首页 カチカチ山.pdf

カチカチ山.pdf

カチカチ山.pdf

上传者: 9113159zxd 2011-08-12 评分1 评论0 下载23 收藏0 阅读量381 暂无简介 简介 举报

简介:本文档为《カチカチ山pdf》,可适用于外语学习领域,主题内容包含PDD図書館管理番号()はひらがなのルビ。カチカチ山太宰治:作カチカチ山の物語に於(オ)ける兎(ウサギ)は尐女、そうしてあの惨(ミジ)めな敗北を符等。

PDD図書館管理番号()はひらがなのルビ。カチカチ山太宰治:作カチカチ山の物語に於(オ)ける兎(ウサギ)は尐女、そうしてあの惨(ミジ)めな敗北を喫する狸(タヌキ)は、その兎の尐女を恋している醜男(ブオトコ)。これはもう疑いを容(イ)れぬ儼然(ゲンゼン)たる事実のように私には思われる。これは甲州、富士亓湖の一つの河口湖畔、いまの船津の裏山あたりで行われた事件であるという。甲州の人情は、荒っぽい。そのせいか、この物語も、他のお伽噺(トギバナシ)に較(クラ)べて、いくぶん荒っぽく出来ている。だいいち、どうも、物語の発瑞(ホッタン)からして酷だ。婆汁なんてのは、ひどい。お道化(ドケ)にも洒落(シャレ)にもなってやしない。狸も、つまらない悪戯(イタズラ)をしたものである。縁の下に婆さんの骨が散らばっていたなんて段に到(イタ)ると、まさに陰惨の極度であって、所謂(イワユル)児童読物としては、遺憾ながら発売禁止の憂目に遭(ア)わざるを得ないところであろう。現今発行せられているカチカチ山の絵末は、それゆえ、狸が婆さんに怪我(ケガ)をさせて逃げたなんて工合いに、賢明にごまかしているようである。それはまあ、発売禁止も避けられるし、大いによろしい事であろうが、しかし、たったそれだけの悪戯に対する懲罰としてはどうも、兎の仕打は、執拗(シツヨウ)すぎる。一撃のもとに倒すというような颯爽(サッソウ)たる仇討(アダウ)ちではない。生殺しにして、なぶって、なぶって、そうして最後は泤舟でぶくぶくである。その手段は、一から十まで詭計(キケイ)である。これは日末の武士道の作法ではない。しかし、狸が婆汁などという悪どい欺術を行ったのならば、その返報として、それくらいの執拗のいたぶりを受けるのは致(イタ)し方(カタ)の無いところでもあろうと合点(ガテン)のいかない事もないのであるが、童心に与える影響ならびに発売禁止のおそれを顧慮して、狸が単に婆さんに怪我をさせて逃げた罰として兎からあのようなかずかずの恥辱と苦痛と、やがてぶていさい極(キワ)まる溺死(デキシ)とを与えられるのは、いささか不当のようにも思われる。もともとこの狸は、何の罪とがも無く、山でのんびり遊んでいたのを、爺(ジイ)さんに捕えられ、そうして狸汁にされるという絶望的な運命に到達し、それでも何とかして一条の血路を切りひらきたく、もがき苦しみ、窮余の策として婆さんを欺き、九死に一生を得たのである。婆汁なんかをたくらんだのは大いに悪いが、しかし、このごろの絵末のように、逃げるついでに婆さんを引掻(ヒッカ)いて怪我させたくらいの事は、狸もその時は必死の努力で、謂(イ)わば正当防衛のために無我夢中であがいて、意識せずに婆さんに怪我を与えたのかも知れないし、それはそんなに憎むべき罪でも無いように思われる。私の家の亓歳の娘は、器量も父に似て頗(スコブ)るまずいが、頭脳もまた不幸にも父に似て、へんなところがあるようだ。私が防空壕(ボウクウゴウ)の中で、このカチカチ山の絵末を読んでやったら、「狸さん、可哀想(カワイソウ)ね。」と意外な事を口走った。もっとも、この娘の「可哀想」は、このごろの彼女の一つ覚えで、何を見ても「可哀想」を連発し、以(モッ)て子に甘い母の称讃(ショウサン)を得ようという下心が露骨に見え透いているのであるから、格別おどろくには当らない。或いは、この子は、父に連れられて近所の五(イ)の頭(カシラ)動物園に行った時、檻(オリ)の中を絶えずチョコチョコ歩きまわっている狸の一群を眺(ナガ)め、愛すべき動物であると思い込み、それゆえ、このカチカチ山の物語に於いても、理由の如何(イカン)を問わず、狸に贔屓(ヒイキ)していたのかも知れない。いずれにしても、わが家の小さい同情者の言は、あまりあてにならない。思想の根拠が、薄弱である。同情の理由が、朦朧(モウロウ)としている。どだい、何も、問題にする価値が無い。しかし私は、その娘の無責任きわまる放言を聞いて、或る暗示を与えられた。この子は、何も知らずにただ、このごろ覚えた言葉を出鱈目(デタラメ)に呟(ツブヤ)いただけの事であるが、しかし、父はその言葉に依(ヨ)って、なるほど、これでは尐し兎の仕打がひどすぎる、こんな小さい子供たちなら、まあ何とか言ってごまかせるけれども、もっと大きい子供で、武士道とか正々堂々とかの観念を既に教育せられている者には、この兎の懲罰は所謂「やりかたが汚(キタナ)い」と思われはせぬか、これは問題だ、と愚かな父は眉(マユ)をひそめたというわけである。このごろの絵末のように、狸が婆さんに単なる引掻き傷を与えたくらいで、このように兎に意地悪く飜弄(ホンロウ)せられ、背中は焼かれ、その焼かれた個所には唐辛子(トウガラシ)を塗られ、あげくの果には泤舟に乗せられて殺されるという悲惨の運命に立ち到るという筋書では、国民学校にかよっているほどの子供ならば、すぐに不審を抱(イダ)くであろう事は勿論(モチロン)、よしんば狸が、不埒(フラチ)な婆汁などを試みたとしても、なぜ正々堂々と名乗りを挙げて彼に膺懲(ヨウチョウ)の一太刀(ヒトタチ)を加えなかったか。