下载

0下载券

加入VIP
  • 专属下载券
  • 上传内容扩展
  • 资料优先审核
  • 免费资料无限下载

上传资料

关闭

关闭

关闭

封号提示

内容

首页 医学影像技术的发展史及关于医学影像技术发展方向的若..

医学影像技术的发展史及关于医学影像技术发展方向的若...

医学影像技术的发展史及关于医学影像技术发展方向的若..

Salome丹丹
2019-02-27 0人阅读 举报 0 0 0 暂无简介

简介:本文档为《医学影像技术的发展史及关于医学影像技术发展方向的若..doc》,可适用于综合领域

医学影像技术的发展史及关于医学影像技术发展方向的若干讨论摘要现代医学影像技术的应用与发展,印证了多年来医学、生物、物理、电子工程、计算机和网络通信技术的诞生与沿革。数字医学影像新技术、新设备对医学影像诊断和数字影像治疗带来许多根本的改变。医院里有哪些医学影像设备和是否开展数字影像介入治疗,在很大程度上代表了这家医院的现代化检查治疗的条件与诊治水平。目前现代医学技术的提升和现代影像技术的发展相互融合、相互推动、相互依存的趋势已经成为共识。随着科学技术的进步,医学影像技术取得长足的发展。而且在医疗领域中的地位将更为重要。这篇文章主要介绍医学影像技术发展史,总结了近年来取得的新进展,讨论了关于医学影像技术发展方向的若干问题。抄録現代医療画像処理技術を開発、年以上を確認した医療、生物学、物理学、電気工学、コンピュータとネットワークの通信技術と歴史の誕生。新しいデジタル医療画像処理技術、新しい機器、医療画像診断装置やデジタルビデオの多くの変更の治療されています。医院里有哪些医学影像设备和是否开展数字影像介入治疗,在很大程度上代表了这家医院的现代化检查治疗的条件与诊治水平。現在、現代医学と現代技術、画像技術の統合を推進する互いの発展を促進するため、相互依存的合意の傾向となっている。科学技術、医療画像処理技術の開発で飛躍的に進歩した。しかし、健康状態の他の分野も重要になる。この記事は、ホットスポットの次の段階について議論する新たな進展を加算した近年の医療画像処理技術の開発の歴史を紹介しています。abstractModernmedicalimagingtechnologyanddevelopment,confirmedmorethanyearsofmedical,biology,physics,electricalengineering,computerandnetworkcommunicationtechnologyandthebirthofHistoryThenewdigitalmedicalimagingtechnology,newequipment,medicaldiagnosticimaginganddigitalvideoisthetreatmentofmanychangesWhatarethehospital,medicalimagingequipmentandwhethertheconductinvolvedinthetreatmentofdigitalimages,toalargeextentonbehalfofamodernhospitalcheckupandtreatmentofconditionsandtheleveloftreatmentAtpresent,modernmedicineandmoderntechnologytoenhancethedevelopmentofimagingtechnologyintegration,promoteeachother,interdependencehasbecomethetrendofconsensusWiththeprogressinscienceandtechnology,medicalimagingtechnologydevelopedbyleapsandboundsButalsointhefieldofhealthstatuswouldbemoreimportantThearticleintroducesthehistoryofthedevelopmentofmedicalimagingtechnology,summedupthenewprogressmadeinrecentyearstodiscussitsnextphaseofthehotspots关键词医学影像发展热点快速精准化智能多维化小型化无创化低廉化简单化キーワード医療画像、開発、赤点Keywordsmedicalimagingdevelopmenthot宇宙之万物,无不由分子组成。而组成分子的原子,则是由原子核和围绕原子核旋转的电子组成。人们通过对分子,原子的研究,终于在年伦琴发现了Xray,这是世纪医学诊断学上最伟大的发现。XRAY透视和摄影技术作为最早的医学影像技术,直到今天还是使用最普遍且有相当大的临床诊断价值的一种医学诊断方法。医学影像技术主要是应用工(程)学的概念及方法,并基于工(程)学原理发展起来的一种技术手段(包括原理、方法、装置及程序),其实医学影像技术还是医学物理的重要组成部分,它是用物理学的概念和方法及物理原理发展起来的先进技术手段。医学影像信息包括传统X线、CT、MRI、超声、同位素、电子内窥镜和手术摄影等影像信息。它们是窥测人体内部各组织,脏器的形态,功能及诊断疾病的重要方法。随着医疗卫生事业的发展,以胶片为主要方式的显示、存储、传递Xray摄像技术已不能满足临床诊断和治疗发展的需求,医疗设备的数字化要求日益强烈,全数字化放射学、图像导引和远程放射医学将是放射医学影像发展的必然趋势。传统摄影技术在摸索中进行计算机X线摄影X射线是发展最早的图像装置。它在医学上的应用使医生能观察到人体内部结构,这为医生进行疾病诊断提供了重要的信息。在年后的几十年中,X射线摄影技术有不少的发展,包括使用影像增强管、增感屏、旋转阳极X射线管及断层摄影等。但是,由于这种常规X射线成像技术是将三维人体结构显示在二维平面上,加之其对软组织的诊断能力差,使整个成像系统的性能受到限制。从年代开始,医学成像技术进入一个革命性的发展时期,新的成像系统相继出现。年代早期,由于计算机断层技术的出现使飞速发展的医学成像技术达到了一个高峰。到整个年代,除了X射线以外,超声、磁共振、单光子、正电子等的断层成像技术和系统大量出现。这些方法各有所长,互相补充,能为医生做出确切诊断,提供愈来愈详细和精确的信息。在医院全部图像中X射线图像占,是目前医院图像的主要来源。在本世纪年代以前,X射线机的结构简单,图像分辨率也较低。在年代以后,分辨率与清晰度得到了改善,而病人受照射剂量却减小了。时至今日,各种专用X射线机不断出现,X光电视设备正在逐步代替常规的X射线透视设备,它既减轻了医务人员的劳动强度,降低了病人的X线剂量又为数字图像处理技术的应用创造了条件。随着计算机的发展数字成像技术越来越广泛地代替传统的屏片摄影现阶段,用于数字摄影的探测系统有以下几种:()存储荧光体增感屏计算机X射线摄影系统(computerRadiographyCR)。()硒鼓探测器。()以电荷耦合技术(chargeCoupledDericesCCD)为基础的探测器。()平板探测器(FlatpanelDetector)a:直接转换(非晶体硒)b:非直接转换(闪烁晶体)。这些系统实现了自动化、遥控化和明室化,减少了操作者的辐射损伤。XCTCT的问世被公认为伦琴发现X射线以来的重大突破,因为他标志了医学影像设备与计算机相结合的里程碑。这种技术有两种模式,一种是所谓“先到断层成像”(FAT),另一种模式是“光子迁移成像”(PMI)。磁共振成像核磁共振成像,现称为磁共振成像。它无放射线损害,无骨性伪影,能多方面、多参数成像,有高度的软组织分辨能力,不需使用对比剂即可显示血管结构等独特的优点。数字化摄影技术日臻完善年月在布鲁塞尔召开的第届国际放射学会学术会议上,首次提出了数学化X线成像技术的物理概念及临床应用结果。使医学影像技术步入了数字化的新纪元。