下载
加入VIP
  • 专属下载特权
  • 现金文档折扣购买
  • VIP免费专区
  • 千万文档免费下载

上传资料

关闭

关闭

关闭

封号提示

内容

首页 教育研究业绩书

教育研究业绩书.doc

教育研究业绩书

恋上你的无赖_
2017-11-14 0人阅读 举报 0 0 暂无简介

简介:本文档为《教育研究业绩书doc》,可适用于综合领域

教育研究业绩书教育研究業績書著書、学術論文等単著,発行又は発行所、発表雑誌概要の共著発表の年等又は発表学会名称の別月等の名称著書数理計画法の昭和年産業図書線形レギュレーター問題および共著応用,理論編月非線形システムの最適制御問題にたいする基本的な結果について述べ、これら連続時間問題を離散的な時点列で近似してえられる離散時間最適制御問題を導き、この近似を正当化する条件を示している。さらにこれら離散時間問題にたいして、種々の数理計画手法に基づく解法を示している。担当第,章「制御理論p」を分担伊理正夫、今野浩、大野勝久、ほか,名経営工学ハン丸善株式会社共著平成年月理論手法編の第章「最適化手ドブック法p」を担当社日本経営工学会編,大野勝久他多数経営工学総論共著平成年月放送大学教育振興第章「数理的手法p会」を担当熊谷知徳編著,大野勝久,辻正重,池田良夫,中村雅章,Excelによるシス共著平成年コロナ社編著者として章「序論pテム最適化月」、章「線形計画法p」、章「動的計画法p」、章「組合せ最適化p」、章「非線形計画法p」のExcel、VBAプログラム関係を除いた全てを担当大野勝久,田村隆善,伊藤崇博,生産管理システム共著平成年朝倉書店共著者代表として全体のとりま月とめと、章「序論p」、章「在庫管理p」、章「スケジューリングp」、章「シミュレーションp」と「付録p」を担当大野勝久,田村隆善,森健一,中島健一,鉄鋼便覧第巻共著平成年社日本鉄鋼協会「待ち行列モデル」を担月当社日本鉄鋼協会編,大野勝久他多数経営工学総論改共著平成,年放送大学教育振興第章「数理的解決法p訂新版月会」を担当辻正重編著,玉木欢也,石津昌平,鈴木和幸,斉藤正武,大野勝久,ジャストインタイ共著平成年,日刊工業新聞社緒言pおよび第部第ム生産システム月章「生産物流システムの最適制御とJIT」pを担当ジャストインタイム生産システム研究会編,大野勝久他多数,Excelによる経営共著者代表として章「序論p共著平成年コロナ社科学」、章「ソルバーによる月システム最適化p」、章「多目的計画とAHPp」、章「在庫管理p」、章「待ち行列p」、章「品質管理p」、付録「確率と統計p」を担当大野勝久,玉置光司,石垣智徳,伊藤崇博学術論文DecompositionofJMathAnal共著昭和年一般的な非線形計画問題が動的mathemattionfor共同研究につき本人担当部分Production抽出不可能Research中出康一,大野勝久StochasticJofthe共著平成年生産ブロッキング、通信ブロッpropertiesofforkjoinOperationsRes月キングなどのブロッキングを含multistageSocofJapan,Volむ一般ブロッキングをもつ多段productionsystems,NoForkJoin型システムを考える。withgeneral初期の各工程の製品数に関するblocking弱い条件のもとで、このシステムが動作することを示し、一般化セミマルコフ過程として定式化している。このモデルの凸性を示すとともに、確率順序をもちいてシステムの性能比較を行っている。特に、システムの可逆性、ならびに異なるシステム間のスループットに関する等価性について示している。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能中出康一,大野勝久ModelingforJournalof共著平成年複数の加工ステーションと移送flexibleIntelligent月システムからなるFMSを考えmanufacturingManufacturing,る。各加工ステーションには加systemsandVol工待ち、ならびに移送待ちのバstructuralpropertiesッファが存在する。移送システofoptimalworkムは、各部品の加工順序に合うroutingpolicyように、ステーション間の部品の移送を行う。加工時間、移送時間は各々指数分布に従うものとする。このシステムをセミマルコフ決定過程として定式化し、単位時間当たりの平均利得を最大化するような最適配送政策の構造を示すとともに、最適政策がcontrollimit型政策であることの十分条件を示している。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能趙暁波,大野勝久,中出康一StochasticComputersand共著平成年複数の作業者が、担当する機械analysisofaIndustrial月を分割して作業するU字生産ラUshapedproductionEngineering,Volインを待ち行列理論を用いて解linewithmultiple析している。workersp共同研究につき本人担当部分抽出不可能中出康一,大野勝久BoundsandOperations共著平成年一人の多能工を持つU字生産ラapproximationsforResearchLetters,月インにおいて,作業者の作業時cycletimesofaVol間、歩行時間、ならびに各機械Ushapedproductionの加工時間は各々一般分布に従lineうものとする。このシステムにおける待ち時間に関する漸化式を導いている。さらに,この式を用いて、一つの完成品を生産するために必要なサイクル時間の期待値の理論的な上下限値を求める計算手法を提案している。これらの上下限値を用いて、平均サイクル時間の近似値を求める方法を示し、数値例によりこの近似値の精度を議論している。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能中出康一,大野勝久,JGShanthikumarPerformanceAdvancesin共著平成年JIT生産システムにおける性能evaluationofaJITProduction月評価を与えるアルゴリズムを導ProductionSystemManagementいている。