青山播磨が座っていたのです。播磨:お菊、精がでるな。お菊は膝をついて礼をしましたが、胸の動悸が速くなるのをとめることができませんでした。それというのも、お菊が青山家にこともととして勤めて始めたころからずっと、はりまはお菊に妙な素振りを示していたからです。播磨:お菊、お菊、こちらへおいで、お前に菓子をあげよう。もっと、もっと、近くにおいで、そう、もっと近くに、あん~、んん~。こうやって近くで見ると、お前は一層可愛いな。あ~~、お前の可愛い手が水仕事で赤くなってしまっているではないか。そんなに仕事がきついのか。可哀そうに、私が今から、呪いをしてあげよう。どうだ、私の呪いは効くだろう。何があったら、いつでも私に言うんだよ。私はいつでもお前の味方だからな。まだ年半もいかぬお菊がおとなしく言うことをきくことに味を占めた播磨の言動は、日を追うごとにさらに大胆になってゆきました。欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan播磨:“啊来得正是时候过来一下今天似乎格外疲劳就是这样躺着也无法缓解能帮我揉揉脚么?恩…啊很好这里再用力一些对…你真是灵巧再给我揉揉腰吧啊…对就是那里你这双手真能让我感到舒适。总是辛苦你也不好意思来这回我给你揉揉肩吧如何?舒服么?什么?更用力一点?好吧再给你揉揉手腕。啊…为何你的手腕如此纤细柔软像年糕似地松软湿润简直是要粘住我了再看看你的纤纤玉指如银鱼一般美丽。还有…从你美丽的脖颈滴下的汗珠…等等!不要逃…我并不想吓到你…但是…但是你是我的人!谁也别想抢走你…能明白我这份心意么…”播磨的这些甜言蜜语让阿菊渐渐融化对他敞开了心扉。此后不久侍女头告知阿菊播磨有意将她收为侧房。因为此前之事她的身心早已归顺播磨。此刻对于侍女头所言之事阿菊有着难以言表的喜悦。谁知事与愿违播磨的叔母强迫他接受另外一门婚事无法反抗的播磨只好迎娶了一位新的夫人。新夫人进门之后播磨仍然无法对阿菊死心背着夫人两人的关系暗中更近一步。播磨:“真是尽心又勤劳啊每样容器都收拾好了么?从中国舶来的这几张绘盘可是青山家的家宝其他的盘子小鉢一个两个的不足珍惜唯有这绘盘无法取代明白了么?来我帮你一起收拾。…抱歉我现在只能这样隐藏住低声和你说话…别哭…要是惹你哭泣我…我要受不了了…抱歉除此之外我不知怎样才能止住你的泪水除了一心渴求你…啊…我还真是个幼稚的人…怎么?还在哭么?不…你现在在想什么…?恩?听不清楚啊幸福…?你是说能被我爱着感到很幸福?啊…阿菊我也是…和你在一起的时候我是最幸福的…可以的吧…我会让你感到更快乐的…”播磨:あん~、よいところへ通りかかった。ちょっとこちらへおいで。今日は妙に疲れてしまったようだ。こうして横になっても、一向に疲れが解れない。足を揉んでくれるか。ん~~、そうだ、もっと強くここを。そう、お前はとてもうまいな。次は腰を揉んでくれるか。あん~~、そう、そこだ。お前の手は私を気持ちよくさせてくれる。ん~~いつもすまないな、どれ、今度は私からお前の肩を揉んであげよう。どうだい?気持ちいいかい?どれ、もっと強いほうがいいか。よし、次は腕を揉んでやろう。あ~~、なぜお前の腕はこれほどまでに細く、しなやかなんだ。餅のように柔らかくて、しっとりとしていて、吸い付くようではないか。そして、見ろう、お前のこの指。この白魚のような美しさを。そして、どれ、きれいな首筋に汗が。待って!ん~~、逃げないてくれ。お前を怖がらせるつもりはなっかたのだ。