关闭

关闭

关闭

封号提示

内容

首页 日本律考: 信不信由你,反正我信了

日本律考: 信不信由你,反正我信了.pdf

日本律考: 信不信由你,反正我信了

黑土白云 2011-08-13 评分 0 浏览量 0 0 0 0 暂无简介 简介 举报

简介:本文档为《日本律考: 信不信由你,反正我信了pdf》,可适用于考试题库领域,主题内容包含短答式試験問題集[民事系科目][民事系科目](配点:2)〔第1問〕詐害行為取消権に関する次の1から5までの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているもの符等。

短答式試験問題集[民事系科目][民事系科目](配点:2)〔第1問〕詐害行為取消権に関する次の1から5までの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものはどれか(解答欄は)。[1]1.詐害行為取消権は必ず裁判上で行使しなければならないので訴訟外の意思表示では足りないが訴訟において抗弁で提出することは認められる。2.詐害行為取消訴訟において取消しの対象となるものが金銭又は動産であるときは原告は取消しの効果はすべての債権者のために利益を生ずるという民法の規定にもかかわらず被告たる受益者に対して自己に給付せよという判決を得ることができる。3.債務者がその行為によって債権者を害することを知っていたという詐害行為の成立要件については取消債権者が証明しなければならない。4.一部の債権者に本旨弁済をした場合でも債務者がその債権者と通謀して他の債権者を害する意思をもって弁済をしたことまでを取消債権者が証明すれば詐害行為となる。5.受益者が当該行為によって他の債権者を害することの認識については取消債権者に受益者の悪意についての主張立証責任が課されるのではなく受益者の方が自らの善意を主張立証しなければ詐害行為の成立を否定することはできない。(配点:2)〔第2問〕次のアからエまでの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[2]ア.売買契約の売主は履行期について特約がない限り売買目的物を引き渡す前において買主に対して有する売買代金債権を自働債権買主に対して別途負っている借入金債務を受働債権として対当額で相殺することはできない。イ.売買契約の売主が買主に対して一度売買目的物の引渡しの提供をしたときは買主はその後の売主からの売買代金請求に対して売買目的物の引渡しと引換えに支払うことを主張することはできない。ウ.債務の履行とその債務を担保するために設定された抵当権設定登記の抹消登記手続とは同時履行の関係にはない。エ.売買契約が売主の債務不履行により解除された場合の当事者の原状回復義務は同時履行関係にあるが売買契約が売主の詐欺により取り消された場合の当事者の原状回復義務は同時履行関係にはない。1.アイ2.アウ3.イのみ4.イエ5.ウエ(配点:2)〔第3問〕物上代位に関する次のアからオまでの記述のうち正しいものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[3]ア.判例によれば債務者が破産した後であっても動産売買先取特権に基づく物上代位権も抵当権に基づく物上代位権も行使できる。イ.判例によれば債務者が第三者に対して有する賃料債権につき債務者の一般債権者が差押えを行ったとしても抵当権は優先弁済権を第三者に対抗できるから配当要求の終期までに設定登記をして物上代位の手続をとれば抵当権者は物上代位権を行使して一般債権者に優先することができる。ウ.目的物の売買代金に対して動産売買先取特権に基づく物上代位のみならず抵当権に基づく物上代位も明文で認められており解釈で否定することはできない。エ.判例によれば抵当目的不動産の賃料債権に対する物上代位は賃料債権を生じる賃貸借契約が抵当権設定登記後に設定された場合にのみ可能である。オ.請負工事に用いられた動産の売主には請負人が注文者に対して有する請負代金債権に対しても動産売買先取特権に基づく物上代位権の行使が認められる場合がある。1.アイ2.アオ3.イエ4.ウエ5.ウオ(配点:2)〔第4問〕次のアからオまでの記述のうち正しいものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[4]ア.ある動産に留置権を取得した者はその占有を第三者に奪われた場合でもその第三者に対して留置権に基づく返還請求を行うことができない。イ.抵当権の目的となっている土地に第三者が時折所有者に無断で材木を置いている場合抵当権者は抵当権に基づく妨害排除請求ができる。ウ.所有動産を無料で貸し与えたところ借りた者が期限が到来したのに返さない場合請求権競合に関するどのような見解に立っても所有権者は所有権に基づく返還請求権を持つ。エ.所有者から預かった動産が盗まれた場合において受寄者は盗まれた時から2年以内であっても盗品であることを過失なく知らずに同種商品の販売商人から取得した占有者には返還を請求できない。オ.賃借建物に機械を借りて備え付けた建物賃借人が賃貸借終了時にこの機械を撤去しない場合には建物賃貸人は建物の所有権に基づきその機械の所有者に建物所有権を侵害することについて故意過失がなくてもこの者にその機械の撤去を請求できる。1.