SystemsedbyNの国際会議発表のうち選ばれOkino,HTamuraて学術書として出版されたものandSFujii,である。ChapmanHallp共同研究につき本人担当部分抽出不可能小島貢利,大野勝久,中島健一バイパスライン共著平成年日本機械学会論文バイパスラインを持つ混合品種のある混合品種組立ラ月集第巻C号組立ラインにおいて、部品使用インにおける投入順序速度と作業負荷の平準化を評価決定問題部品使用速基準とした最適投入順序を求め度と作業負荷の平準化るアルゴリズムを提案していを評価基準とした場る。合p共同研究につき本人担当部分抽出不可能田村隆善、龍洪、大野勝久AcontinuousMathematica共著平成年ゲーム理論における秘書問題にtimedurationJaponica,Vol,月おいて、継続期間候補者を採problemwithanNo用してから次の候補者が到着すunknownnumberofる期間を最大化する秘書の最options適採用政策が、ある時刻まで応募者を見送り、それ以後の最初の候補者を採用する政策で与えられることを示している。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能胡慕慈,玉置光司,大野勝久納期変動をもつ共著平成年日本経営工学会誌納期が確率的に変化する受注生個別受注生産における月第巻号産システムにおいて、納期があ標準品利用政策の解析る閾値より大きければ最初から個別使用で製作し、閾値より小さければ標準品の手直しによって注文に対応する生産指示方策を考察している。標準品については(s、s)政策を用いることにしたとき、最適な閾値と初期在庫量,をパラメータとする確率モデルを提案し、在庫、納期遅れに関する単位時間あたりの費用を最小にする初期在庫量と閾値を決定するアルゴリズムを構築している。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能田村隆善、中出康一、大野勝久OnoptimallocalChineseJof共著平成年FMSにおける最適なバッファbufferallocationinMechanicalEng,月配置を待ち行列網理論を用いてflexibleVol,No導いている。manufacturingpsystems共同研究につき本人担当部分抽出不可能趙暁波,大野勝久AnoptimalComputers共著平成年多品種のプリント基板を高速にassemblymodeofIndustrial月実装する実装機において、最適multitypeprintedEngineering,Volなスケジュールを与えるアルゴcircuitboardsリズムを提案している。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能大野勝久,靳志宏,SEElmaghrabyDecompositionInternational共著平成年AGVシステムの性能評価を与algorithmforJournalofthe月える分解法を提案している。performanceProductionandpevaluationofAGVOperations共同研究につき本人担当部分systemsManagement抽出不可能Society,Vol,No中野冠,大野勝久PerformanceProcofthe共著平成年多工程JIT生産システムの性能evaluationofaInternational月評価を与える分解法を提案してmultistageJITConferenceonいる。productionsystembyIndustrialpdecompositionEngineeringand共同研究につき本人担当部分techniqueProduction抽出不可能Management,’,大野勝久,小島貢利,中島健Glasgow,Scotland一AnOptimalProcoftheth共著平成年,,,に台の,,,が配置さDispatchingPolicyofInternational月れた場合、その,,,の最適搬AGVinanFMSSymposiumon送政策を求める問題をマルコフLogistics,’,決定過程問題として定式化し、Florence最適搬送政策を求めるアルゴリズムを示している。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能玉置光司,平尾周平,大野勝久LinebalancingProcofth共著平成年バイパスラインを持つ混合品種problemforaInternational月組立ラインにおけるラインバラmixedmodelConferenceonンシングを論じている。assemblylinewithaProductionpbypasssublineResearch共同研究につき本人担当部分抽出不可能田村隆善,楊文標,藤田精一,大野勝久AsequencingInternational共著平成年バイパスラインを持つ混合品種problemtolevelpartJournalof月組立ラインにおいて、部品の使usageratesandworkProduction用速度と作業負荷の平準化を目loadsforaEconomics,Vol的とした最適投入順序を決定すmixedmodelるアルゴリズムを提案していassemblylinewithaる。bypasssublinep共同研究につき本人担当部分抽出不可能田村隆善,龍洪,大野勝久AnoptimalInternational共著平成年複数の多能工からなるU字ライworkerallocationJournalof月ンを論じ、需要を満たしようなproblemforaProduction最小の作業者数で平均サイクルUshapedproductionEconomics,Vol時間を最小にする多能工の機械lineへの配置問題を考察する。各機械の加工時間、多能工の作業時間、歩行時間は確定的であるとする。