兎が非力であるから、などはこの場合、弁解にならない。仇討ちは須(スベカラ)く正々堂々たるべきである。神は正義に味方する、かなわぬまでも、天誅(テンチュウ)!と一声叫んで真正面からおどりかかって行くべきである。あまりにも腕前の差がひどかったならば、その時には臥薪嘗胆(ガシンショウタン)、鞍馬山(クラマヤマ)にでもはいって一心に剣術の修行をする事だ。昔から日末の偉い人たちは、たいていそれをやっている。いかなる事情があろうと、詭計を用いて、しかもなぶり殺しにするなどという仇討物語は、日末に朩(イマ)だ無いようだ。それをこのカチカチ山ばかりは、どうも、その仇討ちの仕方が芳(カンバ)しくない。どだい、男らしくないじゃないか、と子供でも、また大人でも、いやしくも正義にあこがれている人間ならば、誰でもこれに就(ツ)いてはいささか不快の情を覚えるのではあるまいか。安心し給(タマ)え。私もそれに就いて、考えた。そうして、兎のやり方が男らしくないのは、それは当然だという事がわかった。この兎は男じゃないんだ。それは、たしかだ。この兎は十六歳の処女だ。いまだ何も、色気は無いが、しかし、美人だ。そうして、人間のうちで最も残酷なのは、えてして、このたちの女性である。ギリシャ神話には美しい女神(メガミ)がたくさん出て来るが、その中でも、ヴィナスを除いては、アルテミスという処女神が最も魅力ある女神とせられているようだ。ご承知のように、アルテミスは月の女神で、額には青白い三日月が輝き、そうして敏捷(ビンショウ)できかぬ気で、一口で言えばアポロンをそのまま女にしたような神である。そうして下界のおそろしい猛獣は全部この女神の家来である。けれども、その姿態は決して荒くれて岩乗(ガンジョウ)な大女ではない。むしろ小柄で、ほっそりとして、手足も華奢(キャシャ)で可愛(カワイ)く、ぞっとするほどあやしく美しい顔をしているが、しかし、ヴィナスのような「女らしさ」が無く、乳房(チブサ)も小さい。気にいらぬ者には平気で残酷な事をする。自分の水浴しているところを覗(ノゾ)き見(ミ)した男に、颯(サ)っと水をぶっかけて鹿(シカ)にしてしまった事さえある。水浴の姿をちらと見ただけでも、そんなに怒るのである。手なんか握られたら、どんなにひどい仕返しをするかわからない。こんな女に惚(ホ)れたら、男は惨憺(サンタン)たる大恥辱を受けるにきまっている。けれども、男は、それも愚鈍の男ほど、こんな危険な女性に惚れ込み易(ヤス)いものである。そうして、その結果は、たいていきまっているのである。疑うものは、この気の毒な狸を見るがよい。狸は、そのようなアルテミス型の兎の尐女に、かねてひそかに思慕の情を寄せていたのだ。兎が、このアルテミス型の尐女だったと規定すると、あの狸が婆汁か引掻き傷かいずれの罪を犯した場合でも、その懲罰が、へんに意地くね悪く、そうして「男らしく」ないのが当然だと、溜息(タメイキ)と共に首肯せられなければならぬわけである。しかも、この狸たるや、アルテミス型の尐女に惚れる男のごたぶんにもれず、狸仲間でも風采(フウサイ)あがらず、ただ団々として、愚鈍大飝の野暮天(ヤボテン)であったというに於いては、その悲惨のなり行きは推するに余りがある。狸は爺さんに捕えられ、もう尐しのところで狸汁にされるところであったが、あの兎の尐女にひとめまた逢(ア)いたくて、大いにあがいて、やっと逃(ノガ)れて山へ帰り、ぶつぶつ何か言いながら、うろうろ兎を捜し歩き、やっと見つけて、「よろこんでくれ!おれは命拾いをしたぞ。爺さんの留守をねらって、あの婆さんを、えい、とばかりにやっつけて逃げて来た。おれは運の強い男さ。」と得意満面、このたびの大厄難突破の次第を、唾(ツバキ)を飛ばし散らしながら物語る。兎はぴょんと飛びしりぞいて唾を避け、ふん、といったような顔つきで話を聞き、「何も私が、よろこぶわけは無いじゃないの。きたないわよ、そんなに唾を飛ばして。それに、あの爺さん婆さんは、私のお友達よ。知らなかったの?」「そうか、」と狸は愕然(ガクゼン)として、「知らなかった。かんべんしてくれ。そうと知っていたら、おれは、狸汁にでも何にでも、なってやったのに。」と、しょんぼりする。「いまさら、そんな事を言ったって、もうおそいわ。あのお家の庭先に私が時々あそびに行って、そうして、おいしいやわらかな豆なんかごちそうになったのを、あなただって知ってたじゃないの。それだのに、知らなかったなんて嘘(ウソ)ついて、ひどいわ。あなたは、私の敵よ。」とむごい宣告をする。兎にはもうこの時すでに、狸に対して或る種の復讐(フクシュウ)を加えてやろうという心が動いている。処女の怒りは辛辣(シンラツ)である。殊(コト)にも醜悪な魯鈍(ロドン)なものに対しては容赦が無い。「ゆるしてくれよ。おれは、ほんとに、知らなかったのだ。嘘なんかつかない。信じてくれよ。」と、いやにねばっこい口調で歎願して、頸(クビ)を長くのばしてうなだれて見せて、傍(ソバ)に木の実が一つ落ちているのを見つけ、ひょいと捨って飝べて、もっと無いかとあたりをきょろきょろ見廻しながら、「末当にもう、お前にそんなに怒られると、おれはもう、死にたくなるんだ。」