アウ2.アオ3.イエ4.イオ5.ウエ(配点:2)〔第5問〕次のアからオまでの記述のうち誤っているものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[5]ア.Bが善意無過失平穏公然にA所有の甲土地の自主占有を開始してから10年が経過する直前にAがCに甲土地を譲渡し10年経過後にCが移転登記を得た場合判例によるとBは登記がなければCに甲土地の時効取得を対抗できない。イ.Bが善意無過失平穏公然にA所有の甲土地の自主占有を開始してから10年が経過する直前にAがCに甲土地を譲渡しCが移転登記を得た場合登記による取引安全確保の機能を重視する学説によるとBは登記がなければCに甲土地の時効取得を対抗できない。ウ.Bが善意無過失平穏公然にA所有の甲土地の自主占有を開始してから10年経過後にAがCに甲土地を譲渡してCが移転登記を得た場合判例によるとBは登記がなければCに甲土地の時効取得を対抗できない。ただしCが背信的悪意者に当たる場合はBは登記がなくても時効取得を対抗できる余地がある。エ.ウの事例においてBがCの登記時からさらに20年Cから権利主張をされることなく甲土地の占有を続けその後に取得時効を援用したときは判例によるとBは登記がなくてもCに対し甲土地の時効取得を対抗できる。オ.ウの事例においてBがCから権利主張をされることなく占有開始時から20年間甲土地の占。有を続けたとしても判例によるとBは登記がなければCに甲土地の時効取得を対抗できない1.アイ2.アオ3.イウ4.ウエ5.エオ(配点:2)〔第6問〕AはBに対し1000万円を貸し付けた。その際B所有の甲土地に抵当権を設定するとともにCがその債務を保証しD所有の乙土地にも抵当権が設定された。甲土地はその後Eに売り渡され乙土地にはDのFに対する債務のため次順位の抵当権が設定された。またBはAからの借入れ後Gからも500万円を借り受けた。BのAに対する債務が弁済期から10年を経過した。(とき判例の趣旨に照らしBを除きこの債務の消滅時効を援用できるのはだれか解答欄は)[6]1.C及びD2.CD及びE3.CD及びF4.CDE及びF5.CDEF及びG(配点:2)〔第7問〕次のアからオまでの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[7]ア.Aはその財産を隠匿するためその所有する甲土地をBに仮装譲渡しBに対する所有権移転登記を了した。CはAB間の譲渡が仮装のものであることを知らないでBから甲土地を買い受けたがその後CがBから所有権移転登記を受けない間にAB間の所有権移転登記が抹消され登記名義がAに復した。この場合CはAに対して甲土地の所有権移転登記を請求することはできない。イ.Aはその財産を隠匿するためその所有する甲土地をBに仮装譲渡しBに対する所有権移転登記を了した。その後AはBとの間で前記仮装譲渡を撤回する旨の合意書を交わしたが登記はB名義のままにしている間にBは仮装譲渡の事実を知らないCに対して甲土地を譲渡した。この場合AはAB間の甲土地譲渡の無効をCに対して主張できない。ウ.Aは自分が多額の債務を負っているように仮装するためBと通謀してBからAに対する金員の授受がないにもかかわらずBがAに対して1000万円を貸し付けたことを示す消費貸借契約書を作成した。事情を知らないBの債権者Cが前記のBのAに対する貸金債権につき債権差押えをした場合Aは消費貸借契約が無効であることを主張できない。エ.Bは信用を増すためにAからその所有する甲土地の仮装譲渡を受けAからBへの所有権移転登記を了しその登記簿をCに見せて融資を依頼した。CはBが真実甲土地を所有しており資力のある者と信じてBに対して1000万円を貸し付けたがその後BはAに対して登記名義を戻してしまった。この場合Cは甲土地がBの所有であることを主張できる。オ.AはBから取引上の信用を得るためにA所有の甲土地の名義を貸してほしいと頼まれ甲土地につき売買予約を仮装してBを権利者とする所有権移転請求権保全の仮登記手続をした。その後BはAの実印及び印鑑証明書を用いて前記仮登記に基づき自分に対する所有権移転の本登記手続をした上Cに甲土地を譲渡した。Cが登記名義人Bを甲土地の所有者と信じたが信じるにつき過失があったときはCは甲土地の所有権の取得をAに対して主張することはできない。1.アイ2.アエ3.イオ4.ウエ5.ウオ(配点:2)〔第8問〕次の1から5までの記述のうち正しいものはどれか(解答欄は)。[8]1.債権の客体は有体物ではないのに対し物権の客体は有体物に限られる。2.債権関係に基づく請求権は消滅時効にかかるが物権的請求権は消滅時効にかからない。3.1筆の土地に関して債権が登記を備えた物権に優先することはない。。41筆の土地の一部に関して債権関係が成立することはあっても物権が成立することはない5.物権には時効取得が認められるが債権には時効取得は認められない。(配点:2)〔第9問〕次の1から5までの事例のうち判例の見解によれば要素の錯誤とならないものはどれか解答。(欄は)[9]1.Aは知人のBから頼まれ借主はBだと思って100万円を貸し付けたが実は借主はCであった。2.AはBが所有する甲土地を1000万円で買うとの契約を締結した。しかしAが甲土地だと思っていたのは乙土地で実際の甲土地は乙土地より不便で日当たりの悪い土地であった。