事实上,医学影像技术的数字化趋势在近多年已渐趋明晰。时至年,体现国际医学影像技术最高水平的“北美放射学年会”,不论从学术报告及展览中均体现出医学影像设备的数字化是大势所趋。数字X射线摄影的成像技术包括成像板技术、平行板检测技术和采用电荷耦合器或CMOS器件以及线扫描等技术。成像板技术是代替传统的胶片增感屏来照相,然后记录于胶片的一种方法。平行板检测技术又可分为直接和间接两种结构类型。直接FPT结构主要是由非品硒和薄膜半导体阵列构成的平板检测器。间接FPT结构主要是由闪烁体或荧光体层加具有光电二极管作用的非品硅层在加TFT阵列构成的平板检测器。电荷耦合器或CMOS器件以及线扫描等技术结构上包括可见光转换屏,光学系统和CCD或CMOS。成像的快捷阅读由于成像方法的改进,除了在成像质量方面有明显提高外,图像数量也急剧增加。例如随着多层CT的问世,每次CT检查的图像可多达千幅以上,因此,无法想象用传统方法能读取这些图像中蕴含的动态信息。这时在显示器上进行的“软阅读”正在逐渐显示出其无可比拟的优越性。软拷贝阅读是指在工作站图像显示屏上观察影像,就X线摄影而言这种阅读方式能充分利用数字影像大得多的动态范围,获取丰富的诊断信息。PACS的广阔发展空间随着计算机和网络技术的飞速发展,现有医学影像设备延续了几十年的数据采集和成像方式,已经远远无法满足现代医学的发展和临床医生的需求。PACS系统应运而生。PACS系统是图像的存储、传输和通讯系统,主要应用于医学影像图像和病人信息的实时采集、处理、存储、传输,并且可以与医院的医院信息管理系统放射信息管理系统等系统相连,实现整个医院的无胶片化、无纸化和资源共享,还可以利用网络技术实现远程会诊,或国际间的信息交流。PACS系统的产生标志着网络影像学和无胶片时代的到来。完整的PACS系统应包含影像采集系统,数据的存储、管理,数据传输系统,影像的分析和处理系统。数据采集系统是整个PACS系统的核心,是决定系统质量的关键部分,可将各种不同成像系统生成的图象采入计算机网络。由于医学图像的数据量非常大,数据存储方法的选择至关重要。光盘塔、磁带库、磁盘陈列等都是目前较好的存储方法。数据传输主要用于院内的急救、会诊,还有可以通过互联网、微波等技术,以数据的远距离传输,实现远程诊断。影像的分析和处理系统是临床医生、放射科医生直接使用的工具,它的功能和质量对于医生利用临床影像资源的效率起了决定作用。综上所述,PACS技术可分为三个阶段,()用户查找数据库()数据查找设备()图像信息与文本信息主动寻找用户。新型技术分子影像随着医学影像技术的飞速发展,在今天已具有显微分辨能力,其可视范围已扩展至细胞、分子水平,从而改变了传统医学影像学只能显示解剖学及病理学改变的形态显像能力。由于与分子生物学等基础学科相互交叉融合,奠定了分子影像学的物质基础。Weissleder氏于年提出了分子影像学的概念:活体状态下在细胞及分子水平应用影像学对生物过程进行定性和定量研究。分子成像的出现,为新的医学影像时代到来带来曙光。基因表达、治疗则为彻底治愈某些疾病提供可能,因此目前全世界都在致力于研究、开创分子影像与基因治疗,这就是世纪的影像学。新的医学影像的观察要超出目前的解剖学、病理学概念,要深入到组织的分子、原子中去。其关键是借助神奇的探针即分子探针。到目前为止,分子影像学的成像技术主要包括MRI、核医学及光学成像技术。一些有识之士认为由于诊治兼备的介入放射学已深入至分子生物学的层面,因此,分子影像学应包括分子水平的介入放射学研究。学科的交叉结合交叉学科、边缘学科是当今科学发展的趋势。影像技术学最邻近的学科应为影像诊断学。前者致力于解决信息的获取、存储、传输、管理及研发新的技术方法后灶的位置毫克大小,有的还可以进行器官功能的判断。还有医用影像诊断装备情况,已成了衡量医院现代化水平的标志。浅谈医学影像的下一个热点医疗保健事业在经济上的窘迫使得年代以来,成为一个没有大规模推广一种新的影像技术的、相对沉寂的时期,延续了一些现有影像技术的发展,使得他们中至今还没有一种影像技术能对影像学产生巨大的影响。