本論文では古典的なラインバランシングの問題と本論文で扱う問題との類似点と異なる点を示すとともに、動的計画法を用いて、最適な多能工の機械への割り当てを求めるアルゴリズムを提案した。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能中出康一,大野勝久部品軸を考慮し共著平成年日本経営工学会誌部品軸が移動するプリント基板た多品種プリント基板月第巻号実装機において、多品種基盤を実装スケジューリング最短時間で実装するスケジューリングアルゴリズムを提案している。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能大野勝久、靳志宏、野村浩之、大石清彦ModelingforIIETransactions,共著平成年ある種のブロッキングとジョブflexibleVol,No月経路をもつFMSを待ち行列網manufacturing理論を用いて定式化し、その性systemswithan能評価アルゴリズムを導いていFMSblockingる。mechanismandapBDSMjobrouting共同研究につき本人担当部分抽出不可能趙暁波,大野勝久HeuristicProcofThe共著平成年多工程フレキシブル直列生産シalgorithmsfortheSecondAsiaPacific月ステムにおける準最適スケジュmultistagehybridConferenceonールを与えるヒューリスティクflowshopschedulingIndustrial解法を導いている。problemEngineeringandpManagement共同研究につき本人担当部分System抽出不可能(APIEMS')靳志宏,大野勝久,伊藤崇博OnaJournalofthe共著平成年不確実な選択をもつ秘書問題のgeneralizationoftheOperationsRes月一般化を論じている。secretaryproblemSocofJapan,Volpwithuncertain,No共同研究につき本人担当部分selection抽出不可能玉置光司,大野勝久U字型生産ライ共著平成年日本経営工学会論一人の多能工からなるU字生産ンの性能評価月文誌第巻号ラインを考察している。機械の加工時間はアーラン分布に従うものとし、作業時間、歩行時間は一般の確率分布に従うものとする。このシステムを多能工が機械に到着する時点、ならびに退去する時点の各機械の加工状態を追うことにより、セミマルコフ過程として定式化している。さらに、作業者の各機械での待ち時間分布、平均待ち時間、ならびに平均サイクル時間を求めるアルゴリズムを提案している。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能中出康一、平尾周平、大野勝久時間枠制約付き共著平成年日本ロジスティク時間枠制約付き配送計画問題に配送計画問題に対する月スシステム学会誌たいする新しいヒューリスティヒューリスティック解第巻号ク解法を提案している。法p共同研究につき本人担当部分抽出不可能高野茂幸、大野勝久HeuristicandProcofTheth共著平成年時間枠制約付き配送計画問題にmetaheuristicInternational月たいする新しいヒューリスティalgorithmsfortheSymposiumonクならびにメタヒューリスティvehicleroutingLogisticsク解法を提案している。problemp共同研究につき本人担当部分抽出不可能靳志宏,高野茂幸,大野勝久AnOptimalProconthefirst共著平成年,,,に複数台の,,,が配置DispatchingPolicyofworldConference月された場合、その,,,最適搬multipleAGVsinanonProductionand送政策の問題をマルコフ決定過FMSOperations程問題へと定式化し、最適搬送Management,政策を求めるアルゴリズムを示Sevillaしている。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能平尾周平,玉置光司,大野勝久PropertiesofaEuropeanJournal共著平成年ライン停止を考慮した混合品種sequencingproblemofOperational月組立ラインにおける投入順序にforamixedmodelResearch,Vol,ついて論じている。assemblylinewithNopconveyorstoppages共同研究につき本人担当部分抽出不可能趙暁波,大野勝久AnintegratedJournalofthe共著平成年AGVシステムを最適に設計すanalyticalsimulationOperationsRes月るためのシミュレーションと理approachforSocofJapan,Vol論を有機的に組みあわせた設計economicdesignof,No法を提案している。anAGVsystemp共同研究につき本人担当部分抽出不可能中野冠,大野勝久PerformanceJournalofDecision共著平成年の国際会議発表論文のうち厳evaluationofaSystems,Vol,月選されて学術誌に採録されたもmultistageJITNoのである。productionsystembypdecomposition共同研究につき本人担当部分technique抽出不可能大野勝久,小島貢利,中島健一AmultiitemMathematical共著平成年連続時間観測のもとにおける多continuousreviewMethodsof月品種在庫管理問題をセミマルコinventorysystemOperationsフ決定過程として定式化し、標withcompoundResearchVol,準的アルゴリズムである政策反PoissondemandsNo復法を大巾に改良したアルゴリズムを提案している。p共同研究につき本人担当部分抽出不可能大野勝久,石垣智徳ライン長最小化共著平成年日本機械学会論文バイパスラインを持つ混合品種を評価基準としたバイ月集第巻C号組立ラインにおいて、ライン長パスをもつ混合品種組を最小化するライン設計を論じ立ラインの設計ている。