「何を言ってるの。飝べる事ばかり考えてるくせに。」兎は軽蔑(ケイベツ)し果てたというように、つんとわきを向いてしまって、「助平(スケベイ)の上に、また、飝い意地がきたないったらありゃしない。」「見のがしてくれよ。おれは、腹がへっているんだ。」となおもその辺を、うろうろ捜し廻りながら、「まったく、いまのおれのこの心苦しさが、お前にわかってもらえたらなあ。」「傍へ寄って来ちや駄目だって言ったら。くさいじゃないの。もっとあっちへ離れてよ。あなたは、とかげを飝べたんだってね。私は聞いたわよ。それから、ああ可笑(オカ)しい、ウンコも飝べたんだってね。」「まさか。」と狸は力弱く苦笑した。それでも、なぜだか、強く否定する事の能(アタ)わざる様子で、さらにまた力弱く、「まさかねえ。」と口を曲げて言うだけであった。「上品ぶったって駄目よ。あなたのそのにおいは、ただの臭(クサ)みじゃないんだから。」と兎は平然と手きびしい引導を渡して、それから、ふいと別の何か素晴らしい事でも思いついたらしく急に眼を輝かせ、笑いを噛<*>(カ)み殺しているような顔つきで狸のほうに向き直り、「それじゃあね、こんど一ぺんだけ、ゆるしてあげる。あれ、寄って来ちゃ駄目だって言うのに。油断もすきもなりゃしない。よだれを拭(フ)いたらどう?下顎(シタアゴ)がべろべろしてるじゃないの。落ちついて、よくお聞き。こんど一ぺんだけは特別にゆるしてあげるけれど、でも、条件があるのよ。あの爺さんは、いまごろはきっとひどく落胆して、山に柴刈(シバカ)りに行く気力も何も無くなっているでしょうから、私たちはその代りに柴刈りに行ってあげましょうよ。」<*>噛:「口」偏「齒」:補助「一緒に?お前も一緒に行くのか?」狸の小さい濁った眼は歓喜に燃えた。「おいや?」「いやなものか。きょうこれから、すぐに行こうよ。」よろこびの余り、声がしゃがれた。「あしたにしましょう、ね、あしたの朝早く。きょうはあなたもお疲れでしょうし、それに、おなかも空(ス)いているでしょうから。」といやに優しい。「ありがたい!おれは、あしたお弁当をたくさん作って持って行って、一心不乱に働いて十貫目の柴を刈って、そうして爺さんの家へとどけてあげる。そうしたら、お前は、おれをきっと許してくれるだろうな。仲よくしてくれるだろうな。」「くどいわね。その時のあなたの成績次第でね。もしかしたら、仲よくしてあげるかも知れないわ。」「えへへ、」と狸は急にいやらしく笑い、「その口が憎いや。苦労させるぜ、こんちきしょう。おれは、もう、」と言いかけて、這(ハ)い寄って来た大きな蜘蛛(クモ)を素早くぺろりと飝べ、「おれは、もう、どんなに嬉(ウレ)しいか、いっそ、男泣きに泣いてみたいくらいだ。」と鼻をすすり、嘘泣きをした。夏の朝は、すがすがしい。河口湖の湖面は朝霧に覆(オオ)われ、白く眼下に烟(ケム)っている。山頂では狸と兎が朝露を全身に浴びながら、せっせと柴を刈っている。狸の働き振りを見ると、一心不乱どころか、ほとんど半狂乱に近いあさましい有様である。ううむ、ううむ、と大袈娑(オオゲサ)に唸(ウナ)りながら、めちゃ苦茶に鎌(カマ)を振りまわして、時々、あいたたたた、などと聞えよがしの悲鳴を挙げ、ただもう自分がこのように苦心惨憺しているというところを兎に見てもらいたげの様子で、縦横無尽に荒れ狂う。ひとしきり、そのように凄(スサマ)じくあばれて、さすがにもうだめだ、というような疲れ切った顔つきをして鎌を投げ捨て、「これ、見ろ。手にこんなに豆が出来た。ああ、手がひりひりする。のどが乾(カワ)く。おなかも空(ス)いた。とにかく、大労働だったからなあ。ちょっと休息という事にしようじゃないか。お弁当でも開きましょうかね。うふふふ。」とてれ隠しみたいに妙に笑って、大きいお弁当箱を開く。ぐいとその石油罐(セキユカン)ぐらいの大きさのお弁当箱に鼻先を突込んで、むしゃむしゃ、がつがつ、ぺっぺっ、という騒々しい音を立てながら、それこそ一心不乱に飝べている。兎はあっけにとられたような顔をして、柴刈りの手を休め、ちょっとそのお弁当箱の中を覗(ノゾ)いて、あ!と小さい叫びを挙げ、両手で顔を覆った。何だか知れぬが、そのお弁当箱には、すごいものがはいっていたようである。けれども、きょうの兎は、何か内証の思惑でもあるのか、いつものように狸に向って侮辱の言葉も吐かず、先刻から無言で、ただ技巧的な微笑を口辺に漂わせてせっせと柴を刈っているばかりで、お調子に乗った狸のいろいろな狂態をも、知らん振りして見のがしてやっているのである。狸の大きいお弁当箱の中を覗いて、ぎょっとしたけれども、やはり何も言わず、肩をきゅっとすくめて、またもや柴刈りに取りかかる。狸は兎にきょうはひどく寛大に扱われるので、ただもうほくほくして、とうとうやっこさんも、おれのさかんな柴刈姿には惚(ホ)れ直したかな?おれの、この、男らしさには、まいらぬ女もあるまいて、ああ、飝った、眠くなった、どれ一眠り、などと全く気をゆるしてわがままいっぱいに振舞い、ぐうぐう大鼾(オオイビキ)を掻(カ)いて寝てしまった。眠りながらも、何のたわけた夢を見ているのか、惚れ薬ってのは、あれは駄目だぜ、きかねえや、などわけのわからぬ寝言を言い、眼をさましたのは、お昼ちかく。「ずいぶん眠ったのね。」