3.AはBから100馬力あるという中古のエンジンを買うとの契約を締結したが実際このエンジンは10馬力しかなかった。4.AはBからBの所有であると思って甲土地を賃借する契約を締結したが甲土地の所有者はCであった。.5AはBに対しCのBに対する債務を担保するつもりで自己の所有地に抵当権を設定したが実はDのBに対する債務を担保することになっていた。(配点:2)〔第問〕次のアからオまでの記述のうち判例の趣旨に照らし正しいものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.売買の目的物に隠れた瑕疵がある場合非商人間の売買においては買主に代金減額請求権はないが商人間の売買においては買主に代金減額請求権がある。イ.土地の売買の買主が土地の引渡しを受けてから20年後に当該土地の隠れた瑕疵を知ってそれから1年以内に売主に対して損害賠償請求をした場合売主は損害賠償請求権の消滅時効の抗弁を援用することができる。ウ.買主が売買の目的物に隠れた瑕疵があることを理由に売主に対して損害賠償請求をするには瑕疵があることを知った時から1年以内に訴えを提起しなければならない。エ.土地の売買契約に当たり坪当たり単価に土地面積を乗じて代金額を決定した場合実際の面積が契約時に用いた面積より大きいことが後日判明したときは実際の面積に応じて代金を精算する旨の契約当事者間の合意がなくても売主は買主に対して代金の増額を請求することができる。オ.建物とその敷地又は敷地の賃借権の売買において敷地に地盤が軟弱で不等沈下するという隠れた瑕疵があった場合建物と敷地の売買においては買主は売主に対して瑕疵担保責任を追及することができるが建物と敷地の賃借権の売買においては買主は売主に対して瑕疵担保責任を追及することはできない。1.アウ2.アオ3.イエ4.イオ5.ウエ(配点:2)〔第問〕。認知に関する次のアからエまでの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものは何個あるか(解答欄は)[]ア.未成年者が法定代理人の同意なくして認知をしたときはその認知は無効である。イ.認知届が認知者の意思に基づくことなくされたとしても認知者と被認知者との間に事実上の親子関係があるときはその認知は有効である。ウ.父は胎内にある子でもこれを認知することができるがその場合には家庭裁判所の許可を得なければならない。エ.妻以外の女性との間にもうけた子につき妻との間の嫡出子として出生の届出をし受理されたときはその届出は認知届としての効力を有する。1.1個2.2個3.3個4.4個5.誤っているものはない(配点:2)〔第問〕2005年1月AはBに建物建築資金を融資しBの所有する甲土地に根抵当権の設定を受け根抵当権設定登記を得た。その後Bは自分自身で建物を建築することを断念し甲土地を期間20年の約定でCに賃貸しCが甲土地上に乙建物を建築した。この事例に関する次のアからエまでの記述のうち正しいものはどれか(解答欄は)。[]ア.Aや甲土地の根抵当権が実行された場合の甲土地の買受人Dに対してCが甲土地の賃借権を対抗できる方法はない。イ.Aが甲土地の根抵当権の実行として甲土地と一緒に乙建物の競売を申し立てることはできない。ウ.Aが建物の建築を想定して甲土地に根抵当権の設定を受けた場合であっても法定地上権は成立しない。エ.AはCが乙建物を建築した時点以降はBのCに対する賃料債権につき甲土地に対する収益執行手続か抵当権に基づく物上代位手続のいずれかを自由に選択して優先権を主張することができる。1.ア2.イ3.ウ4.エ5.正しいものはない(配点:2)〔第問〕ABCの3名が共同で縫製機械を所有して縫製請負事業を行うため6:3:1の割合で金銭を出資して組合契約を締結して甲組合を結成し甲組合がDから縫製機械を分割払で購入して縫製請負事業を開始したこの事例に関する次の1から5までの記述のうち正しいものはどれか解。。(答欄は)[]1.甲組合がDに縫製機械の残代金を支払わない場合DはABCの出資割合の知不知にかかわらずABCの各自に対して均等の割合で残代金の支払を請求することができる。2.甲組合に対して縫製請負代金債務50万円を負うEがAに対して30万円の貸金債権を有する場合Eは両方の債権債務を相殺することができる。3.前記2の場合Aは甲組合のEに対する縫製請負代金債権のうちの30万円をもってEに対する借入金債務と相殺することができる。4.組合契約をもって業務執行組合員を定めなかったときは甲組合の業務執行はBとCの合意により決定することができる。5.Aが死亡した場合甲組合は当然に解散し清算される。(配点:2)〔第問〕次のアからオまでの記述のうち判例の趣旨に照らし正しいものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.被用者の重大な過失による失火によって生じた損害についてはその使用者は被用者の選任又は監督について重大な過失がなくても賠償責任を負う。イ.家屋の建築業者がその過失により隣家に損害を与えた場合において被害者が注文者に対して損害賠償を請求するためには注文者が注文又は指図について過失があったことを被害者が主張立証しなければならない。ウ.他人の飼い犬にかまれてけがを負った被害者が飼い主に対して損害賠償を請求するためには飼い主の過失を被害者が主張立証しなければならない。