P共同研究につき本人担当部分抽出不可能楊文標,田村隆善,藤田精一,大野勝久時間枠制約付き共著平成年日本ロジスティク時間枠制約付き配送計画問題に配送計画問題に対する月スシステム学会誌対する新しいメタヒューリステメタヒューリスティッ第巻号ィク解法を提案し,その有効性クスに関する研究をベンチマーク問題に対して示している。P共同研究につき本人担当部分抽出不可能高野茂幸,伊藤崇博,大野勝久AnoptimalcartIIETransactions,共著平成年各工程が有限の入力バッファ、movingpolicyforaVol月出力バッファをもつFMSにおflexibleいて、一台のcartが部品の要求manufacturingする加工順序に従って部品を工system程から工程へ運搬しているシステムを考察する。入力バッファが部品で満たされている工程に新たに部品が送られてきたときには、共通バッファに一時的におかれるものとする。問題は平均スループットを最大にするような部品搬送政策を求めることである。この問題をマルコフ決定過程として定式化し、最適政策がもつ理論的性質を解析している。p~共著同研究につき本人担当部分抽出不可能趙暁波,大野勝久,中出康一SchedulingProductionand共平成年プリント基板を生産するハイブhybridflowshopsinOperations月リッドフローショップにおいprintedcircuitboardManagement,て、メークスパンを最小化するassemblylinesVolNo最適スケジュールを求めるアルゴリズムを遺伝アルゴリズム等を組み合わせて開発している。P~共著同研究につき本人担当部分抽出不可能(ZHJin,KOhno,TItoandSEElmaghraby)次元箱詰め問共平成年日本経営工学会論次元箱詰め問題は様々なサイ題のアニーリング法に月文誌,VolNoズの荷物をコンテナに詰め込よる実用解法み、コンテナの空間利用率を最大化する組合せ最適化問題である。現実問題においては、空間利用率以外に積み荷安定性とXY軸の回転も考慮しなければならない。本論文では、この現実問題を対象に、独自の手法に基づいたメタヒューリスティクスを提案している。数値実験により、本解法をベンチマーク問題に適用し、公表されている最良解との比較により提案手法の有効性を示している。p~共著同研究につき本人担当部分抽出不可能靳志宏,伊藤崇博,大野勝久JIT生産システ共平成年日本ロジスティク搬送センター箇所、M台の加ムにおける複数台月スシステム学会誌,工ステーション、同一性能のNVolNoAGVの最適搬送政策台のAGV(AutomatedGuidedVehicle)からなるJIT生産システムにおける,,,を考察している。これらAGVの最適搬送問題をセミ,マルコフ決定過程として定式化し、単位時間当たりのスループットの最大化と期待利得を最大化する最適搬送政策を求めている。p~共著同研究につき本人担当部分抽出不可能平尾周平,玉置光司,大野勝久OptimalProduction共平成年JIT生産システムにおける,,dispatchingcontrolofPlanning月,において、搬送センターからanAGVinaJITControl,Vol,M台の加工ステーションへ、要productionsystemNo求に応じて仕掛品を搬送するAGV(AutomatedGuidedVehicle)を考察している。このAGVの最適搬送問題をセミ,マルコフ決定過程として定式化し、単位時間当たりのスループットの最大化と期待利得を最大化する最適搬送政策を求め、ヒューリスティックな搬送政策と比較している。さらに、加工ステーションの加工スピード、バッファ長、レイアウトの効果を明らかにしている。p~ページ数共著同研究につき本人担当部分抽出不可能平尾周平,玉置光司,大野勝久EffectofEuropeanJ共平成年複数の多能工からなる,字型生separateandOperationalRes月産ラインを考える。多能工の配carouseltypeVolNo置方式として、多能工が分担しallocationsinaて一つの機械には一人の多能工Ushapedproductionが作業をおこなう分離型と、すlinewithmultiべての多能工がすべての機械をfunctionworkers担当し、同じ作業ルートを巡回する巡回型兎追い型の,種類を考察している。作業者の作業時間、歩行時間、機械の部品加工時間が確定的な場合について、ある条件の下で巡回型が、最適に配置した分離型よりもスループットが大きいことを示している。さらに、これらの時間が確率的な場合について、それぞれのシステムについて平均サイクル時間の上下限値を与えるアルゴリズムを提案している。P~ページ数共著同研究につき本人担当部分抽出不可能中出康一,大野勝久TheInternational共平成年次元箱詰め問題は様々なサイthreedimensionalJournalofJapan月ズの荷物をコンテナに詰め込binpackingproblemSocietyofみ、コンテナの空間利用率を最anditspracticalMechanical大化する組合せ最適化問題であalgorithmEngineers,Seriesる。現実問題においては、空間C,Vol,No利用率以外に積み荷安定性とXY軸の回転も考慮しなければならない。本論文では、この現実問題を対象に、独自の手法に基づいたメタヒューリスティクスを提案している。数値実験により、本解法をベンチマーク問題に適用し、公表されている最良解との比較により提案手法の有効性を示している。P~ページ数共著同研究につき本人担当部分抽出不可能靳志宏,伊藤崇博,大野勝久車輌の複数回使共平成年日本ロジスティク車輌の複数回使用を許す時間枠用を許す時間枠制約付月スシステム学会誌,制約付き配送計画問題を混合整き配送計画問題Vol,No数計画問題として定式化し、小規模問題にたいする最適解を求めている。次いで、大規模実用問題にたいするメタヒューリスティクスを提案し、ベンチマーク問題を解きその有効性を示している。