だが、お前は、お前は私のものだ。誰にも渡したくない、この私の気持ち、分かってくれるか。播磨の甘いささやきにほとされたお菊は、播磨に心を傾けていくのでありました。それからしばらくして、ある日お菊は女中頭に呼ばれ、播磨がお菊を側めとして取り立てることを知らされました。先日のことがあってから、すっかり播磨に身も心も許していたお菊は女中頭の申し出に言い表せない喜びを感じました。ところが、そんなお菊の気持ちをよそに、播磨の叔母が無理やり縁談を持ちかけ、逆らうことのできない播磨はそのまま、新しい奥方を迎え入れることになりました。奥方を迎え入れた後も播磨はお菊をあきらめることができません、奥方の目を盗み二人の関係はさらに深く密かに続いていくのでした。播磨:精出して、用勤めているな。どの器もきちんと揃っておるか。ここにある中国渡来の絵皿は青山家の家宝でなあ。ほかの皿、小鉢の一枚、二枚惜しゅうはないが、この絵皿ばかりは掛け替えが無い。存じておるか。どれ、私も仕舞うのを手伝おう。すまぬ、こうして密かに音声を重ねるしか今の私にはできぬのだ。あ~ん~、泣くな、お前に泣かれると、私は、ん~、私は、たまらなくなる。あ~ん~、すまぬ、こうするしかお前の涙を止める術は私は知らぬ。ただ一心にお前を求めるほかに。私は未熟者だな。なんだ、まだ、まだ泣きやまぬのか。いいえ、お前は今何を思っている?なんだ、用聞こえぬ、幸せ?あ~ん~、私に愛されて、幸せと言ったのか。あん~、お菊、私も、私もお前といる時が一番幸せだ。あ~~ん~~、いいんだろう、お前をもっと、幸せな気持ちにしてやろう。欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan播磨和阿菊的甜蜜时光并未持续多久。播磨得知夫人已怀有身孕。阿菊害怕会被播磨冷落为了试探播磨心意将青山家家宝十张绘盘中的一张撞上柱子摔个粉碎。播磨回家之后阿菊将此事如实告知播磨:“不过是一张盘子只是一时疏忽的话不会责怪你的我怎会下手打你呢。”听到播磨的这些话阿菊内心放晴。但阿菊将家宝摔碎之事传入在身在远处的夫人耳中。播磨将阿菊留在自己身边之事夫人也早有耳闻。终于两人私语之时夫人现身。播磨一心维护阿菊一直对阿菊心怀怨念的夫人怎会平心静气。夫人:“摔破家宝之事岂能轻易了结?平日您宠爱有加的阿菊之失您将如何处置?”播磨:“什什么?”夫人:“阿菊无亲无故想必也不会持有可以赔偿之物。那么您看如何是好?”夹在两个女人之间进退两难的播磨终于还是将夫人和阿菊放在了天枰之上。播磨:“我一定会要她赔偿。”夫人:“哦?怎么个赔偿之法?”播磨:“赔偿就是就是…嘿诶!”阿菊的右手瞬时掉在地上喷出大量鲜血。播磨:“啊!!!!!!不够!再来!!”播磨无谓的砍杀着阿菊。满身是血的阿菊痛苦地倒在榻榻米之上血渗入肺阿菊呜咽着抓绕着草席。播磨とお菊の幸せな日々はそう長くは続きませんでした。播磨のもとに奥方が懐妊したとの知らせがはいてからです、播磨の心がはなれていくことを恐れたお菊は播磨を試すため、青山家の家宝である十枚の絵皿の一枚を柱に打ちつけて割ってしまいました。帰宅した播磨に皿が割れたと告げると、播磨:たかが皿一枚のこと、粗相であれば咎めぬ。お前は私が手打ちにするわけが無かろう。播磨の言葉に心が晴れたお菊でしたが、お菊が家宝の皿を割ったことは遠く離れて暮らす奥方の耳にも届いてしまったのです。播磨はお菊をそばに置いていることは以前から奥方の耳にも入っていました。