エ.建物の保存の瑕疵によって他人に損害を生じた場合建物の占有者及び所有者は損害の発生防止に必要な注意をなしたことを主張立証すれば免責される。オ.自動車損害賠償保障法に基づく自動車の運行供用者の損害賠償責任は無過失責任である。1.アイ2.アウ3.イエ4.ウオ5.エオ(配点:2)〔第問〕AはBに対し自己所有の土地を売却する代理権を与え代理人欄と委任事項欄が共に白紙の委任状を交付した。この事例に関する次の教授の質問に対する学生の1から5までの回答のうち誤っているものはどれか(解答欄は)。[]教授Bは白紙委任状の委任事項欄にBのCに対する債務を担保するためA所有の土地に抵当権を設定するとの内容を記入しCとの間で抵当権設定契約を締結しました。この場合相手方Cを保護することはできますか。1.学生アBにはA所有の土地を売却する代理権があったのですからこれを基本代理権として民法第110条により相手方Cを保護することができると思います。2.学生イ私はAはBに対し白紙委任状を交付することによりCに対して代理権授与表示をしたといえるから民法第109条により相手方Cを保護することができると考えます。教授ではBが本来その利用が予定されていないB’に白紙委任状を交付しB’が白紙委任状の代理人欄に自己の名を勝手に記入した上委任事項欄にB’のCに対する債務を担保するためA所有の土地に抵当権を設定するとの内容を記入しCとの間で抵当権設定契約を締結した場合はどうですか。3.学生イ白紙委任状の代理人欄だけを利用して委任事項についてはBに与えた代理権の範囲内であったのであれば民法第109条で保護できると思いますが本件では委任事項欄についても逸脱があるのでもはや第109条の代理権授与表示があったとはいえないと思います。4.学生アこの場合ももともとAは代理人に自己所有の土地を売却してもらおうと思っていたのですから民法第110条で保護すればよいと思います。5.学生ウ私は白紙委任状の交付によって民法第109条の代理権授与表示をしたと考え委任事項の範囲を超えたという点で民法第110条も重畳的に適用すればよいと思います。(配点:2)〔第問〕特定の動産以下甲というの取引に関する次のアからオまでの記述のうち判例の趣旨に(「」。)照らし正しいものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.甲について自己の所有権の取得原因事実を証明した者から返還請求を受けた占有者が即時取得を理由に請求を拒むためには自分が前主との有効な取引によって過失なく甲の占有を取得したことを抗弁として主張立証しなければならない。イ.占有者が質屋から買い受けた甲がその1年前に盗まれた品物であると判明した場合占有者が返還を請求する所有者に代価の弁償を求めるためには甲の即時の返還を拒む抗弁として代価弁償の請求をしておかなければならない。ウ.AはBに甲の所有権を譲渡したがしばらくの間Bのために甲を預かることにした。その後Aの債権者Cが甲をAの物であると過失なく信じて差し押さえた場合であってもBはCに甲の所有権の取得を主張できる。エ.BはAに対する債務の担保としてA所有の甲の所有権を取得するが引き続きAに甲の占有使用を認めることとした。その後Aはその間の事情を知らないCに対する債務の担保として甲の所有権をCに譲渡する契約を結んだ。Aが債務不履行に陥った後CがBの存在に気付いていち早く甲の現実の引渡しを受けたとしてもCはBに対して甲の所有権取得を主張できない。オ.AはBに甲の所有権を譲渡したが現実の引渡しも占有改定の合意もされなかった。その後AがCに甲を預けたとすると受寄者CはBの対抗要件の欠缺を主張してその返還請求を拒むことができる。1.アイ2.アオ3.イウ4.ウエ5.エオ(配点:2)〔第問〕[条件期限に関する次の1から5までの記述のうち誤っているものはどれか(解答欄は。)]1.AがBに100万円を貸し付け「Aが医師の資格を取得したときに返済するものとする」と。約した場合についてこの返済時期の約定は不確定期限といえる。2.AがBに100万円を贈与し「昨年死亡したCが生き返ったときは返還するものとする」と。の条件を付した場合この契約は無効である。3.AB間でBの仲介によりAC間で甲土地の売買契約が成立したらAがBに報酬を支払うと約した場合においてAが自らCよりも条件の良いDとの間で売買契約を成立させたとしてもAはBに対し報酬を支払わなくてもよい。4.売買代金100万円を1週間以内に支払うよう催告するとともに同時に1週間以内に100万円を支払わなかったときは売買契約を解除するとの意思表示をすることは許される。5.AがBに返済期限を定めて100万円を貸し付けた場合利息の定めがあるときでもBは返済期限前に弁済をすることができる。(配点:2)〔第問〕。()連帯債務に関する次の1から5までの記述のうち誤っているものはどれか解答欄は[]1.3人の連帯債務者が300万円の連帯債務を負っていて負担部分が平等の場合最初に30万円だけ弁済した者は他の連帯債務者に10万円ずつ求償することができる。2.数人がその一人又は全員のために債権者債務者双方にとっての商行為たる行為により債務を負担した場合には当事者が特約で排除しない限り連帯債務が成立する。3.連帯債務者の一人に対して履行の請求がされてもそれを知らない他の連帯債務者については時効は中断しない。