随着科技的发展,最近逐渐发展起来的一批有希望的影像技术。如:磁共振谱(MRS),正电子发射成像(PET)单光子发射成像(SPECT),阻抗成像(EIT)和光学成像(OCT或NRI)。他们有可能很快成为大规模应用的影像技术,将为脑、肺、乳房及其他部位的成像提供新的信息。磁源成像人体体内细胞膜内外的离子运动可形成生物电流。这种生物电流可产生磁现象,检测心脏或脑的生物电流产生的磁场可以得到心磁图或脑磁图。这类磁现象可反映出电子活动发生的深度,携带有人体组织和器官的大量信息。PET和SPECT单光子发射成像(SPECT)和正电子成像(PET)是核医学的两种CT技术。由于它们都是接受病人体内发射的射线成像,故统称为发射型计算机断层成像(ECT)。ECT依据核医学的放射性示踪原理进行体内诊断,要在人体中使用放射性核素。ECT存在的主要问题是空间分辨率低。最近的技术发展可能促进推广ECT的应用。阻抗成像(EIT)EIT是通过对人体加电压,测量在电极间流动的电流,得到组织电导率变化的图像。目的在于形成对体内某点阻抗的估计。这种技术的优点是,所采用的电流对人体是无害的,因而对成像对象无任何限制。这种技术的时间分辨率很好,因而可连续监测实际的应用,已实现以视频帧速的医用EIT的实验样机。光学成像(OTC或NIR)近期的一些实质性的进展表明,光学成像有可能在最近几年内发展成为一种能真正用于临床的影像设备。它的优点是:光波长的辐射是非离子化的,因而对人体是无伤害的,可重复曝光它们可区分那些在光波长下具有不同吸收与散射,但不能由其它技术识别的软组织天然色团所特有的吸收使得能够获得功能信息。它正在开辟它的临床领域。MRSMRS是一种无创研究人体组织生理化的极有用的工具。它所得到的生化信息可与人体组织代谢相关联,并表明它正常组织的方式有差别。目前MRS还没有常规用于临床,但已有大量技术正在进行正式适用。上述的几个先进的技术,究竟哪一个能成为医学影像技术的热点,我们认为应要有最大效益、安全和经济是最为重要的。在逝去的世纪,医学影像技术经历了从孕育、成长到发展的过程,回顾过去可以断言它在防治人类疾病及延长平均寿命方面是功不可没的。在一切“以人类为本”的世纪中,人们将继续用医学影像来为人们的健康服务。转贴于中国论文下すべての物事の宇宙、すべての要素。原子、分子核の組成や電子部品の核の周り回転している。レントゲンの分子、原子研究に人々は、最後のX線を発見、これは世紀最大の発見の医療診断されています。Xのは、医療画像処理技術、あるいは今日でもレイの視点として、写真技術は、最も広く使用されるが、医療診断の臨床診断のためのかなりの値です。医療用画像処理技術を主に、概念と方法、(プロセス)の原則に基づいてその仕事を学ぶ(方法)仕事をするための技術的手段を開発(原則、メソッド、デバイスや手続きを含む)は、実際に使用される、医療画像処理技術と医学物理学ての重要な部分を物理学、物理的な原則と方法で開発をコンセプトに、最先端の技術です。従来のX線、東京都、MRI検査、超音波、同位体、電子および内視鏡手術、写真画像情報などを含む医療用画像処理については、。彼らは、組織内の人間の体内に見ると、フォームは、機能とは、病気の診断のための重要なメソッドの臓器。とは、健康開発、医療用フィルムには、臨床診断と治療の開発、強力なことが増えて、すべてのデジタル放射線学、イメージガイドの医療機器の要件を満たしていないことが主な方法は、表示、保存、送信X線カメラの技術として放射線医学、と指摘長期的な放射線医療情報システムの開発とは避けられない傾向にある。伝統的な写真技術ではでコンピュータを探索するのX線写真はX線の開発の画像は、最初のデバイスの一つです。医師の医療アプリケーションでは、医師は、病気の診断、人間の体の内部構造を観察できるように重要な情報を提供している。