そしてとうとう、播磨とお菊が二人っきりで話しているところに奥方が現れたのです。播磨は必死にお菊を庇いますが、お菊を憎み続けてきた奥方の気持ちは収まりません。奥方:家宝の絵皿を割ったこの顛末、ただでは済まされますまい。日ごろ、ご寵愛の菊の落度、あなた様がどのようにお裁きなさいますやら。播磨:な、なに?奥方:菊が身寄りの無い女。代わって償いをするものもおりますまい。果て、どう遊ばします?二人の女に挟まれて、窮した播磨はとうとう奥方とお菊を秤にかけてしまいます。播磨:いや、償いをさせる。奥方:はて、その償いはどのように?播磨:償いとは、償いとは、はい!激しい血飛沫とともに、お菊の右腕がごとりっと落ちました。播磨:うあ、はあ!まだだ、まだだ!播磨が執拗にお菊に切りつけ、血達磨になったお菊は畳の上にのたうち回りました。血が肺に入り、ぜいぜいと喘ぐお菊の畳を掻き毟る音が響きます。欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan阿菊:“恕我过言您实在是狠毒残酷好歹我也是您一时爱过的女人您竟然忍心杀我这下也算两清了。这份怨恨必定…”可怜的侍女阿菊连个收尸的人也没有。那已面目全非的遗骸就在当夜被投入后院古井之中。之后不久夫人早产生下一名男婴。青山家可说是后继有望所以到访宾客络绎不绝。不知为何本家却并非有多么的欢庆。不久坊间风言风语流传开来。下人:“这回出生的少主似乎身有残缺。”下人:“肯定是阿菊的诅咒。”下人:“听说阿菊的鬼魂也出现了。”幽灵:“一张…两张…三张…四张…五张…六张…七张…八张…九张…”人:“呀啊!!!!!!!!!!!!!”好容易才得到的宝贝初子昼夜娇声哭泣实在无法养育成人。幽灵阿菊的声音每夜不断下人们一个接一个的离开人烟变的稀少。连天的大雨无情的淋湿着这座慢慢荒芜的宅邸。最终只剩下播磨和已经失常的夫人。幽灵:“我、何其的无辜、我…这宅子还有你的命通通毁掉就好…嘿嘿嘿嘿嘿…”播磨:“你你是!?”幽灵:“还差…一张…”播磨:“啊!!饶命!阿菊请饶命!!!!!!!!!!”随后传闻传入幕府青山一家灭门。终。お菊:あまりと言えば、酷いなさるよ。ひと時は愛した女を切り殺して、それで済みましょうや。この恨みを必ず…引き取り手も無い腰元のこと、変わり果てたお菊の亡骸はその夜のうちに裏庭の古井戸に投げ込まれました。それからしばらくして、奥方は早く産気付き、男の子を生みました。青山家にとっては待望の矢次で、祝儀の客が引きもきりませんでした。なぜか当家では、さほど喜んでいる様子がありませんでした。やがて世間では、奇妙な噂が広まりました。人:此度ご誕生の若様はお体に欠けたところがおわそうな。人:きっとお菊の祟りに違いない。人:お菊の幽霊が出るそうなっと。幽霊:一枚、二枚、三~枚、四~枚、五枚~、六枚、七枚、八枚、九枚…人:やああああ(ポン~~~)せっかく恵まれた初児は夜も昼も弱弱しく泣き続け、とても育つとは思えませんでした。お菊の幽霊の声は毎晩続き、奉公人は次々に辞めていき、人少なになっていきました。次第に荒れ果てていく屋敷をしとどに濡らす長雨が落ち着けておりました。屋敷には播磨と、気のふれた奥方の二人だけが残されました。幽霊:私、無辜は、私。絶えればいい。この屋敷もお前の命もへへへへ!播磨:お、お前は?幽霊:一枚、足りな~~~い播磨:ううああああ、ゆ、許してくれお菊!許してくれ~~~そして、噂は公議にまでも届き、とうとう青山家は断絶となったそうな。