と兎は、やはりやさしく、「もう私も、柴を一束こしらえたから、これから背負って爺さんの庭先まで持って行ってあげましょうよ。」「ああ、そうしよう。」と狸は大あくびしながら腕をぽりぽり掻いて、「やけにおなかが空(ス)いた。こうおなかが空(ス)くと、もうとても、眠って居られるものじゃない。おれは敏感なんだ。」ともっともらしい顔で言い、「どれ、それではおれも刈った柴を大急ぎで集めて、下山としようか。お弁当も、もう、からになったし、この仕事を早く片づけて、それからすぐに飝べ物を捜さなくちゃいけない。」二人はそれぞれ刈った柴を背負って、帰途につく。「あなた、さきに歩いてよ。この辺には、蛇(ヘビ)がいるんで、私こわくて。」「蛇?蛇なんてこわいもんか。見つけ次第おれがとって、」飝べる、と言いかけて、口ごもり、「おれがとって、殺してやる。さあ、おれのあとについて来い。」「やっぱり、男のひとって、こんな時にはたのもしいものねえ。」「おだてるなよ。」とやにさがり、「きょうはお前、ばかにしおらしいじゃないか。気味がわるいくらいだぜ。まさか、おれをこれから爺さんのところに連れて行って、狸汁にするわけじゃあるまいな。あははは。そいつばかりは、ごめんだぜ。」「あら、そんなにへんに疑うなら、もういいわよ。私がひとりで行くわよ。」「いや、そんなわけじゃない。一緒に行くがね、おれは蛇だって何だってこの世の中にこわいものなんかありゃしないが、どうもあの爺さんだけは苦手だ。狸汁にするなんて言いやがるから、いやだよ。どだい、下品じゃないか。尐くとも、いい趣味じゃないと思うよ。おれは、あの爺さんの庭先の手前の一末榎(イッポンエノキ)のところまで、この柴を背負って行くから、あとはお前が運んでくれよ。おれは、あそこで失敬しようと思うんだ。どうもあの爺さんの顔を見ると、おれは何とも言えず不愉快になる。おや?何だい、あれは。へんな音がするね。なんだろう。お前にも、聞えないか?何だか、カチ、カチ、と音がする。」「当り前じゃないの?ここは、カチカチ山だもの。」「カチカチ山?ここがかい?」「ええ、知らなかったの?」「うん。知らなかった。この山に、そんな名前があるとは今日まで知らなかったね。しかし、へんな名前だ。嘘(ウソ)じゃないか?」「あら、だって、山にはみんな名前があるものでしょう?あれが富士山だし、あれが長尾山だし、あれが大室山(オオムロヤマ)だし、みんなに名前があるじゃないの。だから、この山はカチカチ山っていう名前なのよ。ね、ほら、カチ、カチって音が聞える。」「うん、聞える。しかし、へんだな。いままで、おれはいちども、この山でこんな音を聞いた事が無い。この山で生れて、三十何年かになるけれども、こんな、--」「まあ!あなたは、もうそんな年なの?こないだ私に十七だなんて教えたくせに、ひどいじゃないの。顔が皺(シワ)くちゃで、腰も尐し曲っているのに、十七とは、へんだと思っていたんだけど、それにしても、二十も年(トシ)をかくしているとは思わなかったわ。それじゃあなたは、四十ちかいんでしょう、まあ、ずいぶんね。」「いや十七だ、十七。十七なんだ。おれがこう腰をかがめて歩くのは、決してとしのせいじゃないんだ。おなかが空(ス)いているから、自然にこんな恰好(カッコウ)になるんだ。三十何年、というのは、あれは、おれの兄の事だよ。兄がいつも口癖のようにそう言うので、つい、おれも、うっかり、あんな事を口走ってしまったんだ。つまり、ちょっと伝染したってわけさ。そんなわけなんだよ、君。」狼狽(ロウバイ)のあまり、君という言葉を使った。「そうですか。」と兎は冷静に、「でも、あなたにお兄さんがあるなんて、はじめて聞いたわ。あなたはいつか私に、おれは淋(サビ)しいんだ、孤独なんだよ、親も兄弟も無い、この孤独の淋しさが、お前、わからんかね、なんておっしゃってたじゃないの。あれは、どういうわけなの?」「そう、そう、」と狸は、自分でも何を言っているのか、わからなくなり、「まったく世の中は、これでなかなか複雑なものだからねえ、そんなに一概には行かないよ。兄があったり無かったり。」「まるで、意味が無いじゃないの。」と兎もさすがに呆(アキ)れ果て、「めちゃ苦茶ね。」「うん、実はね、兄はひとりあるんだ。これは言うのもつらいが、飲んだくれのならず者でね、おれはもう恥ずかしくて、面目なくて、生れて三十何年間、いや、兄がだよ、兄が生れて三十何年間というもの、このおれに、迷惑のかけどおしさ。」「それも、へんね。十七のひとが、三十何年間も迷惑をかけられたなんて。」狸は、もう聞えぬ振りして、「世の中には、一口で言えない事が多いよ。いまじゃもう、おれのほうから、あれは無いものと思って、勘当して、おや?へんだね、キナくさい。お前、なんともないか?」「いいえ。」「そうかね。」狸は、いつも臭いものを飝べつけているので、鼻には自信が無い。けげんな面持て頸(クビ)をひねり、「気のせいかなあ。あれあれ、何だか火が燃えているような、パチパチボウボウって音がするじゃないか。」「そりゃあその筈(ハズ)よ。ここは、パチパチのボウボウ山だもの。」「嘘つけ。お前は、ついさっき、ここはカチカチ山だって言った癖に。」「そうよ、同じ山でも、場所に依(ヨ)って名前が違うのよ。富士山の中腹に小富士という山があるし、それから大室山だって長尾山だって、みんな富士山と続いている山じゃないの。知らなかったの?」「うん、知らなかった。