Pページ数共著同研究につき本人担当部分抽出不可能靳志宏,ボニファシウスプラセティアイチティアルト,伊藤崇博,大野勝久収集と配送を考共著平成年日本ロジスティク各車輌が顧客の要求に応じて荷慮した時間枠制約付き月スシステム学会誌,物の収集と配送の両サービスを集配送計画問題Vol,No行う時間枠制約付き配送計画問題を論じている。車輌の積載容量制約と時間枠制約を満たし、総費用が最小となる車輌の割り当てと各車輌の巡回路を求めるヒューリスティクアルゴリズムを提案している。さらに、この解を初期解とするアニーリング法およびタブーサーチ法によるメタヒューリスティクスを提案し、それらの有効性を示している。Pページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能ボニファシウスプラセティアイチティアルト,田村隆善,大野勝久,伊藤崇博ニューロダイ共著平成年日本ロジスティクJIT生産システムにおける,,ナミックプログラミン,月スシステム学会誌,,において、搬送センターからグによるAGVの最適Vol,NoM台の加工ステーションへ、要搬送政策求に応じて仕掛品を搬送する複数台のAGVの最適搬送問題をセミ,マルコフ決定過程として定式化し、単位時間当たりのスループットの最大化と期待利得を最大化する最適搬送政策を求めるニューロダイナミックプログラミングを提案している。のアルゴリズムでは解けなかった問題を解くとともに、他のニューロダイナミックプログラミングによるアルゴリズムとの比較を行っている。さらに、加工ステーションの加工スピード、バッファ長、レイアウトの効果を明らかにしている。p~ページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能伊藤崇博,平尾周平,大野勝久輸送費用と生産共著平成年日本経営工学会論複数の組立てラインで生産され制約を考慮した組立て月文誌,Vol,Noる車両は,販売店から注文を受ライン決定問題けたときどの組立てラインで生産するかを決定し,組立てライン別の生産計画を作る,このとき考慮すべきことがつあり,つは生産工場から販売店までの車の輸送費を最小にすることである,工場や仕入先は見込みで作った月度生産計画で生産準備をしており,販売店からのオーダーによって作られた生産計画と月度生産計画の差が尐ないほどスムーズな生産ができる,このつの生産計画の差を小さくするように組立てラインを決定することがもうつの目標である,この問題は整数計画問題に定式化されるが,制約式の特徴から線形計画法で整数解を効率的に求めることができることを示す,p~ページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能小谷重徳,伊藤崇博,大野勝久ニューロダイ共著平成年日本経営工学会論故障を考慮した多工程生産ラナミックプログラミン月文誌,Vol,Noインにおいて,単位時間当たりグによる生産ラインのの平均総費用を最小化する最適最適制御に関する研究発注生産政策を求める問題を時間平均マルコフ決定過程として定式化する,しかし,マルコフ決定過程は工程数の増大と伴に次元の呪いを引き起こし,事実上解くことができない,そこで,大規模問題を解く近似手法として近年研究が進められている,ニューロダイナミックプログラミングを適用する,本論文では,修正政策反復法の値決定ルーチンにシミュレーションを用いるアルゴリズムSBMPIMを新たに提案し,数値実験により厳密解ならびに既存のアルゴリズムとの比較を行う,さらに,最適かんばん枚数を用いたJIT生産ラインにおける平均費用と比較し,最適制御による効果を明らかにする,これらの結果,SBMPIM以外の既存のアルゴリズムであるSMART,SBPIは収束せず,またJIT生産ラインをSBMPIMを用いて制御すれば,平均総費用を以上減尐させることが示された,p~ページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能大野勝久,八嶋憲司,伊藤崇博一般分布に従う共著平成年日本経営工学会論一般的な分布に従う製品需要を製品需要を持つ受注生月文誌,Vol,No持つ離散時間受注生産在庫シス産在庫システムの解析テムの性能評価を行う,まず本システムの定式化を行う,次に本システムの安定条件を示し,平衡状態における受注残の確率母関数を導く,さらに,需要分布,生産能力,部品の納入リードタイム,部品在庫の補充点が与えられたとき,,期間当たりの平均総費用,注文の平均遅れ等を求める,これらの結果を用いシステムの性能評価及び部品在庫の最適補充点を決定するアルゴリズムを導き,数値例を示す,pページ数,共同研究につき本人担当部分抽出不可能岩瀬雅治,大野勝久リリーフマンを共著平成年日本経営工学会論混合品種組立ラインの投入順序考慮した混合車両組立月文誌,Vol,Noづけ問題の重要な目的関数の,ラインの投入順序づけつに,組立ラインの各作業ステ問題ーションの作業遅れができるだけ発生しないように順序づけるという作業負荷の平準化がある,この目的関数の投入順序づけ問題は古くから多くの研究がある,しかし,そのほとんどが組立ラインは止まらないという前提での研究である,トヨタ生産方式ではいくつかの作業ステーション単位にリリーフマン作業補助者がおり,作業遅れが発生しそうであれば作業者はリリーフマンを呼び出す,リリーフマンの支援によって作業遅れが解消できれば組立ラインは止まらないが,同じような時刻に支援が必要な作業ステーションが多く発生すれば,支援が受けられない作業ステーションで作業遅れが発生し,組立ラインは止まることになる,このようなリリーフマンを考慮した投入順序づけ問題はまだ研究されていない,そこで,この問題を取り上げ,実際の車両組立ラインの規模に適応できる近似解法を提案する,pページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能小谷重徳,伊藤崇博,大野勝久複数デポを考慮共著平成年日本ロジスティク集配送計画問題は,ロジスティした時間枠制約付き集月スシステム学会誌,クスにおける基本問題のつで配送計