下载

1下载券

加入VIP
  • 专属下载特权
  • 现金文档折扣购买
  • VIP免费专区
  • 千万文档免费下载

上传资料

关闭

关闭

关闭

封号提示

内容

首页 韩国国防杂志分析-中国航母

韩国国防杂志分析-中国航母

韩国国防杂志分析-中国航母

查理
2011-05-10 0人阅读 举报 0 0 0 暂无简介

简介:本文档为《韩国国防杂志分析-中国航母pdf》,可适用于文学艺术领域

�─  ─ China’spossessionofaircraftcarriersisnotamatterof“if”but“when”LastNovember,anofficialinChina’sMinistryofNationalDefensetouchedforthefirsttimeinapublicvenueonthepossibilityofhisnationacquiringaircraftcarriersChinahaspurchasedthreecarriersbuiltbytheformerSovietUnionandonebuiltbyAustralia,gaininganopportunitytostudytheirstructuresOneofthose,theVaryag,wassupposedtoserveasafloatingcasinoinMacao,butitisnowmooredatashipyardinDalian,whereithasbeenpaintedthesamegrayasothernavalvessels,andanangleddeckhasbeeninstalledTheVaryagdoesnothaveenginesandcannotbedeployedasChina’sfirstaircraftcarrier,butitcanbeusedforresearchtrainingpurposes* ThereisarumorthatChinawillpurchaseSukhoi��(Su��)aircraftfromRussiaTheSu��isashipbasedfightercarriedonRussia’sonlyaircraftcarrier,theAdmiralKuznetzovChinahasbeentrainingpilotsforshipbasedaircraftatnavyaviationtrainingcentersintheUkraine Thecentersareequippedwithsimulatorsfortakingofffromangleddecks,landingwitharrestingwiresandemergencyresponseoperationsInaddition,since���,ChinahasbeentrainingpilotsasaircraftcarriershipcaptainsattheGuangzhouNavalAcademyNinePLANavypilotshavecompletedthethreeyearcourse,andallarethoughttobecommandingdestroyersInafewyears,theywillbecomeidealcandidatestocaptainanaircraftcarrier Giventheforgoing,thatcarrierislikelytobea�,tonconventionalpropulsioncarrierofaformerSovietUnionmodel,whichhasbeenoittedwithanangleddeckButacarrierprogramconsistsoffarmorethanjustoneshipTohaveonecarrierinregularoperation,aminimumoftwobackups(formaintenanceandtrainingpurposes)arenecessaryItisestimatedthata�,tonclassaircraftcarrierintheBritishNavycostsabout$�billiontobuildanddeployEveniftheVaryagisusedfor ChineseAircraftCarriers ─LetThemHaveThem─TETSUOKOTANIResearchfellowattheOceanPolicyResearchFoundation�─  ─training,itwouldbenecessarytoconstructtwoships,acostof$billion Furthermore,aircraftcarrierscannotbeoperatedaloneInadditiontoshipbasedaircraft,itisnecessarytoformastrikegroupconsistingofcombatantships,submarinesandsupplyships,etcInshort,thepossession,maintenanceandoperationofanaircraftcarrierabsorbanastronomicalamountofmoneyandtime