お終い。欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan孟宗竹:“终于凉快了您今晚如何打算?若还未找到住处不嫌弃的话就住在寺里吧没事没有其他的人在请不要客气。【钟声】每夜到了此时必然鸣钟。那口大钟也是上上代的兴趣当然也是能用于祈福从一座有名的寺院接手过来的。上代还经常牢骚说为了兴趣能做到如此地步只能说是某种因果了。诶?想听听这口钟的来历?呵…那么请您听好”道成寺道成寺道成寺道成寺很久很久以前某个地方有位名叫安珍的旅行僧脚上负伤。天色渐暮安珍在熊野街道(注:街道日本指连接各个城市间的主要道路)驻足不前。若是在这险阻的山路里迷路恐怕性命难保于是安珍就在家住街道附近的村长家里留宿。村长:“僧侣大人欢迎您的到来脚伤好前请一直住在我家!”村长让自己的独生女清姬去照料负伤的安珍。安珍:“啊您是…不不用了后背我自己洗就行了并不是什么严重的伤势。被您这样服侍的话…如此触摸…使不得!啊…”自幼就经受苦行磨练的安珍那绷紧健硕的身子、清姬那如同熊野碧水蓝天般晶莹剔透的肌肤就被这湿漉漉、让人发汗的热气环绕着不知何时二人坠入了爱河。日子转瞬而逝。安珍在清姬精心照料下伤势渐渐好转两人也变得亲密无间。可是旅途中的修行僧被女人夺心智是不被允许之事。认真思量两人前景之后安珍决意离开村长家。虽然心里明白这个道理可是对清姬的爱慕之情却无法斩断。出行前在满怀悲伤的清姬面前孟宗竹:やっと涼しくなってきましたね。あなたは今晩どうなさるんです、まだ宿を取っていらっしゃらないなら、どうです?よかったら、寺に泊まっていきませんか。なあに、ほかに誰がいるわけではありません。どうぞお気兼ねなく。毎日この時間になると、鳴らす決まりなのです。あの鐘も先先代の趣味でしてね。やはり供養になるからと、有名な寺から譲り受けてきまして、趣味もここまで来ると、因業としか思えないとよく先代が愚痴を溢していたものです。え?この鐘の由来を聞きたいですって?へ、それでは、お話ししましょう。4444「道成寺」「道成寺」「道成寺」「道成寺」昔々、ある所に、安珍という名の旅の僧が足に怪我を負い、日の暮れた熊野街道で、立ち往生しておりました。厳しい山道で迷えば、命取り。安珍は街道に程近い宿場にある塩屋の家に泊めてもらうことにしました。塩屋:お坊様、ようこそいらっしゃいました。その足のお怪我が治るまで、ずっと私どもの家にいてください。塩屋は一人娘の清姫に、傷ついた安珍の世話をさせることにしました。安珍:あ、あなたは…いえ、結構です。背中など、自分で流せます。これくらいの怪我は大したことありませぬ。このような持て成され方をされては、あ、そ、そのように、触れてはいけませんっ。あっ…幼きころからの修行で鍛えられ、引き締まった安珍の体、そして熊野の清らかの空気と水のように透き通った清姫の肌。じっとりと汗ばむほどの湯気が立ち上る中、二人はいつしか、恋に落ちていったのです。月日はあっという間に過ぎ去って行きました。安珍の怪我は清姫の献身的な手当てで回復し、二人はすっかり打ち解けておりました。しかし、旅の修行僧が女人に心を奪われるのは許されぬこと。二人の行末を考えた安珍は塩屋の家から出る決意をしました。しかし、頭では分かっていても、清姫を愛しく思う気持ちを止欢迎访问漫優悠の話す場所http:hanashicomiceasecom漫優悠E書公会妾室组愛と欲望の学園出品本:kissweissgogococo翻译:Setsuna校对:金井奕薰dalanPDF制作:dalan安珍说道:“三年后从熊野归来一定前来接您!”