首页 父.pdf

父.pdf

父.pdf

上传者: 9113159zxd 2011-08-12 评分1 评论0 下载15 收藏0 阅读量218 暂无简介 简介 举报

简介:本文档为《父pdf》,可适用于外语学习领域,主题内容包含PDD図書館管理番号()はひらがなのルビ。<>はカタカナのルビ。読みの「'エ」は「ゑ」を示す。【】は。父芥川龍之介:作自分が中學の四年生だつた時の話符等。

PDD図書館管理番号()はひらがなのルビ。<>はカタカナのルビ。読みの「'エ」は「ゑ」を示す。【】は。父芥川龍之介:作自分が中學の四年生だつた時の話である。その年の秋、日光(ニツクワウ)から足尾(アシヲ)へかけて、三泊の修學旅行があつた。「午前六時三十分上野停車場前集合、同亓十分發車……」かう云ふ箇條が、學校から渡す騰寫版(トウシヤバン)の刷物(スリモノ)に書いてある。當日になると自分は、碌(ロク)に朝飯(アサメシ)も食はずに家をとび出した。電車でゆけば停車場まで二十分とはかからない。--さう思ひながらも、何となく心がせく。停留場の赤い柱の前に立つて、電車を待つてゐるうちも、氣が氣でない。生憎(アイニク)、空は曇つてゐる。方々の工場で鳴らす汽笛の音(ネ)が、鼠色(ネズミイロ)の水蒸氣をふるはせたら、それが皆霧雨(キリサメ)になつて、降つて來はしないかとも思はれる。その退屆な空の下で、高架(カウカ)鐵道を汽車が通る。被服廠(ヒフクシヤウ)へ通ふ荷馬車が通る。店の戸が一つづつ開(ア)く。自分のゐる停留場にも、もう二三人、人が立つた。それが皆、眠(ネ)の足りなさうな顏を、陰氣らしく片づけてゐる。寒い。--そこへ割引の電車が來た。こみ合つてゐる中を、やつと吊皮(ツリカハ)にぶらさがると、誰か後(ウシロ)から、自分の肩をたたく者がある。自分は慌(アワ)ててふり向いた。「お早う。」見ると、能勢(ノセ)亓十雄(イソヲ)であつた。矢張(ヤハリ)、自分のやうに、紺のヘルの制服を着て、外套(グワイタウ)を卷いて左の肩からかけて、麻のゲエトルをはいて、腰に辨當の包(ツツミ)やら水筒やらをぶらさげてゐる。能勢(ノセ)は、自分と同じ小學校を出て、同じ中學校へはいつた男である。これと云つて、得意な學科もなかつたが、その代りに、これと云つて、不得意なものもない。その癖、ちよいとした事には、器用な性質(タチ)で、流行唄(ハヤリウタ)と云ふやうなものは、一度聞くと、すぐに節を覺えてしまふ。さうして、修學旅行で宿屋へでも泊る晩なぞには、それを得意になって披露(ヒロウ)する。詩吟(シギン)、薩摩琵琶(サツマビハ)、落語、講談、聲色(コワイロ)、手品(テジナ)、何でも出來た。その上又、身ぶりとか、顏つきとかで、人を笑はせるのに獨特な妙を得てゐる。從(シタガツ)て級<クラス>の氣うけも、教員間の評判も惡くはない。尤(モツト)も自分とは、互に往來(ユキキ)はしてゐながら、さして親しいと云ふ間柄でもなかつた。「早いね、君も。」「僕は何時(イツ)も早いさ。」能勢(ノセ)はかう云ひながら、ちよいと小鼻をうごめかした。「でもこの間は遲刻したぜ。」「この間?」「國語の時間にさ。」「ああ、馬場(ババ)に叱(シカ)られた時か。あいつは弘法(コウボフ)にも筆のあやまりさ。」能勢は、教員の名前をよびすてにする癖があつた。「あの先生には、僕も叱られた。」「遲刻で?」「いいえ、本を忘れて。」「仁丹(ジンタン)は、いやにやかましいからな。」「仁丹」と云ふのは、能勢が馬場教諭につけた渾名(アダナ)である。--こんな話をしてゐる中に、停車場前へ來た。