SowhybotherFirst,possessinganaircraftcarrierisproofthatChinaisamajorpower,andasignofprestigeSecond,itcouldshapethebalanceofcombatcapabilitiesintheSouthChinaSea,whereChinahasterritorialdisputeswithSoutheastAsiancountriesTocoastalcountriesthatdonotpossesspowerfulmilitaryforces,China’saircraftcarrierwouldbeamajorthreatChinahasmadeHainanIslandabaseforitsstrategicnuclearsubmarines,andanaircraftcarrierwouldbeusefulforputtingtheSouthChinaSea“offlimits” Furthermore,protectionofsealanesfromtheSouthChinaSeathroughtheStraitofMalaccaanduptotheIndianOcean,andinparticular,curbingaseablockadeagainstChina,whichcouldbeenvisionedatthetimeofaTaiwancontingency,wouldbepossibleAndfinally,anaircraftcarriercouldbeusedforrescueoperationsduringlargescaledisasters ShouldweworryNotyetFirst,developmentanddeploymentofcarriersandalltheirparaphernaliawilltakedecadesSecond,thesubstantialpricetagisnottheonlycostofsuchaprojectOthercountriesintheregionarelikelytobecomewaryofChineseintentionsasitdevelopspowerprojectioncapabilities And,third,aChinesecarrierstrikegroupwouldbenomatchforaUScarrierstrikegroup,whichissaidtohavestrikingpoweronparwithamiddlepowernationandadefensiveperimeterupto�kilometersTheUnitedStatesistheonlycountrywiththecapacitytooperatetopofthelinecarrierbasedaircraftanditcandeployasmanyassuchstrikegroupsaroundtheworld AlthoughthemilitarybalanceintheTaiwanStraitalreadyoverwhelminglyfavorsChina,whichhasdeployedmorethan,missilesinthecoastalareas,theintroductionofChineseaircraftcarrierswouldnotsignificantlyaffectthemilitarybalanceInfact,aChineseaircraftcarrierattackingeasternTaiwanfromtheseawouldbeatargetforUSforcesCarriersarevulnerabletoprecisionguidedmissiles,submarinesandminesInordertoruleoutinterventionbyaUScarrierattackgroupinaTaiwancontingency,China’scurrentaccessdenialstrategymakesmoresenseInfact,Chinawouldneedtogiveupsomesubmarinesandantishipmissiledevelopmentprogramstobuildacarrierstrikegroup ChinahaseveryrighttopossessaircraftcarriersThedaywhenChinapossessescarriersmaynotbefaroffAlthoughtheinternationalcommunityshouldn’toverreact,itisnecessarytowatchdevelopmentsandrespondAsJapandebatesrevisionofitsNationalDefenseProgramGuidelines,thereshouldbeanassessmentoftheimplicationsofChineseaircraftcarriersonregionalsecurityInresponse,Japanshould:・maintainandstrengthenthealliancewiththeUSSteadyimplementationoftherealignmentofUS�─  ─forcesinJapan,particularlyinvolvingthetransferofthecarrierairwingfromAtsugitoIwakuniandsecuringapermanenttrainingfacilityforfieldcarrierlandingpracticewithin�milesofIwakuni,aremostimportantThatisbecausethecarrierstrikegroupbasedatYokosukaisthekeystoneofUSforcesinthePacific,andthecarrierairwingprovidesits“strikingpower”・developappropriatecountermeasuresChina’spossessionofcarriersdoesnotmeanJapanhastorespondinkindMoreappropriatecountermeasuresincludereinforcementoftheJapanMaritimeSelfDefenseForce(JMSDF)submarinefleetandreinforcementofairbasesalongtheRyukyuandBonin(Ogasawara)islandsThereinforcementofsubmarines,thenaturalenemyofanaircraftcarrier,providesaneffectivedeterrentAfeasiblestudyofnuclearpoweredattacksubmarines(SSNs)mightbenecessaryaswellsincetheJMSDFsubmarinefleetwouldberequiredtoundertakebluewateroperationsFurthermore,sinceaChineseaircraftcarrierwilllikelycarrytheSu��,itisalsonecessarytocometoadecisionpromptlyonthenextgenerationmainfighteraircraftoftheJapanAirSelfDefenseForce(JASDF)Onthispoint,JapanshouldrequestapromptresponsefromtheUnitedStatesonsalesoftheF��・tocounterChina’saccessdenialstrategy,itisnecessarytoreinforceintelligence,surveillance,andreconnaissance(ISR)andantisubmarinewarfare(ASW)capabilitiesAlso,inadditiontothesteadyintroductionofnextgenerationpatrolaircraft,JapanshouldstrengthencooperationwithfriendlycountriesintheregionForexample,SouthKoreaisintheprocessofbuildingupitsASWcapabilities,soTokyoshouldconsiderrevisingthethreeprinciplesofweaponsexports,providingSouthKoreawithP�Caircraft,andassistinginimprovingtheirsupportfacilitiesGiventhevastnessoftheseaareatobecovered,introductionofunmannedaerialvehicles(UAVs)andunmannedunderwatervehicles(UUVs)shouldbeencouragedaswell ThePLANavyjustcelebratedits�thanniversaryToday,ChinaisstandingatthecrossroadsbetweencontinentalpowerandmaritimepowerChinaisbuildingupitsmilitarycapabilitiesasothernavalpowersconductmorebrownwatermissionswithfewershipstokeepvitalsealanesopen,butweshouldnotbefrightenedbyChina’sprogress JapanlearnedlessonsfromthePacificWarandhasbehavedasaresponsiblemaritimepowereversinceThepossessionofaircraftcarrierswouldprovideagoodopportunityforChinesesecurityplannerstochoosetherightpathFailuretodosowillinvitetoughcountermeasuresfromothermaritimepowersWeshouldnotbefrightenedbyChina’sprogressinthearea*Constructionaoftheengine,electricalsystem,andothermajorcomponentsoftheVaryagwascompletedandthecarriersailedfivekilometerswithintheportofDalianunderitsownpoweronApril��,��Itislikelythatthevesselwillbereadyfordutyoncetelecommunicationsandotherequipmentareinstalled��─  ─中国の空母保有計画 昨年月、中国国防部幹部が空母保有の可能性について初めて公の場で言及した。中国はこれまで旧ソ連製空母�隻とオーストラリア製空母隻を購入し、計�隻の空母の構造を研究する機会を得ている。そのうちの隻「ワリヤーグ」はマカオで洋上カジノとして使用されるはずであったが、現在は大連の造船所に係留され、他の海軍艦船と同じ灰色の塗装とスキージャンプ式飛行甲板の取り付けが完了している。「ワリヤーグ」はエンジンを搭載しておらず、すぐには中国初の空母として運用できないが、少なくとも研究・訓練用として使用することは可能である。