画問題Vol,Noあり,多くの研究者ならびに実務家により議論されてきた,本研究では,複数デポへの顧客割り当てを考慮した時間枠制約付き集配送計画問題を考察する,この問題は,積載容量制約と指定された時間枠制約のもとで,総費用が最小となるように顧客への収集配送ルートを計画することである,すなわち,決定変数はデポごとに配置された各車両の巡回路を決めることである,本研究で提案するアルゴリズムでは,まず顧客を境界顧客集合と非境界顧客集合割り当てデポが唯一に決められる顧客集合に分し,境界顧客集合に属する顧客について,デポへの割り当てとデポの変更をヒューリスティックに行う,デポ内の巡回路の決定は,著者らの提案によるメタヒューリスティックス解法を利用する,この後,デポ間の改善をヒューリスティックに行い,再度メタヒューリスティックス解法によってデポ内の改善を実行する,最後に,この多段決定アルゴリズムの性能をベンチマーク問題によって評価する,pページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能ボニファシウスプラセティアイチティアルト,田村隆善,大野勝久,伊藤崇博混合車両組立ラ共著平成年日本経営工学会論トヨタ生産方式における車両組インの投入順序づけ問月文誌,Vol,No立ラインの運営においては,作題業負荷の平準化と部品の消費速度の平準化の,つを達成することが重要である,しかし,トヨタ自動車株での車両の投入順序づけにおける作業負荷の平準化は車両の総組立時間で処理されており,作業ステーションの作業負荷の平準化は以前より困難になってきている,一方,車両の組立ラインでは約の作業ステーションがあり,また車の種類も非常に多いので,これらの作業ステーションの作業時間データを正確に維持管理することは現状では困難である,そこで,同じような作業時間を持ついくつかの作業ステーションを,つの作業ステーションで表すことによって,の作業ステーションをの作業ステーションで代表させることを考える,このの代表作業ステーションの作業負荷の平準化を図ることによって,の作業ステーションの作業負荷の平準化を近似的に行うという,実際の組立ラインの運営に即した新しい考え方を取り入れる,また,作業負荷の平準化は車両,台,台の並びの順序が大変重要であるが,部品の消費速度の平準化では,例えば,台とか台単位に部品の消費量が平準化していれば実際の工場運営では十分であることに注目し,従来にない考え方で投入順序づけ問題の定式化を行い,大規模な実際問題に適応できる近似解法を提案する,近似解法の精度については,数値例で示すとともにアニーリング法との精度比較も行う,pページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能小谷重徳,伊藤崇博,大野勝久輸送費用と生産共平成年日本オペレーショ複数の組立ラインで生産される制約に関する費用の和月ンズリサーチ学会車両は,販売店から注文を受けを最小化する組立ライ和文論文誌,巻たときどの組立ラインで生産すン決定問題るかが決定され,組立ライン別の生産計画が作成される,このとき考慮すべきことがつあり,つは生産工場から全国の販売店までの車両の輸送費を最小化することである,他のつは生産制約である,工場や仕入先は見込みで作った月度生産計画で生産準備をしており,販売店からのオーダーによって作られた生産計画と月度生産計画との差が尐ないほどスムーズな生産ができる,このつの生産計画の差を小さくするように組立ラインを決定することがもうつの目標である,この異なるつの目標を満足するために,つの生産計画の差を差の大きさに応じた費用で置き換え,つの費用の和を最小にすることを考える,この問題は目的関数がいくつかの変数の和の区分線形関数で,かつ解に整数条件が付いた区分線形計画問題に定式化できる,この問題から整数条件を緩和した問題穏和問題の最適解が,変数の和の構造がある条件を満足するときは整数解になることを示す,更に,整数解になる条件を満たさない実際の問題においても,その緩和問題の最適解が整数になる可能性が非常に高くなる性質を持っており,実際の問題が既存の手法である可分計画法で効率的に解くことができることを示す,Pページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能小谷重徳,大野勝久,伊藤崇博ComplexityofaProceedingsof共平成年DynamicInternational田村隆善,小島貢利,藤田精一,月LotSchedulingSymposiumon大野勝久ProblemFormulatedSchedulingbyaPureIntegerProgrammingAnIntegratedProceedingsofthepp共平成年ProductionPlanningthAPIEMS小島貢利,田村隆善,白田雅幸,月Problemfora藤田精一,大野勝久MultiStageProductionSystemUsingKanbanInthispaper,wedealwithaU字生産ライン共平成年システム制御情報Ushapedproductionlinewithにおける多能工配置問月学会論文誌,Volmultiplemultifunction題,分割方式と巡回方,NoworkersEachworkertakes式chargeofmultiplemachinesWeconsidertwotypesofallocationsofworkerstomachines,aseparateallocationandacarousalallocationIntheseparateallocation,eachworkertakeschargeofauniquesetofmachinesandthereforeateachmachinethesameworkeroperatesitemsineverycycleInthecarouselallocation,allworkerstakechargeofallmachinesinthesameorderTheprocessingtimesofthemachines,andtheoperationandwalkingtimesoftheworkersareassumedtobeindependentandidenticallydistributedrandomvariablesWeexaminetheinfluenceofthevariancesoftheseprocessing,operationandwalkingtimesuponthecycletimesoftheseallocationmodelsbysimulationandexperimentaldesignWealsoexaminetheinfluencesofthebuffersizesandthenumberofitemsinthesebuffersuponthecycletime,iftheUshapedlinehassomebuffersandsomeitemsinthemPページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能平尾周平,伊藤崇博,中出康一,小島貢利,大野勝久AnEfficientAsiaPacificThispaperdealswiththe共平成年ApproachfortheJournalofthreedimensionalcontainer月ThreeDimensionalOperationalpackingproblem(DCPP),ContainerPackingResearch,Vol,whichistopackanumberofProblemwithNoitemsorthogonallyontoaPracticalConstraintsrectangularcontainersothattheutilizationrateofthecontainerspaceorthetotalvalueofloadeditemsismaximizedBesidestheaboveobjectives,someotherpracticalconstraints,suchasloadingstability,therotationofitemsaroundtheheightaxis,andthefixedloading(unloading)orders,mustbeconsideredforthereallifeDCPPInthispaper,asubvolumebasedsimulatedannealingmetaheuristicalgorithmisproposed,whichaimsatgeneratingflexibleandefficientpackingpatternsandprovidingahighdegreeofinherentstabilityatthesametimeComputationalexperimentsonbenchmarkproblemsshowitsefficiencyPページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能ZJin,KOhnoandJDuニューロダイ共平成年日本経営工学会論著者等は,故障を考慮した多工ナミックプログラミン月文誌,Vol,No程生産ラインにおいて,単位時グによる生産物流シ間当たりの平均総費用を最小化ステムの最適制御とプする最適発注生産政策を求めル方式の比較る問題を時間平均マルコフ決定過程として定式化した,しかし,マルコフ決定過程は工程数の増大とともに次元の呪いを引き起こし,事実上解くことができない,そこで,大規模問題を解く近似手法として近年研究が進められている,強化学習ともよばれている,ニューロダイナミックプログラミングのアルゴリズムSBMPIMを提案し,最適かんばん枚数を用いたJIT生産システムの平均費用を,以上低減できることを示した,本論文では,多工程生産ラインを多工程生産物流システムへ拡張し,提案されたSBMPIMを改良し,数値実験によりプル方式を最適に運用した場合と比較する,これらの結果,プル方式の中では基点在庫方式が最良となることが示されたが,SBMPIMによる準最適発注生産政策を用いれば平均費用を尐なくとも,,低減でき,かんばん方式では,,低減できることが示されている,Pページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能大野勝久,伊藤崇博SequencingInternationalThepaperdiscussesa共平成年problemforaJournalofsequencingproblemofa月mixedmodelProductionmixedmodelassemblylineinassemblylineintheResearch,Vol,theToyotaMotorCorporationToyotaproductionNoproductionsystem,whichissystemwellknownastheJustinTimeproductionsystemWheneveraworkerintheassemblylinefindsthathemightfailtocompletehisoperationswithintheworkzone,hepushesabuttontocallanauxiliaryworkerwhoassistshimintheoperationsIfhecancompletetheoperationswithinhisworkzonewiththehelpoftheauxiliaryworker,thelinedoesnotstopOtherwise,thelinestopsIntheToyotaproductionsystem,itisveryimportanttokeepaconstantrateofusageofeverypartusedbytheassemblylineHence,therearetwogoalsforthesequencingproblemintheToyotaproductionsystemThepaperprovidesanewformulationforthesequencingproblemwithtwogoalsItconsidersthegoalofkeepingtheconstantrateofpartusageasaconstraintofthesequencingproblem,anditformulatesasequencingproblemofminimizingthetotallinestoppagetimewithauxiliaryworkersandtheconstraintsforkeepingtheconstantrateofpartusageSincethisproblemisNPhardandthesizeofthepracticalproblemsatToyotaarehuge,atwophaseapproximationalgorithmisproposedNumericalexamplesshowthattheproposedalgorithmisefficientandcanfindagoodsuboptimalsolutionPページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能SKotani,TIto,KOhno作業時間が確率共平成年日本経営工学会論混合品種組立ラインの投入順序変動する混合品種組立月文誌,Vol,Noづけ問題には古くから多くの研ラインの投入順序づけ究があり,作業ステーションの問題作業負荷の平準化は投入順序づけ問題の主要な目標の一つである,しかし,従来の研究では,作業ステーションの作業時間は事前に決まっている確定値としている,実際の組立ラインでは,作業者が組み付け作業の個々の要素作業を常に同じ時間でできるとは限らず,組み付け作業時間は確率変動すると考えた方がより現実的である,そこで,本論文では作業時間を確率変数とする投入順序づけ問題を取り上げる,作業時間を確率変数とした場合の組立ラインの作業の状況を,作業開始位置,作業終了位置及びutility作業のつの期待値で表すことを考え,そのためにつの期待値の計算方法を導出する,しかし,つの期待値を解析的に求めることは困難なので,精度が十分確保できる近似計算の方法を提案する,この近似計算の方法を用いて,utility作業の期待値の合計を最小にする投入順序づけの方法を提案する,Pページ数共同研究につき本人担当部分抽出不可能小谷重徳,趙暁波,大野勝久その他辞書,OR事典共著平成年社日本オペレー基礎編「待ち行列の生産システ月ションズリサーチムへの応用p」、学会「生産管理p」、「JIT生産システムp」、事例編「富士周辺の視程障害に関する研究p」、「多品種プリント基板実装スケジューリングp」等を担当社日本オペレーションズリサーチ学会編,大野勝久他多数,生産管理用語辞典共著平成年日本規格協会「科学的管理法」等を担当月社日本経営工学会編,大野勝久他多数解説スケジューリング単著昭和年システムと制御Volスケジューリング問題として最と動的計画法月短経路問題、ロットサイズスケジューリング問題、ラインバランシング問題をとりあげ、動的計画法による解法を概説している。p信頼性単著昭和年Basic数学Vol寿命分布およびシステムの寿命月月号について述べ、保全性の基本を説明している。p取替理論単著昭和年Basic数学Vol年齢取替とブロック取替の比較月月号を再生理論を用いて行い、最適取替を説明している。pシミュレーション単著昭和年Basic数学Vol待ち行列システムを対象にシミ月月号ュレーションの再生法を説明している。pマルコフシステ単著昭和年オペレーションマルコフシステムとして多品ムの制御月ズリサーチVol目在庫管理、待ち行列システムをとりあげ、マルコフ決定過程として定式化し、そのアルゴリズムを概説している。pマルコフ決定過程単著昭和年システムと制御マルコフ決定過程を説明し、そVol月のアルゴリズムを概説している。p生産システムをめ単著平成年Basic数学Vol直列生産ラインにおける生産率ぐって月月号を示し、JIT生産システムにたいする理論研究を紹介している。p待ち行列システム単著平成年システム,制御,待ち行列システムのスケジューのスケジューリング月情報Volル則を確率順序を用いて概説している。pJIT生産システム単著平成年オペレーションJIT生産システムに関する理論月ズリサーチVol的研究を概説している。,Nop生産ラインの最単著平成年オペレーション生産ラインの制御則を概説し、適制御月ズリサーチVolその最適制御をマルコフ決定過,No程として定式化している。そして、数値的に最適かんばん枚数をもつかんばん方式と比較している。p生産ラインの最単著平成年計測と制御Vol代表的な生産管理方式を説明適制御月,Noし、それら方式間の比較に関する研究を紹介している。さらに、生産ラインの最適制御に関する理論研究を概観し、最適制御則を求めるニューロダイナミックプログラミングによるアルゴリズムを紹介している。ついで、最適なかんばん枚数をもつかんばん方式と最適制御則を比較し、かんばん方式が最適制御則に比し費用を増加させることを数値例で示している。pJIT生産システム単著平成年経営システムVolJIT生産システムの進化の一形,Noの進化に対する一考察月態として、PEC産業教育センター所長山田日登志氏のトヨタ生産方式の実践活動「ムダとり」と常識への挑戦から生まれたセル生産方式を紹介している。また,他の一形態としてIT活用による進化を模索し、ニューロDPにより生産システムの最適制御を紹介し、プル方式間の比較では基点在庫方式が最も優れているが、ニューロDPにより最適化すれば平均費用を,以上低減できることを示している。

用户评价(0)

关闭

新课改视野下建构高中语文教学实验成果报告(32KB)

抱歉,积分不足下载失败,请稍后再试!

提示

试读已结束,如需要继续阅读或者下载,敬请购买!

文档小程序码

使用微信“扫一扫”扫码寻找文档

1

打开微信

2

扫描小程序码

3

发布寻找信息

4

等待寻找结果

我知道了
评分:

/65

教育研究业绩书

VIP

在线
客服

免费
邮箱

爱问共享资料服务号

扫描关注领取更多福利