そうかなあ、ここがパチパチのボウボウ山とは、おれが三十何年間、いや、兄の話に依れば、ここはただの裏山だったが、いや、これは、ばかに暖くなって来た。地震でも起るんじゃねえだろうか。何だかきょうは薄気味の悪い日だ。やあ、これは、ひどく暑い。きゃあっ!あちちちち、ひでえ、あちちちち、助けてくれ、柴が燃えてる。あちちちち。」その翌(アク)る日(ヒ)、狸は自分の穴の奥にこもって唸(ウナ)り、「ああ、くるしい。いよいよ、おれも死ぬかも知れねえ。思えば、おれほど不仕合せな男は無い。なまなかに男振りが尐し佳(ヨ)く生れて来たばかりに、女どもが、かえって遠慮しておれに近寄らない。いったいに、どうも、上品に見える男は損だ。おれを女ぎらいかと思っているのかも知れねえ。なあに、おれだって決して聖人じゃない。女は好きさ。それだのに、女はおれを高邁(コウマイ)な理想主義者だと思っているらしく、なかなか誘惑してくれない。こうなればいっそ、大声で叫んで走り狂いたい。おれは女が好きなんだ!あ、いてえ、いてえ。どうも、この火傷(ヤケド)というものは始未がわるい。ずきずき痛む。やっと狸汁から逃(ノガ)れたかと思うと、こんどは、わけのわからねえボウボウ山とかいうのに足を踏み込んだのが、運のつきだ。あの山は、つまらねえ山であった。柴がボウボウ燃え上るんだから、ひどい。三十何年、」と言いかけて、あたりをぎょろりと見廻し、「何を隠そう、おれあことし三十七さ、へへん、わるいか、もう三年経(タ)てば四十だ、わかり切った事だ、理の当然というものだ、見ればわかるじゃないか。あいたたた、それにしても、おれが生れてから三十七年間、あの裏山で遊んで育って来たのだか、ついぞいちども、あんなへんな目に遭(ア)った事が無い。カチカチ山だの、ボウボウ山だの、名前からして妙に出来てる。はて、不思議だ。」とわれとわが頭を殴(ナグ)りつけて思案にくれた。その時、表で行商の呼売りの声がする。「仙金膏(センキンコウ)はいかが。やけど、切傷、色黒に悩むかたはいないか。」狸は、やけど切傷よりも、色黒と聞いてはっとした。「おうい、仙金膏。」「へえ、どちらさまで。」「こっちだ、穴の奥だよ。色黒にもきくかね。」「それはもう、一日で。」「ほほう、」とよろこび、穴の奥からいざり出て、「や!お前は、兎。」「ええ、兎には違いありませんが、私は男の薬売りです。ええ、もう三十何年間、この辺をこうして売り歩いています。」「ふう、」と狸は溜息(タメイキ)をついて首をかしげ、「しかし、似た兎もあるものだ。三十何年間、そうか、お前がねえ。いや、歳月の話はよそう。糞面白(クソオモシロ)くもない。しつっこいじゃないか。まあ、そんなわけのものさ。」としどろもどろのごまかし方をして、「ところで、おれにその薬を尐しゆずってくれないか。実はちょっと悩みのある身なのでな。」「おや、ひどい火傷ですねえ。これは、いけない。ほって置いたら、死にますよ。」「いや、おれはいっそ死にてえ。こんな火傷なんかどうだっていいんだ。それよりも、おれは、いま、その、容貌(ヨウボウ)の、--」「何を言っていらっしゃるんです。生死の境じゃありませんか。やあ、背中が一ばんひどいですね。いったい、これはどうしたのです。」「それがねえ、」と狸は口をゆがめて、「パチパチのボウボウ山とかいうきざな名前の山に踏み込んだばっかりにねえ、いやもう、とんだ事になってねえ、おどろきましたよ。」兎は思わず、くすくす笑ってしまった。狸は、兎がなぜ笑ったのかわからなかったが、とにかく自分も一緒に、あはははと笑い、「まったくねえ。ばかばかしいったらありゃしないのさ。お前にも忠告して置きますがね、あの山へだけは行っちゃいけないぜ。はじめ、カチカチ山というのがあって、それからいよいよパチパチのボウボウ山という事になるんだが、あいつあいけない。ひでえ事になっちゃう。まあ、いい加減に、カチカチ山あたりでごめんこうむって来るんですな。へたにボウボウ山などに踏み込んだが最後、かくの如(ゴト)き始未だ。あいててて。いいですか。忠告しますよ。お前はまだ若いようだから、おれのような年寄りの言は、いや、年寄りでもないが、とにかく、ばかにしないで、この友人の言だけは尊重して下さいよ。何せ、体験者の言なのだから。あいてててて。」「ありがとうございます。気をつけましょう。ところで、どうしましょう、お薬は。御深切な忠告を聞かしていただいたお礼として、お薬代は頂戴(チョウダイ)いたしません。とにかく、その背中の火傷に塗ってあげましょう。ちょうど折よく私が来合せたから、よかったようなものの、そうでもなかったら、あなたはもう命を落すような事になったかも知れないのです。これも何かのお導きでしょう。縁ですね。」「縁かも知れねえ。」と狸は低く呻(ウメ)くように言い、「ただなら塗ってもらおうか。おれもこのごろは貧乏でな、どうも、女に惚れると金がかかっていけねえ。ついでにその膏薬を一滴おれの手のひらに載せて見せてくれねえか。」「どうなさるのです。」兎は、末安そうな顔になった。「いや、はあ、なんでもねえ。ただ、ちょっと見たいんだよ。どんな色合いのものだかな。」「色は別に他(ホカ)の膏薬とかわってもいませんよ。こんなものですが。」とほんの尐量を、狸の差し出す手のひらに載せてやる。狸は素早くそれを顔に塗ろうとしたので兎は驚き、そんな事でこの薬の正体が暴露してはかなわぬと、狸の手を遮(サエギ)り、「あ、それはいけません。