* 艦載機についても、ロシアからスホイ��(Su��)を購入するとの噂がある。Su��は現在ロシアが保有する唯一の空母「アドミラル・クズネツォフ」に搭載されている艦上戦闘機である。中国はウクライナ海軍航空隊訓練センターで艦載機パイロットの訓練を行ってきた。このセンターは、スキージャンプからの発艦とアレスティング・ワイヤーによる着艦及び緊急対応の訓練をするシミュレーターを備えている。また、中国は、���年から広州海軍アカデミーでパイロットを空母の艦長要員として養成してきた。既に�人の海軍パイロットがこの�年課程を修了し、現在は全員が駆逐艦の艦長になっているという。彼らは数年後には理想的な空母の艦長候補となるであろう。 中国の空母保有は“if”ではなく、“when”の問題である。保有する空母については�万トンないし�万トン、さらには原子力推進になるとの噂もあるが、以上の経緯から考えると、旧ソ連型の�万トン級通常推進型空母でスキージャンプ式飛行甲板を備えたものとなる可能性が高い。空母保有の費用対効果 さてその費用だが、英海軍の�万トン級の空母で、建造と初期費用に�億米ドルはかかると見込まれている。隻の空母を常時運用するためには最低でも�隻のバックアップ(整備と訓練用)が必要である。「ワリヤーグ」を訓練用に使用しても�隻の建造が必要で、世界的金融危機の出口が見えない中、単純計算で億ドルかかることになる。また空母は単艦では運用できず、艦載機に加えて戦闘艦、潜水艦、補給艦などと打撃群を構成する必要があり、これらを実際に運用するには年単位の年数がかかる。空母の保有・維持・運用には天文学的な費用と時間がかかる上に、政治的には周辺諸国に警戒感を抱かせるであろう。 ではその効果はどうか。まず、中国が空母打撃群を保有しても、個で中級国家並の打撃力を持ち、防衛圏は半径�キロに及ぶといわれる米海軍空母打撃群に並ぶだけの戦力にはなり得ない。最新鋭の空母艦載機を運用する技術と個もの空母打撃群を世界規模で展開し得る経済力を持っているのは米国だけである。その上で、台湾海峡の軍事バランスは、沿岸部に千基を超えるミサイルを配備している中国側にすでに圧倒的に有利だが、中国が空母を保有してもこのバランスに大きな変化はない。洋上から台湾東部を攻撃する中国の空母は、極東に展開する米軍の格好の標的となるだけだからである。 以上のように、中国が空母を保有しても、純軍事的にみれば全体的な費用対効果は低い。台湾有事を想定するなら、現在のアクセス(接近)拒否戦略を進める方が合理的である。そのため、近年中国は精密誘導兵器や潜水艦に対する空母の脆弱性に着目し、想定される台湾有事への米空母打撃群の介入を排除するため、潜水艦及び対艦ミサイ中国が空母を保有する日海洋政策研究財団研究員小谷哲男��─  ─ル戦力の増強に取り組んできたのである。 もちろん他に効果がないわけではない。まず、空母保有は大国の証となる。空母は、核・ミサイル・有人衛星に並ぶ中国共産党の威信の象徴となろう。次に、中国が東南アジア各国との領土紛争を抱える南シナ海での戦力バランスに影響を与えよう。強力な軍事力を持たない沿岸諸国にとっては、中国の空母は大きな脅威となる。中国は海南島を戦略原潜の基地としており、空母は南シナ海を「聖域化」する上でも有用であろう。また、南シナ海からマラッカ海峡を抜けてインド洋に至るシーレーンの保護、特に台湾有事の際に想定される中国に対する海上封鎖の牽制が可能となる。最後に、空母は大規模災害時の救援活動にも使用できる。中国が空母を保有する日 中国が空母を保有するとすれば、それは従来の台湾海峡を中心とした近海海軍思想から外洋海軍のそれへの転換を意味する。では、日本は来るべき中国の空母保有にどのように備えるべきか。 まずは、日米同盟の維持・強化である。米軍再編の着実な実施、特に横須賀に配備されている米空母打撃群艦載機部隊の厚木から岩国への移駐の着実な実施と、恒久的離発着訓練施設の確保が最重要である。同打撃群は米太平洋軍の要であり、同艦載機部隊こそその<打撃力>だからである。 次に、中国の空母保有に備えて、海上自衛隊の潜水艦戦力を増強する必要がある。空母の天敵である潜水艦部隊の増強は、有効な抑止力となろう。また、中国の空母がSu��を搭載することが予想されることから、航空自衛隊の次期主力戦闘機についても、早急に決断を下す必要がある。この点、F��導入の可否について、米国に早急な回答を求めるべきである。 同時に、中国のアクセス拒否戦略に対抗するため、対潜水艦能力を強化する必要がある。海上自衛隊の潜水艦部隊の増強はこの点でも意味がある。また、次期哨戒機の着実な導入を進めるとともに、地域の友好国との連携も強化するべきである。たとえば、韓国は対潜哨戒能力を増強中であるが、たとえば、武器輸出三原則を見直して韓国へのP�Cの提供と支援施設整備への協力を考えてはどうか。 中国が空母を保有する日はそう遠くないかもしれない。国際社会はそれに過剰に反応する必要はないが、その動きを注視する必要がある。現在行われている防衛計画の大綱の見直しでは、中国が空母を保有する日を念頭に置いた議論を期待したい。*「ワリヤーグ」のエンジンや電気系統などの主要部分が完成し、��年�月��日に大連港内で5キロを自立航行したと報道された。今後、通信機器などを整備した後に就役すると考えられる。執筆者略歴���年、兵庫県生まれ。同志社大学法学研究科博士課程退学。米国バンダービルト大学日米研究協力センター客員研究員。�年�月から現職。RIPS安全保障研究奨学プログラム第�期生。

用户评价(0)

关闭

新课改视野下建构高中语文教学实验成果报告(32KB)

抱歉,积分不足下载失败,请稍后再试!

提示

试读已结束,如需要继续阅读或者下载,敬请购买!

评分:

/5

VIP

在线
客服

免费
邮箱

爱问共享资料服务号

扫描关注领取更多福利