4.連帯債務者ABのうちAが債権者から年利5%で金銭消費貸借をする合意をしていたところBが実際には6%で借入れをしてしまったという場合ABの連帯債務はそれぞれ異なる利率で成立する。5.債権者が300万円の連帯債務者ABのうちAのみを被告として300万円の支払を求める訴えを提起しさらに別訴でBを被告として300万円の支払を求める訴えを提起しても重複する訴えの提起の禁止に触れることはない。(配点:2)〔第問〕AはBとの間でその所有する自動車をBに100万円で売り代金はBがCに支払うとの合意をした。この事例に関する次のアからオまでの記述のうち正しいものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.AがBに自動車を引き渡したにもかかわらずBがCに代金を支払わない場合CはBに支払を催告した上売買契約を解除することができる。。イCが受益の意思表示をしたか否かを問わずAとBは売買契約を合意解除することはできないウ.CからBに対する代金の支払請求に対してBは自動車に瑕疵があることを理由とする損害賠償債権をもって相殺を主張することはできない。エ.Cが受益の意思表示をせずかつ無資力である場合Cの債権者DはCに代位して受益の意思表示をした上Cに代位してBに対して代金100万円の請求をすることができる。オ.Bが真実Aの自動車を買い受ける意思がないのにAと契約締結した場合Bの真意につきAが。善意無過失であってもCがBの真意を知っていればBは契約の無効を主張することができる1.アウ2.イエ3.ウオ4.エのみ5.エオ(配点:2)〔第問〕Aが失踪宣告を受け唯一の相続人である妻BがA所有の甲土地及び乙土地を相続した。Bは相続の1年後に甲土地を代金1000万円でCに売り渡して代金を受領し5年後には乙土地を代金2000万円でDに売り渡して代金を受領した。またBは失踪宣告後3年目にEと結婚した。失踪宣告後11年が経過し失踪宣告が取り消された。この事例に関する次のアからオまでの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.Aが失踪宣告時には生存しておりその3年後に死亡した事実が判明して失踪宣告が取り消された場合BC及びDがそれぞれの売買契約の当時Aの生存を知っていたとしてもCは甲土地をDは乙土地をAの相続人Bに返還する必要はない。イ.Aが現に生存しているとの理由で失踪宣告が取り消された場合前記各売買契約の当時B及びCはAの生存を知っていたがDがその事実を知らなかったときはCは甲土地をAに返還しなければならないがDは乙土地をAに返還する必要はない。ウ.Aが現に生存しているとの理由で失踪宣告が取り消され前記各売買契約の当時BはAの生存を知っていたがCはその事実を知らなかった場合においてCがBから甲土地の引き渡しを受けて平穏かつ公然に現在まで占有を継続しているときはCはAに対し甲土地を返還する必要はない。エ.Aが現に生存しているとの理由で失踪宣告が取り消された場合B及びEが婚姻時にAの生存を知っていたときはAB間の婚姻が復活しBE間の婚姻は当然無効となる。.オAが現に生存しているとの理由で失踪宣告が取り消された場合Bは前記各売買契約の当時Aの生存を知らなかったときはCから受領した代金のうち遊興費として費消した金額をAに返還する必要はない。1.アイ2.アウ3.イエ4.ウオ5.エオ(配点:2)〔第問〕供託に関する次のアからエまでの記述のうち正しいものはどれか(解答欄は)。[].。ア供託は債務消滅原因であるので債務者はいったん供託したものを取り戻すことはできない.イ供託金払渡処理の法律関係は公法関係であるから供託金の払渡請求権の消滅時効については民法の規定の適用が排除され会計法の規定による。ウ.債権全額についての二重差押えがあった場合にも債務者は供託することができるが供託をするかどうかは債務者の自由である。エ.供託は目的物の全部を供託することが必要であるので複数回の一部供託をして債務全額に達したとしても有効な供託とはみなされない。1.ア2.イ3.ウ4.エ5.正しいものはない(配点:2)〔第問〕遺留分減殺請求権に関する次のアからエまでの記述のうち誤っているものは何個あるか解答。(欄は)[]ア.贈与及び遺贈はその目的の価額の多いものから順に減殺しなければならない。イ.受贈者から贈与の目的物を譲り受けた者が減殺請求を受けた場合譲受時に遺留分権利者に損害を加えることを知っていたときはその価額を弁償しなければならない。ウ.受贈者はその返還すべき財産のほか贈与を受けた日以後の果実も返還しなければならない。エ.共同相続人の一人が遺留分を放棄した場合他の相続人の遺留分はそれだけ増加する。1.1個2.2個3.3個4.4個5.誤っているものはない(配点:2)〔第問〕債権者代位権に関する次の1から5までの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものはどれか(解答欄は)。[]1.債権者は債権者代位権行使のために必要な費用を支出したときはその費用の償還請求権を有する。2.債権者は自己の債権保全に必要な限度で債務者に代位して他の債権者に対する債務の消滅時効を援用することができる。3.債権者は債務者が自ら当該権利を行使している場合でもその方法が不誠実かつ不適当である場合には債権者代位権を行使することができる。