年には、数十年後に強化された撮像管は、画面の使用を含め、X線写真、開発の多くは、陽極X線やCTチューブを回転、といったように。しかし、従来のX線イメージング技術のつは、人間の体は、次元平面、貧困層の能力軟部組織診断と組み合わせることで、全体の画像処理システムのパフォーマンスが制限されて表示される次元構造です。革命的な期間は、新しい画像処理システムの開発に登場した年代以降、医療画像処理技術。初期ので、医療画像処理技術の急速な発展を有効にするコンピュータ断層撮影技術としてはピークに達している。年代は、X線に加えて、超音波、磁気共鳴、新興技術やシステムは、多数の陽電子放射断層撮影などの単一光子を通し、。これらの進展している認識されています。この技術は、つは、いわゆる"最初の断層撮影法"(FAT)を、別のモデル"光子の移行イメージング"(PMI)と呼ばれているつのモードがあります。のXCTのCTのレントゲンの到来としてのXを発見したのは、医療画像処理装置とコンピュータを組み合わせ節目の標識線は、大きな進展している認識されています。この技術は、つは、いわゆる"最初の断層撮影法"(FAT)を、別のモデル"光子の移行イメージング"(PMI)と呼ばれているつのモードがあります。磁気共鳴画像MRI検査、磁気共鳴画像として知られている。しかし、それは、放射線障害、骨の工芸品とは、できる多くの方法およびイメージングパラメータ、能力軟部組織間の造影剤の使用の利点のユニークな構造のような血管を表示することができますせずに区別するための高度で。、デジタル写真をより洗練された年月にブリュッセルで第回国際シンポジウムの放射線研究所で、初めてのX線イメージング技術は、数学、物理学と結果の概念の臨床応用のためになっている。ので、デジタル時代には、医療画像処理技術。実際には、医療画像処理技術を採用し、過去年間では、デジタルの傾向をより明確になっている。年には、北米での"放射線学年"、両方の展示会とは、医療画像処理機器を反映するには、学術報告書の両方から、最高レベルの国際医療画像処理技術を反映し、時代の流れの数字です。デジタルX線イメージング技術は、プレートの画像処理技術、平行板検出技術を使用すると電荷結合素子またはCMOSを含むだけでなく、ラインスキャン技術。画像処理技術の画面に従来のフィルムカメラの代わりに、ボードして、映画のような方法で記録されています。平行板検出技術構造の直接間接のタイプの種類に分けることができます。FPT材料の主要な構造に直接以外では、セレン薄膜半導体やフラットパネル検出器の配列で構成。FPT間接的、構造体の蛍光体層が点滅またはカナダ以外のロールのフォトダイオードは、TFT用のシリコン材料プラスフラットパネル検出器の配列を中心にした。可視光変換スクリーン、光学系とCCDまたはCMOSなどの構造など、CMOSまたは電荷結合デバイスだけでなく、ラインスキャン技術、。画像の高速画像処理方法が原因で、画像の品質に加えて、改善されている読んで、画像の数が劇的に増加しています。たとえば、複数の到来CTのは、それぞれの画像のCTの検査で以上にするため、想像もつかないの映像の動的情報に含まれる伝統的な方法を使用して読むことをすることができます。は、"ソフトを読んで展示されて、この時間"で、徐々にその比類のない優位性を示している。ソフトのコピーを読んワークステーションは、画面イメージを観察、X線写真上のイメージが、この方法は、はるかに大きいダイナミックレンジのデジタル画像、診断情報が満載へのアクセスを最大限に活用することレディングの点にある。コンピュータネットワーク技術や医療用画像機器の急速な発展、既存の数十年の延長データの取得とイメージング法に沿って開発のための広いスペースPACSされて多くの現代医学と臨床医を満たすことができないの開発している。PACSシステムの中に浮かんだ。