就这样安珍对清姬许下了无法兑现的承诺。而清姬却满心欢喜脸颊泛红地答道:“我会一直等待着您…”。随后安珍离开村长家独自沿着大路向着熊野大社(注:熊野神社位于岛根县八云村与出云大社齐名)出发。安珍:“脚步声?莫非是山贼?!清姬小姐!怎会这样…您是一路跟随我而来的吗?真是太乱来了…我也是如此离开村子您的脸庞一直浮现在脑海里挥之不去。但是之后不能再与您同行了。好了趁着天色尚早快快回到村里去吧。请别再让我痛心牵挂此后的修行结束之前无论发生何事我也不能踏入尘世半步。…不可!若在回家途中被山贼袭击该如何是好?谁也无法保护您啊…哎、我知道了那就一起到堰堤的桥边吧。真是拗不过您。来请这边走。听好就到前面桥边为止。”安珍:“这条河的尽头是更宽广的大海。清姬小姐还没见过海吧比起这河大海可是更加宽阔无际。是啊我生长的村子就临近海边一到清晨太阳闪烁着升起说起那个美景…要是何时能让您也看到大海…桥边到了就此分别吧…不请您务必忘了我!不能让您苦等三年。请您和他人另结秦晋之好吧。这样做对您来说才更加幸福。能与您相识是我的荣幸请您多加保重。”之后安珍抵达熊野大社为了忘却了清姬的身影心无他意地开始了清苦的修行。三年已过无法忘怀安珍的清姬焦心地等待着他修行期满归来。められません。安珍の旅立ちを前に、悲しむ清姫を目の前にして、三年経って、熊野からの帰りには必ずあなたを迎えに参ります。そう、安珍は清姫にできない約束をしてしまったのです。清姫はとても喜び、いつまでも待っていますと、頬を赤らめて答えたのでした。こうして、塩屋の家を発った安珍は熊野大社にむけて一人街道を歩き始めました。安珍:足音?まさか、山賊か?清姫様!あ、なんてこと。ずっと私の後ついてきたというのですか。あ、なんていけないお方なのです。私もです。里をでてからずっと、あなたの顔が浮かんで離れなかった。しかし、これ以上一緒にいるわけには行きませぬ。さ、まだ日が高いうちに、里にお帰りください。私を苦しめないでください。私はこれから、修行が終わるまでは、どんなことがあっても、外の世界に出ることができません…いけません!帰り道、もし山賊に襲われでもしたらどうします。誰もあなたをお守りできないのですよ…ハー、分かりました。では、あの先にある橋の袂まで一緒に参りましょう。ふっ、まったく。あなたには敵いませんね。さ、ではこちらへ。いいですか、橋の袂までですよ。安珍:この川を下っていくと、今よりもっと広い海が広がっているのです。清姫様は海を見たことはないのですね。海はこの川よりもずっとずっと広く、果てがないのです。え、私が生まれた里はすぐ目の前が海でしたから、朝ともなれば海からお日様がきらきらと昇るのです。その美しさといったら。いつの日か、あなたに海を見せてあげられたなら。橋の袂につきました。ここでお別れです。いいえ、どうか、私のことはお忘れください。三年もの間、あなたを待たせることはできません。あなたはどうか別の方とお幸せになってください。そのほうが

职业精品

废旧物资处置管理办法.docx

学校固定资产管理制度.doc

机械合同范本.doc

显示屏广告发布合同范本.doc

用户评论

0/200
    暂无评论
上传我的资料

精彩专题

相关资料换一换

资料评价:

/ 22
所需积分:0 立即下载

意见
反馈

返回
顶部