4.建物賃借人はその賃借権を保全するため賃貸人たる建物所有者に代位して建物の不法占拠者に対してその明渡しを請求し直接自己に対して明け渡しを請求することができる。5.債権者代位訴訟の判決の既判力は債権者の勝訴敗訴にかかわらず債務者に及ぶ。(配点:2)〔第問〕売主Aと買主BはA所有の甲建物をBに代金3000万円で売る契約を締結しBからAに売買代金の内金として600万円を支払い残代金は1か月後に甲建物の所有権移転登記手続及び引渡しと引換えに支払うことを合意した。この事例に関する次のアからオまでの記述のうち正しいものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.BはAが契約の履行に着手する前であれば支払った内金600万円を放棄してAとの売買契約を解除することができる。イ.履行期日にBはAに残代金を提供したがAが正当な理由なく移転登記手続と建物引渡しに応じなかった。その後甲建物が落雷により焼失した場合Bは催告せずにAとの売買契約を解除することができる。ウ.履行期日にAもBも自らの債務の履行を提供することなく履行期日が徒過した場合Bの履行。遅滞を理由にAが売買契約を解除するためにはあらかじめBに対して2回催告する必要があるエ.履行期日にAが移転登記手続と引渡しの履行の提供をしたところBが残代金の提供をしなかったのでAがBに残代金の支払を催告した上解除の意思表示をしたがその前にBがCに対し。て甲建物を売る契約を締結していた場合Aは解除の効果をCに対して主張することができないオ.履行期日にAが移転登記手続と引渡しの履行の提供をしたがBが甲建物の適正な時価は2500万円である旨主張して残代金として1900万円の提供しかしなかった場合Aは催告をすることなくBとの売買契約を解除することができる。1.アエ2.イのみ3イウ4.ウエ5.オのみ(配点:2)〔第問〕子のない夫婦ABはCを養子にした。その当時Cには先妻との間にもうけた子Dがあった。その後CはEと再婚しEとの間に子Fをもうけた。なおAには母Gがいる。以上の事情の下でAC及びFの3人は一緒に旅行中に飛行機事故により死亡した。その死亡の先後は不明でありAは1500万円の遺産を残した。この事例におけるAの相続人の法定相続分について次の1から5までのうち正しいものはどれか(解答欄は)。[]1.B及びDがそれぞれ750万円2.Bが1000万円Dが500万円3.Bが750万円D及びEがそれぞれ375万円4.B及びGがそれぞれ750万円5.Bが1000万円Gが500万円(配点:2)〔第問〕AはBに対し自己所有の甲土地を売ったがこの売買はBの詐欺によるものであった。この事例に関する次のアからエまでの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものはどれか解答。(欄は)[]ア.AはAB間の売買を取り消すとの意思表示をしたがその前にBがCに対しこの土地を売った。CはBから所有権移転登記を受けていなくてもBC間の売買契約当時AB間の売買がBの詐欺によるものであることを知らなかったときはAに対し甲土地の所有権取得を主張できる。イアの場合において詐欺のためAに動機の錯誤がありそれが契約時に表示されていた場合はCは例えBC間の売買契約当時錯誤の事実を知らなかったとしてもAからの甲土地の返還請求を拒むことはできない。ウ.AはAB間の売買を取り消すとの意思表示をしたがその後にBがCに対しこの土地を売った。所有権移転登記がB名義のままである場合CはBから所有権移転登記を受けていなくてもAからの甲土地の返還請求を拒むことができる。エ.Aは詐欺であることに気付いた後にBに対し所有権移転登記をしたがその後にAB間の売買を取り消すとの意思表示をした。取消し前に詐欺の事実を知ってこの土地を買い受けたCはAからの甲土地の返還請求を拒むことはできない。1.ア2.イ3.ウ4.エ5.誤っているものはない(配点:2)〔第問〕AはBから甲土地を買って所有しているとして甲土地を占有しているCに対し所有権に基づき甲土地の返還請求訴訟を提起した同訴訟においてCは確かに自分は甲土地を占有して。「いるしかしAはDに甲土地を売り自分はDから甲土地を買ったと主張して争っているこ。。」。の事例に関する次の1から5までの記述のうち判例の趣旨に照らし正しいものはどれか。ただしすべての売買契約について代金支払と甲土地の引渡しはされているもの(売買契約の事実が証明されたときはこれらの事実も証明されたもの)とする(解答欄は)。[]1.CがAD間の売買の当時におけるAの甲土地の所有を認めていてもAは甲土地を所有していたBから甲土地を買ったことを証明できなければ所有権を証明したとはいえず敗訴する。2.AはCに所有権以外の占有権原がないことを主張立証しなければ敗訴する。3.A主張の甲土地の所有権取得が認められた場合CはAがDに甲土地を売った事実だけでなくCがDから甲土地を買った事実も証明できなければ敗訴する。4.A主張の甲土地の所有権取得が認められた場合CはAがDに甲土地を売った事実を主張立証するだけでなくDが対抗要件である所有権移転登記を備えた事実も主張立証しなければ敗訴する。5.AD間の売買DC間の売買が認められるがAがAD間の売買が虚偽表示であると主張しこれが認められた場合CはDC間の売買契約当時虚偽表示の事実を知らなかったことを主張立証すれば勝訴できる。