乘つた時と同じやうに、こみあつてゐる中をやつと電車から下りて停車場へはいると、時刻が早いので、まだ級<クラス>の連中は二三人しか集つてゐない。互に「お早う」の挨拶(アイサツ)を交換する。先を爭つて、待合室の木のベンチに、腰をかける。それから、何時ものやうに、勢よく饒舌(シヤベ)り出した。皆「僕」と云ふ代りに、「己(オレ)」と云ふのを得意にする年輩(ネンパイ)である。その自ら「己(オレ)」と稱する連中の口から、旅行の豫想、生徒同志の品隲(ヒンシツ)、教員の惡評などが盛(サカン)に出た。「泉(イヅミ)は【ちやくい】ぜ、あいつは教員用のチヨイスを持つてゐるもんだから、一度も下讀みなんぞした事はないんだとさ。」「平野(ヒラノ)はもつと【ちやくい】ぜ。あいつは試驗の時と云ふと、歴史の年代をみな爪(ツメ)へ書いて行くんだつて。」「さう云へぱ先生だつて【ちやくい】からな。」「【ちやくい】とも。本間(ホンマ)なんぞはreceiveのiとeと、どつちが先へ來るんだか、それさへ碌(ロク)に知らない癖に、教師用でいい加減にごま化(カ)しごま化し、教へてゐるぢやあないか。」どこまでも、【ちやくい】で持ちきるばかりで一つも、碌(ロク)な噂は出ない。すると、その中(ウチ)に能勢(ノセ)が、自分の隣のベンチに腰をかけて、新聞を讀んでゐた、職人らしい男の靴(クツ)を、パツキンレイだと批評した。これは當時、マツキンレイと云ふ新形の靴が流行(ハヤ)つたのに、この男の靴は、一體に光澤(ツヤ)を失つて、その上先の方がぱつくり口を開(ア)いてゐたからである。「パツキンレイはよかつた。」かう云つて、皆一時(イチドキ)に、失笑した。それから、自分たちは、いい氣になつて、この待合室に出入(シユツニフ)するいろいろな人間を物色しはじめた。さうして一々、それに、東京の中學生でなければ云へないやうな、生意氣(ナマイキ)な惡口(ワルクチ)を加へ出した。さう云ふ事にかけて、ひけをとるやうな、おとなしい生徒は、自分たちの中に一人もゐない。中でも能勢の形容が、一番辛辣(シンラツ)で、且(カツ)一番諧謔(カイギヤク)に富んでゐた。「能勢(ノセ)、能勢、あのお上さんを見ろよ。」「あいつは河豚(フグ)が孕(ハラ)んだやうな顏をしてゐるぜ。」「こつちの赤帽も、何かに似てゐるぜ。ねえ能勢。」「あいつはカロロ亓世さ。」しまひには、能勢(ノセ)が一人で、惡口を云ふ役目をひきうけるやうな事になつた。すると、その時、自分たちの一人は、時間表の前に立つて、細(コマカ)い數字をしらべてゐる妙な男を發見した。その男は羊羹色(ヤウカンイロ)の背廣を着て、體操に使ふ球竿(キウカン)のやうな細い脚を、鼠(ネズミ)の粗(アラ)い縞(シマ)のズボンに通してゐる。縁(フチ)の廣い昔風の黒い中折れの下から、半白(ハンパク)の毛がはみ出してゐる所を見ると、もう可成(カナリ)な年配らしい。その癖(クセ)頸(クビ)のまはりには、白と黒と格子縞(カウシジマ)の派手(ハデ)なハンケチをまきつけて、鞭(ムチ)かと思ふやうな、寒竹(カンチク)の長い杖をちよいと脇(ワキ)の下へはさんでゐる。服裝と云ひ、態度と云ひ、すべてが、パンチの插繪(サシ'エ)を切拔いて、そのままそれを、この停車場の人ごみの中へ、立たせたとしか思はれない。--自分たちの一人は、又新しく惡口の材料が出來たのをよろこぶやうに、肩でをかしさうに笑ひながら、能勢の手をひつぱつて、「おい、あいつはどうだい。」とかう云つた。そこで、自分たちは、皆その妙な男を見た。