PACSシステム放射線情報管理システムは、システムへのリンクのための病院や病院情報管理システムで、画像ストレージ、伝送、通信システムには、主に患者の医療画像処理、画像処理とリアルタイムの情報収集、処理、ストレージ、伝送で使用され、されており、全体を実現する病院のないフィルム、紙や資源の共有だけでなく、ネットワーク技術の利用を達成するために長い距離診断、または情報の国際交流。PACSシステムは、ネットワークのイメージングと非映画時代マークしている。は、PACSシステムの整合性、画像収集システム、データストレージ、管理、およびデータ伝送システムには、画像解析と処理システムを含める必要があります。データアクイジションシステム全体のPACSシステムの中核は、システムの品質の重要な部分の画像処理システムは、コンピュータネットワークに鉱業の画像を生成するために、さまざまなことができます。データの非常に大きな金額の医用画像として、任意のデータストレージの方法が不可欠です。CDの塔、テープライブラリ、ディスクアレイなどのストレージのより良い方法があります。データを医学的治療との協議のための病院のためだけでなく、マイクロ波技術などは、インターネットを通じてので、長距離のデータ伝送を、リモート診断した。画像解析と処理システムの臨床医、放射線直接使用するリソースを使用するツール、およびその機能と医師の臨床画像の品質を効率的に決定的な役割を果たしている。を要約するには、PACS技術のつのフェーズ()に分けることができますは、ユーザーデータベースを検索、()データ機器見つけること、()グラフィックス情報とテキストメッセージを検索するユーザーが主導権を握る。医療画像処理技術と一緒に新しい分子イメージング技術は、今日の急速な発展が解決され、マイクロパワー、その範囲を視覚細胞に拡張されており、分子レベルでは、解剖学のみを示すことができるため、従来の医療用画像を変更する科学と画像処理能力の形で病理学的変化。分子生物学の結果として、これに基づいて相互の横断的な統合、分子イメージング材料基盤撚りしている。Weisslederの年には、前方分子イメージングの概念:セルと定性的および定量的研究の生物学的プロセスの分子イメージングアプリケーションでの生活条件を入れた。新時代に向けた分子イメージング、医療情報システムの出現夜明けの到来によってもたらさ。遺伝子発現、完了の治療のために提供される場合がありますので、全世界の研究に取り組んでいます、新しい分子イメージングや遺伝子治療を作成するいくつかの病気を治す、これは世紀の画像です。は、新しい医療情報システムは、組織の要素は、原子をさらにする必要がある、病理学の概念、解剖学の現在の過剰を観察してください。このキーは、プローブの魔法つまり、分子プローブを使用することです。MRI検査、核医学画像処理や光学技術などのイメージング技術のこれまでのところ、分子イメージング。一部の人は、両方のインターベンショナル放射線診断と治療の結果としての深さのレベルに分子生物学、分子イメージングインターベンショナル放射線学研究のレベルの要素を含める必要がありますしていると考えています。領域横断的な領域横断的な統合は、エッジ、今日の科学的発展の対象となります。画像処理技術をテーマ最寄りの画像診断する必要があります。元の情報を収集、保存、伝送、管理、研究や新技術の方法の開発のアドレスに、後者の情報や知識、経験、情報コンテンツに焦点を当てることは、身分証明書や病気の診断の正常解剖する画像に応じて。つのそれぞれは、互いに補完関係に頼っている。そのため、画像診断のイメージング技術の開発をより緊密な統合コミュニケーションの向上と、既存の画像処理方法を展開し、新しい画像処理の方法の開発に有用な貢献をするに分離することはできません。医療画像診断装置を詳細には、体の構造体の内部の臓器を観察するには、病変のサイズミリグラムの場所を識別するために、使用されるいくつかの機能を決定するためにも、臓器を実施することができます。また、医療画像診断装置、マークされているのレベルを測定するためには、現代の病院となっている。