(配点:2)〔第問〕AはBの代理人と称するC(30歳)との間でB所有の甲土地を買い受けるとの売買契約を締結したがBはCが無権代理であったと主張して争っている。この事例に関する次の1から5までの記述のうち判例の趣旨に照らし正しいものはどれか(解答欄は)。[]1.AがBに対し売買契約の履行を求める訴えを提起したところCの代理権の存在について真偽不明となった。この場合裁判所はAとBの代理人と称するCとの間で売買契約が締結されたことが証拠上認められればA勝訴の判決を言い渡す。2.AはBに対し相当の期間を定めその期間内に無権代理人Cのした売買契約を追認するか否か確答すべき旨の催告をしたがBはその期間内に確答をしなかった。この場合AはBに対し売買契約に基づき甲土地の所有権移転登記手続をするよう求めることができる。3.配偶者のいないBが死亡しBに子C及びDがいた場合Dが追認を拒絶していてもAはCに対し甲土地の共有持分2分の1について所有権移転登記手続を求めることができる。4.AにおいてCが無権代理人であることについて善意かつ無過失であればCに故意又は過失がなくてもCに対し甲土地の転売で得られたはずの利益の賠償を請求することができる。5.AはBに対しては売買契約の履行をCに対しては無権代理人の責任として損害賠償をそれぞれ求める訴えを提起するとともに同時審判の申出をした。第一回口頭弁論期日にBは出頭して争ったがCは答弁書等の書面を提出せずに欠席した場合裁判所はCに対する請求について弁論を分離して終結しA勝訴の判決を言い渡すことができる。(配点:2)〔第問〕登記請求権に関する次のアからオまでの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.未登記建物の買主であっても売主に対して移転登記の請求ができる。イ.通行地役権の承役地を譲り受けた者は未登記の通行地役権者に対して背信的悪意者に当たらない場合でも通行地役権の存在を否定できない場合がありこの場合には通行地役権者は地役権設定当事者ではないこの所有権者に対しても地役権設定登記を求めることができる。ウ.売買契約に基づき土地の所有権の移転登記を受けた買主はこの売買契約を解除した場合売主に移転登記の抹消登記を請求することができる。エ.不動産を買い受けた者は第三者の名義を勝手に使って売主からその第三者への移転登記を行った場合その後この登記名義人に対して真正な名義の回復を理由とする移転登記を請求することができない。オ.ABCと不動産が順次譲渡され三者間でBへの登記を省略してAからCに直接の移転登記手続を行うとの合意が存在すればBの債権者がBを代位して行ったAからBへの移転登記は無効である。1.アイ2.アエ3.イウ4.ウオ5.エオ(配点:2)〔第問〕次のアからオまでの記述のうち誤っているものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.借地上の建物の所有権を取得した第三者は借地借家法に基づく建物買取請求権を行使した場合買取代金支払まで建物の引渡しを拒むことができるが建物の使用を継続した期間に応じて建物賃料相当額の不当利得返還責任を負う。イ.給付判決確定後にそれと実体的法律関係の矛盾が判明したがそれが故意による判決効の詐取に該当しない場合には再審の訴えによらない限りその判決に基づき行われた給付について不当利得の返還は請求できない。ウ.AがBの財産を無権限でCに売却した場合Bが後にCに対してAの処分を追認してもAはBに対する不当利得返還責任を免れない。エ.混和によって混和物全体の所有権を得た者は所有権を失った原所有者に対して不当利得返還責任を負わない。オ.即時取得によって占有物の所有権を得た者は所有権を失った原所有者に対して不当利得返還責任を負わない。1.アウ2.アエ3.イエ4.イオ5.ウオ(配点:2)〔第問〕次のアからオまでの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.短期取得時効を主張する者はその不動産を自己の所有であると信じたことにつき無過失であったことの証明責任を負う。イ.土地の賃借人を相続しこの土地の占有権を取得した者は例え被相続人の占有が自主占有で。あると過失なく信じた場合であっても短期取得時効によりこの土地を取得することはできないウ.他人の不動産を自己の所有と過失なく信じたAが死亡してBがAを相続しさらにCがBを相続した場合その不動産が他人の所有であることをC自身が知っていてもABCの占有を通算して10年を超えればCは短期取得時効を主張することができる。エ.占有者が賃借権に基づき占有を取得した事実や外形的客観的に占有者が他人の所有権を排斥して占有する意思を有していなかったと解される事情が証明されれば20年以上占有が継続したとしても時効取得は認められない。オ.農地法第5条により都道府県知事若しくは農業委員会の許可がなければ所有権が移転しない転用目的の農地売買の場合には例え買主が代金を支払って引渡しを受け買い受けた農地の占有を続けても許可手続がとられていない以上その農地を時効により取得することはできない。1.アウ2.アオ3.イエ4.イオ5.ウエ(配点:2)〔第問〕。