男は少し反(ソ)り身になりながら、チヨツキのボケツトから、紫の打紐(ウチヒモ)のついた大きなニツケルの懷中時計を出して、丹念(タンネン)にそれと時間表の數字とを見くらべてゐる。横顏だけ見て、自分はすぐに、それが能勢の父親だと云ふ事を知つた。しかし、そこにゐた自分たちの連中には、一人もそれを知つてゐる者がない。だから皆、能勢の口から、この滑稽(コツケイ)な人物を、適當に形容する語(コトバ)を聞かうとして、聞いた後(アト)の笑ひを用意しながら、面白さうに能勢の顏をながめてゐた。中學の四年生には、その時の能勢の心もちを推測(スイソク)する明(メイ)がない。自分は危く「あれは能勢の父<フアザア>だぜ。」と云はうとした。するとその時、「あいつかい。あいつはロンドン乞食(コジキ)さ。」かう云ふ能勢(ノセ)の聲がした。皆が一時にふき出したのは、云ふ迄もない。中にはわざわざ反(ソ)り身になつて、懷中時計を出しながら、能勢の父親の姿<スタイル>を眞似(マネ)て見る者さへある。自分は、思はず下を向いた。その時の能勢の顏を見るだけの勇氣が、自分には缺けてゐたからである。「そいつは適評(テキヒヤウ)だな。」「見ろ。見ろ。あの帽子を。」「日(ヒ)かげ町(チヤウ)か。」「日かげ町にだつてあるものか。」「ぢやあ博物館だ。」皆が又、面白さうに笑つた。曇天の停車場は、日の暮のやうにうす暗い。自分は、そのうす暗い中で、そつとそのロンドン乞食の方をすかして見た。すると、何時(イツ)の間にか、うす日がさし始めたと見えて、幅の狹い光の帶が高い天五の明り取りから、茫(バウ)と斜(ナナメ)にさしてゐる。能勢の父親は、丁度その光の帶の中にゐた。--周圍では、すべての物が動いてゐる。眼のとどく所でも、とどかない所でも動いてゐる。さうして又その運動が、聲とも昔ともつかないものになつて、この大きな建物の中を霧のやうに蔽(オホ)つてゐる。しかし能勢の父親だけは動かない。この現代と縁のない洋服を着た、この現代と縁のない老人は、めまぐるしく動く人間の洪水(コウズ'イ)の中に、これもやはり現代を超越した、黒の中折をあみだにかぶつて、紫の打紐(ウチヒモ)のついた懷中時計を右の掌(タナゴコロ)の上にのせながら、依然としてポンプの如く時間表の前に佇立(チヨリツ)してゐるのである……あとで、それとなく聞くと、その頃大學の葉局に通つてゐた能勢の父親は、能勢が自分たちと一しよに修學旅行に行く所を、出勤の途(ミチ)すがら見ようと思つて、自分の子には知らせずに、わざわざ停車場へ來たのださうである。能勢(ノセ)亓十雄(イソヲ)は、中學を卒業すると間もなく、肺結核(ハイケツカク)に罹(カカ)つて、物故した。その追悼式(ツ'イタウシキ)を、中學の圖書室(トシヨシツ)で擧げた時、制帽をかぶつた能勢の寫眞の前で悼辭(タウジ)を讀んだのは、自分である。「君、父母に孝に、」-‐自分はその悼辭の中に、かう云ふ句を入れた。(大正亓年三月)

职业精品

(汽车)产品营销策划书范文.doc

HH牙膏营销方案策划书.doc

加班管理人力资源考勤管理系统方案.doc

物品采购管理制度-正式.doc

用户评论

0/200
    暂无评论
上传我的资料

精彩专题

相关资料换一换

  • 父与子.pdf

  • 父与子上.pdf

  • 父与子下.pdf

  • 父与子.pdf

  • 《夸父》第二期.pdf

  • 父与子全集.pdf

  • 父与子.pdf

  • 天父与父亲.pdf

  • 父与子全集.pdf

  • 父与子.pdf

资料评价:

/ 5
所需积分:1 立即下载

意见
反馈

返回
顶部