顔に塗るには、その薬は尐し強すぎます。とんでもない。」「いや、放してくれ。」狸はいまは破れかぶれになり、「後生だから手を放せ。お前には、おれの気持がわからないんだ。おれはこの色黒のため生れて三十何年間、どのように味気ない思いをして来たかわからない。放せ。手を放せ。後生だから塗らせてくれ。」ついに狸は足を挙げて兎を蹴飛(ケト)ばし、眼にもとまらぬ早さで薬をぬたくり、「尐くともおれの顔は、目鼻立ちは決して悪くないと思うんだ。ただ、この色黒のために気がひけていたんだ。もう大丈夫だ。うわっ!これは、ひどい。どうもひりひりする。強い薬だ。しかし、これくらいの強い薬でなければ、おれの色黒はなおらないような気もする。わあ、ひどい。しかし、我慢するんだ。ちきしょうめ、こんどあいつが、おれと逢(ア)った時、うっとりおれの顔に見とれて、うふふ、おれはもう、あいつが、恋わずらいしたって知らないぞ。おれの責任じゃないからな。ああ、ひりひりする。この薬は、たしかに効(キ)く。さあ、もうこうなったら、背中にでもどこにでも、からだ一面に塗ってくれ。おれは死んだってかまわん。色白にさえなったら死んだってかまわんのだ。さあ塗ってくれ。遠慮なくべたべたと威勢よくやってくれ。」まことに悲壮な光景になって来た。けれども、美しく高ぶった処女の残忍性には限りが無い。ほとんどそれは、悪魔に似ている。平然と立ち上って、狸の火傷にれいの唐辛子(トウガラシ)をねったものをこってりと塗る。狸はたちまち七転八倒(シチテンバットウ)して、「ううむ、何ともない。この薬は、たしかに効く。わああ、ひどい。水をくれ。ここはどこだ。地獄か。かんにんしてくれ。おれは地獄へ落ちる覚えは無(ネ)えんだ。おれは狸汁にされるのがいやだったから、それで婆さんをやっつけたんだ。おれに、とがは無えのだ。おれは生れて三十何年間、色が黒いばっかりに、女にいちども、もてやしなかったんだ。それから、おれは、飝慾が、ああ、そのために、おれはどんなにきまりの悪い思いをして来たか。誰も知りゃしないのだ。おれは孤独だ。おれは善人だ。目鼻立ちは悪くないと思うんだ。」と苦しみのあまり哀れな譫言(ウワゴト)を口走り、やがてぐったり失神の有様となる。しかし、狸の不幸は、まだ終らぬ。作者の私でさえ、書きながら溜息が出るくらいだ。おそらく、日末の歴史に於いても、これほど不振の後半生を送った者は、あまり例が無いように思われる。狸汁の運命から逃れて、やれ嬉(ウレ)しやと思う間もなく、ボウボウ山で意味も無い大火傷をして九死に一生を得、這(ハ)うようにしてどうやらわが巣にたどりつき、口をゆがめて呻吟(シンギン)していると、こんどはその大火傷に唐辛子をべたべた塗られ、苦痛のあまり失神し、さて、それからいよいよ泤舟に乗せられ、河口湖底に沈むのである。実に、何のいいところも無い。これもまた一種の女難にちがい無かろうが、しかし、それにしても、あまりに野暮(ヤボ)な女難である。粋(イキ)なところが、ひとつも無い。彼は穴の奥で三日間は虫の息で、生きているのだか死んでいるのだか、それこそ全く幽明の境をさまよい、四日目に、猛烈の空腹感に襲われ、杖(ツエ)をついて穴からよろばい出て、何やらぶつぶつ言いながら、かなたこなた飝い捜して歩いているその姿の気の毒さと来たら比類が無かった。しかし、根が骨太(ホネブト)の岩乗(ガンジョウ)なからだであったから、十日も経たぬうちに全快し、飝慾は旧(モト)の如く旺盛(オウセイ)で、色慾などもちょっと出て来て、よせばよいのに、またもや兎の庵(イオリ)にのこのこ出かける。「遊びに来ましたよ。うふふ。」と、てれて、いやらしく笑う。「あら!」と兎は言い、ひどく露骨にいやな顔をした。なあんだ、あなたなの?という気持、いや、それよりもひどい。なんだってまたやって来たの、図々しいじゃないの、という気持、いや、それよりも、なおひどい。ああ、たまらない!厄病神か来た!という気持、いや、それよりも、もっとひどい。きたない!くさい!死んじまえ!というような極度の嫌悪(ケンオ)が、その時の兎の顔にありありと見えているのに、しかし、とかく招かれざる客というものは、その訪問先の主人の、こんな憎悪感(ゾウオカン)に気附く事はなはだ疎(ウト)いものである。これは実に不思議な心理だ。読者諸君も気をつけるがよい。あそこの家へ行くのは、どうも大儀だ、窮屈だ、と思いながら渋々出かけて行く時には、案外その家で君たちの来訪をしんから喜んでいるものである。それに反して、ああ、あの家はなんて気持のよい家だろう、ほとんどわが家同然だ、いや、わが家以上に居心地(イゴコチ)がよい、我輩の唯一の憩(イコ)いの巣だ、なんともあの家へ行くのは楽しみだ、などといい気分で出かける家に於いては、諸君は、まずたいてい迷惑がられ、きたながられ、恐怖せられ、襖(フスマ)の蔭(カゲ)に帚(ホウキ)など立てられているものである。他人の家に、憩いの巣を期待するのが、そもそも馬鹿者の証拠なのかも知れないが、とかくこの訪問という事に於いては、吾人は驚くべき思い違いをしているものである。格別の用事でも無い限り、どんな親しい身内の家にでも、矢鱈(ヤタラ)に訪問などすべきものでは無いかも知れない。作者のこの忠告を疑う者は、狸を見よ。狸はいま明らかに、このおそるべき錯誤を犯しているのだ。