譲渡担保に関する次の1から5までの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものはどれか(解答欄は)[]1.譲渡担保権者が被担保債権の弁済期後に目的不動産を譲渡した場合譲渡担保を設定した債務者は譲受人がいわゆる背信的悪意者に当たるときでも債務を弁済して目的不動産を受け戻すことができない。2.担保権実行としての取立ての通知をするまでは譲渡した債権の取立権限を譲渡担保権設定者に付与する旨の債権譲渡担保契約も有効でありこのような取立権付与付の債権譲渡も通常の債権譲渡の対抗要件の方法で対抗力を備える。3.譲渡担保の目的となっている商品を譲渡担保権者の許諾を得て譲渡担保権設定者が第三者に譲渡した場合転売代金債権に対して譲渡担保権者の物上代位権を認めることはできない。4.債務を弁済しないときには被担保債務の代物弁済として債務者所有の不動産の所有権を債権者に確定的に帰属させる旨の合意があっても目的物の評価額若しくは処分額が被担保債権額を上回る場合には債権者に清算金支払義務が生じ債務者は債権者の目的物引渡請求に対して清算金の支払との同時履行を主張することができる。5.譲渡担保権を設定した会社について会社更生手続が開始されたときは譲渡担保権者は会社更生手続によって権利を行使すべきであり目的物の所有権を主張して取戻権を行使することはできない。(配点:2)〔第問〕Aは甲土地と甲土地上の未登記の乙建物を共にBとCに二重に売却する契約を結んだ。この事例に関する次のアからオまでの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.Bが既に甲土地と乙建物の引渡しを受けている場合には少なくとも乙建物の所有権は完全にBに移転しているのでCが善意であっても乙建物の所有権を取得することはできない。イBが既に甲土地について移転登記を得ている場合にはCは善意であっても甲土地はもとより甲土地上の乙建物の所有権も取得することができない。ウ.Bが乙建物について所有権保存登記を行ったがそれを知らないCが甲土地について所有権移転登記を行った場合CはBに対して建物収去土地明渡の請求ができるのが原則である。エ.甲土地乙建物の双方についてBCともに未登記である場合BがCに対し自己の所有権の確認を求める本訴を提起しCがBに対し甲土地や乙建物へ立ち入ってはならない旨の反訴を提起しお互いに相手方の所有権を争っているときは両方の訴えとも棄却される。オ.AB間の契約の定めに従えば甲土地についても乙建物についてもBに所有権がいまだ移転していない場合であっても所有権を取得したCは登記をしなければBに対して所有権の取得を主張することができない。1.アイ2.アウ3.イエ4.ウオ5.エオ(配点:2)〔第問〕Aは結婚式を挙げることになり衣裳仕立業者Bとの間で当日Aが着るためのウェディングドレスをBが製作し挙式の3日前までに完成してAに引き渡すことを目的とする請負契約を締結した。この事例に関する次のアからオまでの記述のうち正しいものを組み合わせたものは後記1から5までのうちどれか(解答欄は)。[]ア.ドレスの完成間際にBの作業所が隣家からの失火で延焼してドレスが滅失し挙式日までに新たに製作することが不可能な場合BはAに対して請負代金を請求することはできない。イ.前記アの場合Aが貸衣装業者から別のウェディングドレスを借りて挙式したときはその借賃相当額をBに請求することができる。ウ.Aが急きょ挙式を取りやめたときはAはBがドレスを完成させる前ならば契約を解除することができこの場合BはAに対してドレスの製作のために支出した実費のみを請求することができる。エ.AがBから引渡しを受けたドレスに修補可能な瑕疵があるときはAはまずBに修補を請求するべきであり直ちに修補に代わる損害賠償請求をすることはできない。オ.AがBから引渡しを受けたドレスに挙式日までに修補することが不可能な瑕疵がありAがこれを着て挙式することができない場合にはAはBとの契約を解除しさらに損害賠償を請求することができる。1.アエ2.アオ3.イウ4.イエ5.ウオ(配点:2)〔第問〕AはBと売買契約を結び目的物を引き渡して100万円の代金債権を得た。Aに売掛金債権を持つ債権者CはこのAのBに対する代金債権を差し押さえて取立訴訟を提起した。BはAに対して80万円の反対債権を有していたためこれをもって相殺することを主張したい。この事例に。(関する次の1から5までの記述のうち判例の趣旨に照らし誤っているものはどれか解答欄は)[]1.BはAに対して自己のAに対する80万円の反対債権とAの自己に対する100万円の代。金債権とを対当額で相殺する旨の意思表示をしたことを抗弁として主張することが必要である2.BはAに対する反対債権がCの差押えよりも先に発生していることを主張立証しなければならない。3.BはAに対する反対債権の弁済期がCの差押えよりも先に到来していることを主張立証しなければならない。4.BのAに対する反対債権が金額確定済みの不法行為の損害賠償債権である場合でもBの相殺の主張は許される。5.BのAに対する反対債権がBがAに対し別訴で現在訴求中のものであるときはこの反対債権を自働

用户评论(0)

0/200

精彩专题

上传我的资料

每篇奖励 +1积分

资料评分:

/29
0下载券 下载 加入VIP, 送下载券

意见
反馈

立即扫码关注

爱问共享资料微信公众号

返回
顶部

举报
资料