医療情報システムの医療財政難のために、次のホットスポットは、年代以降、新しいイメージング技術は、比較的静かな期間、既存のビデオ技術の数の継続の大規模なプロモーションになっていることので、ビデオ画像処理技術ではないが、まだで非常に大きな影響を与えることができます。科学技術の開発、最近ではますます多くの有望なイメージング技術を開発した。のような:磁気共鳴分光法(MRS)、陽電子放射イメージング(PETの)単一光子放出イメージング()、インピーダンス断層撮影(EIT)、光学イメージング(月またはNRI)SPECT。彼らはすぐに画像処理技術の大規模なアプリケーションでは、新しい情報を提供するために脳、肺、乳房とイメージの他の部分になるなることがあります。内側と外側のイオン運動の人体の細胞膜磁気イメージングは、生物学的な電流源を形成する。この電流磁気生物学的現象は、生物学的な心臓や脳や心磁図MEG電流の検出を生成することができます磁場生成されます。このような磁気現象は、身体の組織と情報の大量の臓器を運ぶ電子の深さの活動を反映することがあります。PETのイメージングとSPECT単一光子放出()や陽電子放射イメージング(PETの)核医学SPECTているつの技術のコネチカットされています。彼らは、患者には、打ち上げのX線イメージングを受け入れるため、排出量計算、総称して断層撮影法(電気ショック療法)と呼ば予定されています。人間の体内に放射性物質等の電気ショック療法を使用する核医学トレーサー放射性の原則に基づく診断のための体内で、。電気ショック療法の主な問題は、低空間分解能です。最近の技術開発電気ショック療法の適用を促進することがあります。インピーダンストモグラフィ(EIT)EIT人体には、電圧は、電極は、イメージの導電率では、組織が変更されて間の電流の流れで測定する。その目的は、抵抗ポイントの体の形を推定することです。この技術の利点は、現在、人体には無害だが、使用されているため、画像オブジェクトを任意の制限なし。当時のは、実際のアプリケーションの監視を継続される可能性があるこの技術は非常に良い解像度は、ビデオの医学実験のプロトタイプのためのEITにフレームレートを実現しています。近い将来、いくつかの実質的な進歩の光学イメージング(店頭または近赤外)は、光学イメージングは、過去数年間で真の臨床イメージング機器へと発展することが可能です表示されます。その利点は:以外の波長の光電離放射線ので、人体に害はない、と再暴露です。彼らは、光の波長の間に、別の散乱と吸収の下で、区別することができますが、他の手法では、軟組織を識別するために、自然発色団の吸収機能は、特定の情報にアクセスすることができます。それをその分野での臨床を開くことです。MRSMRS以外は、非常に有用なツールのヒト組織の侵襲的生理学的研究されています。その生物化学情報は、代謝ヒト組織と正常組織との関連で取得することができますが別の方法を示した。MRS現在臨床ルーチンが、技術の多くは、関係者に適用されるために使用されていません。上記の最先端技術は、ホットスポットは、我々の最大の効率、安全保障と経済が必要になることができると思うが、医療画像処理技術のいくつかが最も重要です。過去の逝去は世紀では、医療画像処理技術の誕生から開発、開発プロセスに成長、それは、人間の病気の予防と治療の寿命を延ばすことができ、クレジットされています。すべてでは、"人間が"世紀の、人々は引き続き、医療画像処理技術の人々の健康サービスに使用されるように配向した。参考书目:《医学影像使用计术教程》载中c心

用户评价(0)

关闭

新课改视野下建构高中语文教学实验成果报告(32KB)

抱歉,积分不足下载失败,请稍后再试!

提示

试读已结束,如需要继续阅读或者下载,敬请购买!

评分:

/14

VIP

在线
客服

免费
邮箱

爱问共享资料服务号

扫描关注领取更多福利