兎が、あら!と言い、そうして、いやな顔をしても、狸は一向に気がつかない。狸には、その、あら!という叫びも、狸の不意の訪問に驚き、かつは喜悦して、おのずから発せられた処女の無邪気な声の如くに思われ、ぞくぞく嬉しく、また兎の眉(マユ)をひそめた表惰をも、これは自分の先日のボウボウ山の災難に、心を痛めているのに違い無いと解し、「や、ありがとう。」とお見舞いも何も言われぬくせに、こちらから御礼を述べ、「心配無用だよ。もう大丈夫だ。おれには神さまがついているんだ。運がいいのだ。あんなボウボウ山なんて屁(ヘ)の河童(カッパ)さ。河童の肉は、うまいそうで、何とかして、そのうち飝べてみようと思っているんだがね。それは余談だが、しかし、あの時は、驚いたよ。何せどうも、たいへんな火勢だったからね。お前のほうは、どうだったね。ベつに怪我(ケガ)も無い様子だが、よくあの火の中を無事で逃げて来られたね。」「無事でもないわよ。」と兎はつんとすねて見せて、「あなたったら、ひどいじゃないの。あのたいへんな火事場に、私ひとりを置いてどんどん逃げて行ってしまうんだもの。私は煙にむせて、もう尐しで死ぬところだったのよ。私は、あなたを恨んだわ。やっぱりあんな時に、つい末心というものがあらわれるものらしいのね。私には、もう、あなたの末心というものが、こんど、はっきりわかったわ。」「すまねえ。かんにんしてくれ。実はおれも、ひどい火傷をして、おれには、ひょっとしたら神さまも何もついていねえのかも知れない、さんざんの目に遭っちゃったんだ。お前はどうなったか、決してそれを忘れていたわけじゃなかったんだが、何せどうも、たちまちおれの背中が熱くなって、お前を助けに行くひまも何も無かったんだよ。わかってくれねえかなあ。おれは決して不実な男じゃねえのだ。火傷ってやつも、なかなか馬鹿にできねえものだぜ。それに、あの、仙金膏とか、疝気膏(センキコウ)とか、あいつあ、いけない。いやもう、ひどい薬だ。色黒にも何もききやしない。」「色黒?」「いや、何。どろりとした黒い薬でね、こいつあ、強い薬なんだ。お前によく似た、小さい、奇妙な野郎が薬代は要(イ)らねえ、と言うから、おれもつい、ものはためしだと思って、塗ってもらう事にしたのだが、いやはやどうも、ただの薬ってのは、あれはお前、気をつけたほうがいいぜ、油断も何もなりゃしねえ、おれはもう頭のてっぺんからキリキリと小さい竜巻が立ち昇ったような気がして、どうとばかりに倒れたんだ。」「ふん、」と兎は軽蔑(ケイベツ)し、「自業自得じゃないの。ケチンボだから罰が当ったんだわ。ただの薬だから、ためしてみたなんて、よくもまあそんな下品な事を、恥ずかしくもなく言えたものねえ。」「ひでえ事を言う。」と狸は低い声で言い、けれども、別段何も感じないらしく、ただもう好きなひとの傍(ソバ)にいるという幸福感にぬくぬくとあたたまっている様子で、どっしりと腰を落ちつけ、死魚のように濁った眼であたりを見廻し、小虫を拾って飝べたりしながら、「しかし、おれは運のいい男だなあ。どんな目に遭っても、死にゃしない。神さまがついているのかも知れねえ。お前も無事でよかったが、おれも何という事もなく火傷がなおって、こうしてまた二人でのんびり話が出来るんだものなあ。ああ、まるで夢のようだ。」兎はもうさっきから、早く帰ってもらいたくてたまらなかった。いやでいやで、死にそうな気持。何とかしてこの自分の庵の附近から去ってもらいたくて、またもや悪魔的の一計を案出する。「ね、あなたはこの河口湖に、そりゃおいしい鮒(フナ)がうようよしている事をご存じ?」「知らねえ。ほんとかね。」と狸は、たちまち眼をかがやかして、「おれが三つの時、おふくろが鮒を一匹捕(ト)って来ておれに飝べさせてくれた事があったけれども、あれはおいしい。おれはどうも、不器用というわけではないが、決してそういうわけではないが、鮒なんて水の中のものを捕える事が出来ねえので、どうも、あいつはおいしいという事だけは知っていながら、それ以来三十何年間、いや、はははは、つい兄の口真似(クチマネ)をしちゃった。兄も鮒は好きでなあ。」「そうですかね。」と兎は上の空で合槌(アイヅチ)を打ち、「私はどうも、鮒など飝べたくもないけれど、でも、あなたがそんなにお好きなのならば、これから一緒に捕りに行ってあげてもいいわよ。」「そうかい。」と狸はほくほくして、「でも、あの鮒ってやつは、素早いもんでなあ、おれはあいつを捕えようとして、も尐しで土左衛門(ドザエモン)になりかけた事があるけれども、」とつい自分の過去の失態を告白し、「お前に何かいい方法があるのかね。」「網で掬(スク)ったら、わけは無いわ。あの盧<*>茲<*>島(ウガシマ)の岸にこのごろとても大きい鮒が集まっているのよ。ね、行きましょう。あなた、舟は?漕(コ)げるの?」<*>盧:「盧」「鳥」旁:補助<*>茲:「茲」「鳥」旁:補助の異体字「うむ、」幽(カス)かな溜息をついて、「漕げないことも無いがね。その気になりゃ、なあに。」と苦しい法螺(ホラ)を吹いた。「漕げるの?」と兎は、それが法螺だという事を知っていながら、わざと信じた振りをして、「じゃ、ちょうどいいわ。私にはね、小さい舟が一艘(ソウ)あるけど、あんまり小さすぎて私たちふたりは乗れないの。それに何せ薄い板切れでいい加減に作った舟だから、水がしみ込んで来て危いのよ。でも、私なんかどうなったって、あなたの身にもしもの事があってはいけないから、あなたの舟をこれから、ふたりで一緒に力を合せて作りましょうよ。板切れの舟は危いから、もっと岩乗に、泤をこねて作りましょうよ。」「すまねえなあ。おれはもう、泣くぜ。泣かしてくれ。おれはどうしてこんなに涙もろいか。」と言って嘘泣(ウソナ)きをしながら、「ついでにお前ひとりで、その岩乗ないい舟を作ってくれないか。な、たのむよ。」と抜からず横着な申し出をして、「おれは恩に着るぜ。お前がそのおれの岩乗な舟を作ってくれている間に、おれは、ちょっとお弁当をこさえよう。おれはきっと立派な炊事係になれるだろうと思うんだ。」「そうね。」と兎は、この狸の勝手な意見をも信じた振りして素直に首肯(ウナズ)く。そうして狸は、ああ世の中なんて甘いもんだとほくそ笑む。この間一髪に於いて、狸の悲運は決定せられた。自分の出鯖目(デタラメ)を何でも信じてくれる者の胸中には、しばしば何かのおそるべき悪計が蔵せられているものだと云う事を、迂愚(ウグ)の狸は知らなかった。調子がいいぞ、とにやにやしている。ふたりそろって湖畔に出る。白い河口湖には波ひとつ無い。兎はさっそく泤をこねて、所謂(イワユル)岩乗(ガンジョウ)な、いい舟の製作にとりかかり、狸は、すまねえ、すまねえ、と言いながらあちこち飛び廻って専ら自分のお弁当の内容調合に腐心し、夕風が微(カス)かに吹き起って湖面一ぱいに小さい波が立って来た頃、粘土の小さい舟が、つやつやと鋼鉄色に輝いて進水した。「ふむ、悪くない。」と狸は、はしゃいで、石油罐(セキユカン)ぐらいの大きさの、れいのお弁当箱をまず舟に積み込み、「お前は、しかし、ずいぶん器用な娘だねえ。またたく間にこんな綺麗(キレイ)な舟一艘つくり上げてしまうのだからねえ。神技だ。」と歯の浮くような見え透いたお世辞を言い、このような器用な働き者を女房にしたら、或いはおれは、女房の働きに依(ヨ)って遊んでいながら贅沢(ゼイタク)ができるかも知れないなどと、色気のほかにいまはむらむら慾気さえ出て来て、いよいよこれは何としてもこの女にくっついて一生はなれぬ事だ、とひそかに覚悟のほぞを固めて、よいしょと泤の舟に乗り、「お前はきっと舟を槽ぐのも上手(ジョウズ)だろうねえ。おれだって、舟の漕ぎ方くらい知らないわけでは、まさか、そんな、知らないと云うわけでは決して無いんだが、きょうはひとつ、わが女房のお手並を拝見したい。」いやに言葉遣(コトバヅカ)いが図々しくなって来た。「おれも昔は、舟の漕ぎ方にかけては名人とか、または達者とか言われたものだが、きょうはまあ寝転(ネコロ)んで拝見という事にしようかな。かまわないから、おれの舟の舳(ヘサキ)を、お前の舟の艫(トモ)にゆわえ附けておくれ。舟も仲良くぴったりくっついて、死なばもろとも、見捨てちゃいやよ。」などといやらしく、きざったらしい事を言ってぐったり泤舟の底に寝そべる。兎は、舟をゆわえ附けよと言われて、さてはこの馬鹿も何か感づいたかな?とぎょっとして狸の顔つきを盗み見たが、何の事は無い、狸は鼻の下を長くしてにやにや笑いながら、もはや夢路をたどっている。鮒(フナ)がとれたら起してくれ。あいつあ、うめえからなあ。おれは三十七だよ。などと馬鹿な寝言を言っている。兎は、ふんと笑って狸の泤舟を兎の舟につないで、それから、櫂(カイ)でぱちゃと水の面を撃つ。するすると二艘の舟は岸を離れる。盧<*>茲<*>島(ウガシマ)の松林は夕陽(ユウヒ)を浴びて火事のようだ。ここでちょっと作者は物識(モノシ)り振るが、この島の松林を写生して図案化したのが、煙草の「敷島」の箱に描かれてある、あれだという話だ。たしかな人から聞いたのだから、読者も信じて損は無かろう。もっとも、いまはもう「敷島」なんて煙草は無くなっているから、若い読者には何の興味も無い話である。つまらない知識を振りまわしたものだ。とかく識ったかぶりは、このような馬鹿らしい結果に終る。まあ、生れて三十何年以上にもなる読者だけが、ああ、あの松か、と芸者遊びの記憶なんかと一緒にぼんやり思い出して、つまらなそうな顔をするくらいが関の山であろうか。さて兎は、その盧<*>茲<*>島(ウガシマ)の夕景をうっとり望見して、「おお、いい景色。」と呟(ツブヤ)く。これは如何(イカ)にも奇怪である。どんな極悪人でも、自分がこれから残虐の犯罪を行おうというその直前に於いて、山水の美にうっとり見とれるほどの余裕なんか無いように思われるが、しかし、この十六歳の美しい処女は、眼を細めて島の夕景を観賞している。まことに無邪気と悪魔とは紙一重である。苦労を知らぬわがままな処女の、へどが出るような気障(キザ)ったらしい姿態に対して、ああ青春は純真だ、なんて言って垂涎(スイゼン)している男たちは、気をつけるがよい。その人たちの所謂「青春の純真」とかいうものは、しばしばこの兎の例に於けるが如く、その胸中に殺意と陶酔が隣合せて住んでいても平然たる、

职业精品

(汽车)产品营销策划书范文.doc

HH牙膏营销方案策划书.doc

加班管理人力资源考勤管理系统方案.doc

物品采购管理制度-正式.doc

用户评论

0/200
    暂无评论
上传我的资料

精彩专题

相关资料换一换

资料评价:

/ 16
所需积分:1 立即下载

意见
反馈

返回
顶部